ブログ
- 首の老化ってなに? -
8月 28, 2018 2:04 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分

慢性疲労と捻挫の治療で口コミの多い

やすだ鍼灸接骨院です。

 

 

 

 

身体のあちこちに現れる不調!

つくづく、年は取りたくないですよね

 

 

気持ちは若いときのままでも、

身体にはあちこち不調を感じることもあって、

いつまでも若いときと同じようにはいきませんよね。

 

あなたは、身体のどこに痛みや違和感がありますか?

高齢者の多くが悩まされる腰痛やひざ痛でしょうか。

 

また、老化を感じるところは?

と言うアンケートに対しては、白髪やシワ、体型と言った

見た目に関する悩みが上位に入りました。

 

とくに、ずっと若いときの美しさを保ちたい女性にとっては、

外見の変化も見逃せない要素ですよね。

 

 

 

首にも老化現象は起こります

 

 

なるべくなら年は取りたくない、年齢より若く見られたい。

 

女性なら、当然の願いですよね。

最近では、老化防止を意味するアンチエイジングが

広く浸透するようになりました。

 

そのくらい、老化には敏感になってしまうもの。

老化と言うと、ぱっと思いつくのはシワやしみ、顔のたるみなどでしょう。

 

しかし、あまりイメージにありませんが、

実は首にも老化現象が起こります。

 

一説には、老化は首から始まると言われることもあるくらい、

老化にとって首は重要な割合を占めているのです。

 

人は外見から年齢を判断するとき、

無意識のうちに首を見ることがあります。

 

それは、顔のシワやしみは化粧である程度

ごまかすことができるからです。

 

一方、首にできるシワは

大きくハッキリとしているため目立ちやすく、

またたるみやイボなども化粧で

隠すこともできないので困ってしまいますよね。

 

 

 

首に老化現象が起こる理由

 

 

それでは、首に老化現象が起きてしまう

原因について見ていきましょう。

 

 

○姿勢が悪い

 

姿勢の悪さも、首の老化と大いに関係があります。

一日中デスクに向かって仕事をしていたり、

スマホを見続けていると、前傾姿勢のまま

長い時間を過ごすことになります。

 

自然と、シワができた状態をキープしていることになるので、

形状記憶のようにシワが深く刻み込まれていきます。

 

また、枕が高すぎるのも同様で、シワができてしまう原因となります。

 

 

 

○紫外線

 

紫外線がお肌にとって天敵である

と言うのは良く知られていますよね。

 

紫外線には、A波とB波の2種類があります。

これら2つの紫外線には、それぞれ特徴があります。

 

A波の紫外線量は、年中を通してあまり変化がありません。

波長が長いため、雲や窓ガラスを通過して

お肌の奥深くまで届く性質があります。

 

そのため、お肌の生成に必要不可欠な

コラーゲンやエラスチンを破壊して、

お肌のハリが失われてしまいます。

 

B波は、年間を通して見ると、その紫外線量には差があり、

春から秋までがとくに注意が必要です。

私たちがイメージする、ギラギラ降り注ぐ紫外線はこのB波です。

 

B波は、波長が短いため皮膚の真皮層まで

届くことはありませんが、コラーゲンにダメージを

与えるコラグナーゼと言う酵素の働きを活発にするため、

結果としてシワができる原因となります。

 

また、B波は皮膚の表皮層にあるメラノサイトと言う

細胞を刺激してメラニン色素を作るので、

日焼けやしみ、くすみのもととなります。

 

 

 

○加齢によるもの

 

首を支えているのは、あごの下から縦に伸びる

広頚筋(こうけいきん)と言う筋肉ですが、

年齢を重ねるにつれて、だんだんと衰えていきます。

 

硬くこり固まった筋肉は、皮膚がつねに縮んだ状態となるため、

太い横ジワができてしまいます。

 

 

 

○皮膚が薄い

 

身体のほかの部位と比べて、

首の皮膚はとても薄いのが特徴です。

 

とくに、表皮層の下にある真皮層が薄く、

その真皮層は筋肉と接着していないため、

筋肉が衰えてしまうとたるみやシワにつながります。

 

 

 

 

首の老化を防ぐためにできること

 

 

首に限らず、老化を完全に止めることは

残念ながらできません。

 

しかし、老化のスピードを遅らせることはできます。

 

 

 

○マッサージ

 

筋肉をほぐして血液循環を良くすると、

老廃物が排出されるので、筋肉が弾力性を持ち

シワやたるみを防ぐことができます。

 

ホットタオルで肩を温めるやり方のほか、

湯船にしっかり浸かった後に行なうのも効果的です。

 

はじめに、肩を前後に回してストレッチします。

耳の下から鎖骨まで、老廃物を流すイメージで撫でていきます。

右側は左手、左側は右手でマッサージしましょう。

鎖骨から腋の下まで流していきます。

 

 

 

○保湿

 

お風呂上り、顔はしっかり保湿しますよね。

 

首も同じように乾燥しているので、

首の保湿ケアも念入りにしましょう。

とは言っても、首専用のクリームを用意する必要はありません。

 

ふだん顔に使用しているのと同じ化粧品で十分なので、

顔の保湿を行なうときに首も忘れずに行ないましょう。

 

 

 

○枕を見直す

 

使用している枕は、自分のサイズにきちんと合っていますか?

 

高すぎる枕を使っていると、首が曲がってしまうため

横ジワの原因となります。

 

また、低すぎる枕だと皮膚がつねに

引っ張られた状態となるので、

たるみを生み出してしまいます。

 

立っているときのように、首がまっすぐになるのが

目安の高さです。自分ではよく分からないと言う

場合は、専門店に行って測ってもらうのも良いですね。

 

首の老化は、シワなど外見の問題ばかりでなく、

自律神経が乱れてしまったり肩こりにつながりかねません。

きちんとケアして、元気な毎日を送りたいですね。

 

 

 

selfmassage

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

首の症状について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket