ブログ
- ご存知ですか?ギックリ首! -
11月 8, 2018 9:26 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分

不眠と偏頭痛の治療で

口コミの多い

やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく、

西区、東区、みよし市からも

多くの患者さんが

おみえになられてます。

 

 

 

 

ギックリ首って

何ですか?

 

 

 

突然の激痛!

あまりの痛みに首が

動かせない…

そんな経験、ありませんか?

 

さっきまで普通に

動かせていたのに…

ふと振り返った瞬間に、

くしゃみをしたら、

顔を上げたら!!!

 

痛みで首は固まり、

そのまま動かせなく

なってしまいます。

 

まさに、症状はギックリ腰と同じ。

 

「寝違え」の症状とは

明らかに違います。

 

「寝違え」は不自然な姿勢で

寝た結果、首や肩・背中に

痛みが出ます。

 

体ごとでないと首が左右に

向けられない、首の可動範囲が

痛みで限定される、

といった症状ですが、

「ギックリ首」は急に激痛が

走り首を動かせなくなります。

 

この症状は「ギックリ首」と呼ばれ、

その痛みに悩む人が年々増えています。

 

「ギックリ首」の病名は、

・「頸椎捻挫(けいついねんざ)」

・「急性頸椎症(けいついしょう)」

・「頸椎椎間板ヘルニア」

と、医師によって診断が

分かれることがあります。

 

これは、「ギックリ首」が

最近になって増えてきた

新しい症状で、医師によって

解釈がバラバラで病名として

統一されていないからです。

 

 

 

ギックリ首の原因

 

 

ギックリ首は主に、

首まわりの筋肉の緊張状態が

続いている時、姿勢の悪さ

などから首の筋肉が

硬直している時に、

ちょっとした動きが加わり

「ギックリ首」となります。

 

首は5~6kg

(ボウリングのボールと

同じくらいの重量)

もある頭を支えているため、

スマホやデスクワークなどで、

同じ姿勢を長時間続けると

首や肩の筋肉が硬直して

しまうのです。

 

首の筋肉が柔らかければ

首の可動域も広いですし、

くしゃみなどの衝撃があっても

それを逃がすことができますが、

硬い筋肉では頭の重さを

逃がすことができず、

少しの衝撃で炎症がおこり

激痛につながってしまうわけです。

 

スマホなどを見るために

首を前に倒した状態では、

まっすぐ立っている時と

比較すると、首の負担は

ナント4倍!

になるといわれています。

 

加えて、スマホだけでなく、

PC、タブレットなども

モバイル負担も大きくなります。

 

日常的に首や肩に負担を

かけ続けていては、

筋肉が固まってしまうのも

致し方ないといえますね。

 

 

 

ギックリ首の対処法

 

 

ギックリ首になってしまったら、

まず、首は動かせなくなります。

基本的には楽な姿勢で横になるか、

横になれなければソファなどで

座って休みましょう。

 

また 、患部の炎症を緩和できるよう

湿布などで冷やすことが大切です。

温めてはいけません!

 

炎症が治まってくれば

痛みも和らいできます。

炎症が治まるまでは

入浴なども控えた方が

良いでしょう。

 

痛みは約1~2週間程度で

治まってきますが、

痛みがある間は首の

マッサージやストレッチを

行うのは非常に危険です。

 

症状を悪化させてしまう

こともありますので

注意しましょう。

 

痛みが強い場合や、

2週間以上続く場合は

病院に行って診察を

受けてください。

 

 

 

ギックリ首の予防

 

ギックリ首の予防には首回りの

筋肉のストレッチが効果的。

 

筋肉の緊張をとり、

硬くなるのを防ぎましょう!

 

首や肩は頭を支え、

荷物を持つ時にも日常的に

負担がかかりやすい

場所なので、長時間同じ姿勢を

続けないよう意識して、

休憩時間にマメに動かすことが

大切です。また、首だけでなく、

肩や胸、腕なども一緒に

ストレッチすると良いですね。

 

 

 

 首回りのストレッチ

 

※すべての運動はゆっくり、

力を入れすぎないよう

ソフトに行ってください。

 

▼ストレッチ1【鎖骨・胸回り】

※首の下の鎖骨や胸回りを

ほぐすと緊張を解き、

首のストレッチの効果も

高めます。

 

・鎖骨周辺を手のひらや

指でマッサージ。

30秒くらいかけて片方ずつ

2~3回繰り返す。

 

・両手を肩に置き、同時に後ろに

10回、前方向にも10回、大きく回す。

 

・右の肩を前に回し、つぎに左の

肩を前に回して、交互に

(クロールのように)を10回。

 

・反対回しは、右の肩を後ろに回し、

左の肩を後ろに回し、交互に

(背泳ぎのように)を10回。

 

 

▼ストレッチ2【首まわり】

<首を斜め前に倒す運動>

・右手を90度に曲げ、

腰の後ろに回し、手の甲を腰に

付ける。左の手を頭の上に回し、

左斜め前方向にゆっくり倒す。

※伸ばした方の首筋が伸びるように

顔の向きを調整する。

 

・10秒キープし、力を抜いて

正面に戻り10秒休む。

左右交互に2~3回繰り返す。

 

 

<首を左右倒す運動>

・左手を腰の後ろに回し、

手の甲を腰につける。

右手で頭をおさえ(手が届く人は

左の耳をおさえながら)

横に倒して5秒キープ。

 

力を抜きながら戻す。

左右2~3回繰り返す。

 

・右手で右の頬を押さえながら、

左を向き10秒キープ。

これを左右2~3回繰り返す。

 

ある日、突然やってくる

「ギックリ首」は、体からのSOS!

激しい運動の筋肉の疲労は

判りやすいものですが、

日常的に積み重なっていく

疲労は見過ごしてしまいがち…

 

首や肩の負担は意外と大きい

ことを理解して、普段から

首・肩回りの筋肉をほぐし、

ギックリ首予防に心がけましょう!

 

 

th85U9IRSY

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる

美容鍼まで、幅広い施術を

行っております。

 

首の痛みについて、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket