ブログ
- 四十肩・五十肩について -
9月 18, 2018 5:26 pm

地下鉄上飯田駅から徒歩3分
五十肩とぎっくり腰の治療で
口コミの多い
やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく、

南区、名東区、尾張旭市からも

多くの患者さんが

おみえになられてます。

 

 

突然の発症に

驚かない為にも

知っておこう!!

 

 

 

四十肩・五十肩という

言葉を知っている人は

少なくはないでしょう。

 

誰にでもおこりえるもので、

経験した事のあるという人も

多いのではないでしょうか。

 

症状も人それぞれ違うと

言われていますが、

その期間も様々です。

 

突然の発症にも

対処できるように、

四十肩・五十肩について

知っておくと安心です。

 

 

四十肩・五十肩とは

 

肩関節周辺の組織に

変性が起こり、それによって

炎症が生じ痛みが起こる

「肩関節周囲炎」のこと

を四十肩・五十肩

と呼んでいます。

 

一般的に40代後半に

発症する事が多く、

突然痛みが発生する

急性期と肩の動きが

制限される慢性期と

あるとされています。

 

半年から1年半ほどで

自然に痛みが軽くなり、

肩が動かせるように

なってくる人が多いです。

 

 

 

症状

 

一般的に多いと

されている症状が、

ある日突然腕を動かした際に

肩に鋭い痛みが

発生するケースです。

 

この症状が四十肩・五十肩の

典型的な発症パターン

と言われており、

そのほとんどが片側の

肩のみに症状があらわれます。

 

その後、肩を動かす際に

痛みが二の腕や手先まで

伝わるようになってきます。

 

しびれをともなう事もあり、

眠れないほどの痛みに

襲われる人も少なくない

と言われています。

 

これは肩関節の炎症に

よるもので、ほとんどの場合が

急激な痛みは数日で治まります。

 

その語、急性期の痛みが

治まると共に肩を動かせる

範囲が制限される

慢性期へと突入していきます。

 

慢性期に入ると、

鋭い痛みから鈍い痛みへと

変化していき肩を動かせる

範囲がだんだんと狭く

なっていくケースがあります。

 

特に肩を上げたり後ろに

回す動きが難しくなり、

日常生活でも不便に

感じる事が多くなる人も

多いでしょう。

 

この症状を拘縮(こうしゅく)

と言い、痛むからと

肩の筋肉を動かさずに

いると組織の癒着が

起こりさらに動かなく

なってしまい、

治療が長引いてしまう

事もあるので注意が必要です。

 

 

 

対処法

 

四十肩・五十肩は夜から

朝にかけて発症する人が多く、

肩の痛みと共に起床した

という人も少なくありません。

 

また、無理に肩や腕を

あげようとすると悪化する

場合があるので、

疑わしいと思ったら無理に

動かさず、日常生活の中でも

注意が必要です。

 

 

 

・突然激しい痛みに襲われた場合

 

痛む方を安静に保ち、

無理に動かしたり重い荷物を

持つ事は避けましょう。

 

無理に動かしてしまうと

逆効果となってしまうので、

まずは安静第一です。

 

患部が熱をもっているようなら、

氷水などで冷やして炎症を

抑えるのも効果的です。

 

単なる四十肩・五十肩だと思い、

数日で治ると思っていたら

別の病気からくる症状だった

というケースもあるので、

気になる症状がある場合は軽視せず、

専門機関を受診すると良いでしょう。

 

 

 

・痛みが落ち着いてきたら

 

発症から数日~数週間が

経過すると痛みがひいてくる

ケースが多いです。

 

痛みが引いてきた場合は、

日常の動作を積極的に

行うように心がけましょう。

 

肩関節が冷えると痛みが

強くなる場合があるので、

日常生活の中でもぬるめの

お湯に浸かって温まったり、

使い捨てカイロや温湿布などを

使用し肩を冷やさないように

気を付けましょう。

 

適度な範囲で血行を

良くするストレッチなどを

取り入れ、無理のない

程度の運動を継続していくと

効果的です。

 

 

 

・寝る時の姿勢を工夫する

 

寝る時は最も楽に寝られる

姿勢をとるのが良いとされています。

 

枕は首の骨が自然なカーブを

保てる高さにし、バスタオルや

毛布で肩が冷えるのを避けましょう。

 

肩が冷えてしまうと痛みが

起こる場合があるので、

布団から肩が出ないように

気を付ける必要があります。

 

心配な場合はサポーターを

使用するなどの工夫をすると

良いでしょう。

 

 

 

・服選び

 

そでや腕周りがゆったりと

した衣服を選ぶと良いでしょう。

 

急性期ではかぶるタイプの

シャツ後ろにファスナーが

あるデザインのものは避け、

体の前面で開くタイプのものが

着脱しやすくておススメです。

 

 

 

予防法

 

 

 

・同じ姿勢を長時間続けない

 

「筋肉が固くなる」といった

筋肉の変化は炎症の原因に

なると言われています。

 

その為、同じ姿勢を続けると

筋肉が固まって動かしづらく

なるので小休憩をはさみ

筋肉を動かすようにしましょう。

 

特にデスクワークや家事など、

同じ姿勢でいる事の多い

場合は注意しましょう。

 

 

 

・姿勢が崩れないように注意する

 

姿勢の変化は炎症の要因に

なると言われおり、

ハイヒールや肩掛けバックなどに

よって姿勢が崩れてしまうと

四十肩・五十肩を引き起こす

事に繋がってしまいます。

 

普段から身体の一部に

負荷がかかり過ぎないように

注意しましょう。

 

 

 

・適度なストレッチ

 

筋肉を使わないと筋肉は

固くなってしまい動きも

悪くなってしまいます。

 

普段から肩のストレッチを

行う事で、筋肉がほぐれ

血行もよくなるので

四十肩・五十肩の予防に効果的です。

 

 

 

・肩を冷やさない

 

体の冷えは血液の循環を悪くし、

炎症の原因となります。

 

夏場でもクーラーなどによって

思っている以上に体が

冷えやすいので、薄着は避け

クーラーが直接当たらないように

気を付けましょう。

 

 

 

 

1

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接

アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

症状について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

 

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket