ブログ
- ストレートネックについて -
7月 6, 2018 4:39 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
寝違えと便秘の治療で口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。
北区だけでなく東区、名東区、豊田市
からも多くの患者さんが
おみえになられてます。

 

 

 

日本人のほとんどが

ストレートネックに!?

 

 

 

最近では、

ストレートネックという言葉を

よく耳にするようになってきました。

 

 

現代ではPCやスマホは

生活の一部となり、

日常生活の中でかかせないもの

となっています。

 

 

その為、長時間のぞき込むような

姿勢をとることが増え、

ストレートネックになる人が

急増中であると言われています。

 

 

あるデータでは、日本人の9割が

ストレートネックだと言われ、

自分では気づいていない

隠れストレートネックの人も多いとか・・・。

 

 

もしかして肩こりや頭痛に

悩んでいませんか?

 

 

そんな人は

ストレートネックの可能性が

あるかもしれません。

 

 

 

ストレートネックって?

 

 

通常緩やかにカーブしているはずの

首の骨である頸椎が、

真っすぐになってしまっている状態

のことを言います。

 

 

一般的に人間の頭の重さは、

体重の10%と言われており、

体重が50㎏の人であれば

頭の重さが約5㎏もある

という事となります。

 

 

頸椎が湾曲している事で、

その5㎏の頭の重さを

分散して支える事が出来ますが、

ストレートネックになってしまっていると

ダイレクトに首まわりの筋肉に

負担がかかってしまう事になり、

首から肩の血行が妨げられてしまいます。

 

 

そうすると、

首や肩の痛みやコリだけではなく、

頭痛・吐き気・めまい・耳鳴り

手のしびれ・握力の低下などの

様々な症状が引き起こされてしまいます。

 

 

ストレートネックは

男性よりも女性や子どもに多くみられ、

関節が男性に比べて柔らかいため、

骨格に悪い癖がつきやすいからだと

言われています。

 

 

 

 

原因はなに?

 

 

 

近年では、

スマートフォンの操作姿勢に

ストレートネックになりうる原因が

あると考えられています。

 

 

スマホを操作する際、

スマホを持つ手は

体の前方下方向にある為、

それを見る為に自然と頭部は

肩口よりも前に突き出た

前かがみの姿勢になります。

 

 

長時間その姿勢を続けていると

首や肩の筋肉が

ガチガチに緊張してしまい、

頸椎が引っ張られた状態に

なってしまいます。

 

 

そうすると

頸椎のカーブが失われていってしまい、

ストレートネックへと繋がります。

 

 

また、バレエなどで

強制的に姿勢を保っている人や、

スポーツなどで

首に衝撃を受ける事が多い人も

ストレートネックになりやすい

と言われています。

 

 

 

セルフチェック

 

 

 

壁を背にして

「気を付け」の姿勢をとります。

 

 

そのときに、

後頭部・肩甲骨・おしり・かかとの

4か所が特に意識しなくても

壁についた場合は

頸椎は正常な状態なので

ストレートネックの疑いはない

と言えます。

 

 

もし、後頭部が壁につかなかったり、

意識的に首を後ろに倒さないと

つかない場合は

ストレートネックの可能性が

高いと言えます。

 

 

 

予防方法

 

 

こまめなエクササイズで、

首周りの滞りを解放するのが

効果的です。

 

 

 

・側屈編

 

 

首を横に寝かせる側屈の動きは、

首の前側と後ろ側の筋肉を

同時に動かすことが出来るので

効果が期待できます。

 

 

頭の重みを利用して、

ゆっくりと呼吸を止めないように

右へ左へと傾けていきます。

 

 

目線は正面を向き、

顎を引きながら行う事が大切です。

 

 

 

・回旋編

 

 

首の骨をひねる事で

首の巡りをアップさせます。

 

 

目線を水平にしたまま、

首だけ横向きに動かします。

 

 

その時に肩から下の胴体は

正面を向いたまま、

鼻先を自分の真横に

持っていこうと動かします。

 

 

自分の中心軸を動かさないように、

首をかしげないように

注意して行いましょう。

 

 

 

改善方法

 

 

・首置き枕を首の下に当てる

 

 

ご家庭にあるバスタオルを半分に折り、

くるくる巻いた状態で

バスタオルの両端をヘアゴムで止め、

首置き枕を作ります。

 

 

この枕を首の下に当てて寝ると、

本来の首の曲線を

取り戻すことが出来ます。

 

 

首の曲線が出来ると、

背骨が正しいS字カーブへと

自然に矯正されていき

改善されると言われています。

 

 

 

・仰向けで寝る

 

 

正しい姿勢は、壁に背中を付けて

まっすぐ立ったときに、

後頭部・背中・お尻が

壁についている状態ですが、

その形を寝ながらとれるのが

仰向けの姿勢です。

 

 

骨格がゆがんでいる人は、

仰向けに寝ると腰が浮いてしまうので

寝心地が悪く、

横向きやうつ伏せで寝てしまう事が

多くなります。

 

 

正しい姿勢を

寝ている間に体に覚えこませることで、

起きている時も自然にその姿勢が

保てるようになってきます。

 

 

 

・簡単ストレッチ

「いないいないばあ体操」

 

 

①両足を軽く開いて立ち、

両腕を耳の横で真っすぐ上に伸ばす。

手のひらは前に向ける。

 

 

②ひじを90度になるように曲げながら、

両腕をゆっくり引き下げる。

 

 

③同時に、肩甲骨をくっつけるように

ひじを出来るだけ背中側に寄せて、

胸を開く。

ひじを90度に曲げたまま、

体の前の両腕を引き寄せ、

ひじ・手のひらを合わせ5秒キープする。

 

 

④両腕を大きく開き、

できるだけ後ろにもっていき

その姿勢でストップし5秒キープする。

 

 

この体操を4回程繰り返す事で、

体全体の血行が良くなります。

 

 

 

・あご押し体操

 

 

あごの先端に指を当て、

頭と首を後ろの方向へ

押したり戻したりを繰り返します。

 

 

ポイントは肩の位置を動かさず、

頭と首を水平にスライドさせるように

押し込むことと、

強めにぐっと押し込むことです。

 

 

うまく出来ないと感じる場合は、

背中を壁につけて行うと

コツがつかみやすいでしょう。

 

th85U9IRSY

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる

美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

症状について、気になる方は

コチラの詳細をご覧下さい。

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket