ブログ
- 体の疲れをとる方法 -
10月 29, 2018 10:47 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分

低体温症と便秘の治療で

口コミの多い

やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく、

守山区、千種区、北名古屋市からも

多くの患者さんが

おみえになられてます。

 

 

その日の疲労は

その日にリセット!

 

 

 

日常生活の中で、体が

疲れていると感じている

人も多いですよね。

 

週末しっかりと休んだ

はずなのに体が重く感じるなど、

なかなか疲れがとれないと

感じている人も多いのでは

ないでしょうか。

 

疲労がどんどん蓄積

されていくと、体の不調や

睡眠不足に繋がり毎日の

生活に悪影響を

及ぼしてしまいます。

 

ある調査では仕事や育児などで、

日本人の3分の1が慢性的な

疲労を感じているデータもあり、

疲労で悩まされている人は

多い世の中です。

 

少しでも疲労が解消されるよう、

疲労回復について

お話ししたいと思います。

 

 

 

疲労回復に良い食材

 

 

疲労回復というと、

ボリュームがあって

スタミナがつきそうな

料理を思い浮かべますが、

必ずしも疲労回復に

つながるとは限りません。

 

疲労回復効果のある

食材を取って、体の疲れを

癒やしましょう。

 

・にんにく

アリシリンと呼ばれる栄養素が

含まれているので食欲を

旺盛にし、消化も助けてくれる

ため、疲労回復におすすめの食材です。

 

刻む、つぶす、加熱する

などの調理法を用いると、

疲労回復効果がより持続します。

 

 

・豚肉

多くのビタミンB1が

含まれており、糖質などを

エネルギーに変換する

働きがあります。

 

筋肉や神経の疲れを

和らげる働きがあるので

疲労回復に効果的です。

 

 

・卵

卵は完全食と呼ばれる程

栄養素が豊富な食べ物で、

たんぱく質も多く含んでおり

疲労回復に必須のアミノ酸も

多く含んでいるのでしっかり

摂取すると良いでしょう。

 

 

・鳥胸肉

疲労回復が高いと言われる

イミダペプチドという

栄養素を特に豊富に含む

食材なので効果が期待出来ます。

 

安価で取り入れやすい

食材なのでおススメです。

 

 

・玉ねぎ

玉ねぎには神経を休めてくれる

硫化アリルという成分が

含まれており、疲れを

感じている時には特に

積極的に摂取した方が

良いとされるおススメの食材です。

 

 

・緑黄色野菜

緑黄色野菜にはβカロテンや

ビタミンC、ビタミンEが

含まれており、慢性的な疲労や、

精神的な疲労に効果的です。

 

活性酸素を除去する

効果があり、野菜が苦手な方は

柑橘系の果物や、お酢、

梅干しでも同様の効果が

期待できます。

 

 

 

疲れをとる方法

 

 

・日中の短時間昼寝

日中15分ほど昼寝することで

疲労が回復しやすくなると

言われています。

 

昼寝は1日を1.5日に

増やすとも言われる程、

疲労回復に効果があると

言われているので、

可能であれば取り入れて

いきたい対策です。

 

 

・ウォーキング

15分ほどの軽いウォーキングを

することで、脳内のセロトニン

というホルモンが増加すると

言われています。

 

セロトニンは緊張をゆるませる

作用があるので、疲労回復に

必要不可欠なホルモンです。

 

日常生活の中で、電車を

1駅前で降りて歩くなど、

少しずつ取り入れる事で

効果が期待出来ます。

 

 

・ストレッチ

日常生活の中での少しの

ストレッチで、緊張した

筋肉をほぐすことが可能です。

 

体の中に溜まっている疲労物質を

流すことが出来るという即効性も

あるためストレッチは

疲労回復におすすめです。

 

痛みを感じるほどの

ストレッチは逆に体を

傷めてしまう可能性が

あるので、気持ち良いと

思える程度の力で

ストレッチを行うと

良いでしょう。

 

 

・お風呂

疲れているから、とシャワーで

済ませてしまっていませんか?

 

疲れているときこそ湯船に

しっかりと浸かることが大切です。

41~42℃の熱めのお風呂は

体を起こす効果が、38~40℃の

ぬるめのお風呂はリラックス効果が

あるため、朝風呂と寝る前の

お風呂で温度を分けると

いいでしょう。

 

 

・ストレス発散

自分の好きなことをすることで、

内に溜め込んだストレスを

発散することが出来ます。

 

ストレスを溜めることは

体の疲れを取れにくくする

だけでなく、気分が落ち込む

など、活発さを失わせる

原因にもなります。

 

体が疲れている場合は家で

読書やゲームなどの趣味に

没頭し、心をストレスの原因と

なる事柄から離すことで

疲労回復効果が期待できます。

 

また、好みの香りのアロマを

部屋に置くことでリラックス効果が

生まれます。

 

 

・瞑想

精神的に疲れている場合は

瞑想で精神統一を図ることにより、

心のバランスを整えることができます。

 

瞑想のやり方は様々ですが、

基本的なやり方は以下のとおりです。

 

①あぐら、または正座(椅子でも可)

で座り、姿勢を真っ直ぐにして胸を開く。

 

②眉間から顔、両肩、腕、

と上から順番に力を抜いていき、

上半身を脱力させる。

 

③鼻呼吸でゆっくりと息をし、

呼吸を整える。

 

④意識を雑念から「今この瞬間の呼吸」

に向け、集中していく。

瞑想は基本的に1分間から行います。

寝る前などに取り入れて

みてもいいですね。

 

 

・専門機関を受診

なかなか疲れがとれない日々が

続くという場合は、

慢性疲労症候群という病気に

なっている可能性もあります。

 

専門機関を受診すると

良いでしょう。

 

定期的に通う事で疲労回復し、

体が軽くなったという人も

多くみられます。

 

 

 

 

gg

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

 

症状について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket