ブログ
- 巻き肩で悩んでいませんか? -
11月 16, 2018 11:30 am

地下鉄上飯田駅から徒歩3分

肩こりと寝違えの治療で

口コミの多い

やすだ鍼灸接骨院です。

 

北区だけでなく、

東区、千種区、小牧市からも

多くの患者さんが

おみえになられてます。

 

 

 

巻き肩を改善すると

姿勢が見違える!

 

 

スマートフォンやパソコンを

使用する時に前かがみに

なっていませんか?

 

姿勢を正したいと思いつつも、

集中しているうちに、

ついつい前に縮こまっていって

しまいますよね・・・。

 

そんな姿勢が肩こりや

首コリに繋がってしまい、

慢性的に悩んでいる人も

多いでしょう。

 

それと同じように最近では

「巻き肩」に悩んでいる人が

急増しています。

 

その名の通り、肩が前に

巻いている状態の事を

言いますが、治そうと思って

意識的に胸を張ってみても

気づけば巻き肩の姿勢に・・・

なんて経験のある人も

多いかと思います。

 

 

 

巻き肩とは

 

肩が前に丸まり気味の状態を

巻き肩と言い、姿勢としては

猫背のように見えますが、

猫背とは少し違ったものになります。

 

猫背は背骨が前に巻いている

ような状態ですが、巻き肩は

鎖骨周辺で肩が前に巻いている

ような状態で、背中にある

肩甲骨は外に開いた状態と

なってしまいます。

 

猫背は縦方向の丸まり、

巻き肩は横方向の丸まりです。

 

自分では真っすぐな姿勢を

とっているつもりでも、

知らず知らずのうちに

巻き肩になってしまって

いる人も多い傾向にあります。

 

今やほとんどの人が持っている

スマートフォンやパソコンの

使用による姿勢の悪さも

原因となっている点から、

現代病の一つとなっています。

 

 

 

巻き肩の原因

 

 

巻き肩になってしまう原因は、

やはり普段の姿勢です!

巻き肩になってしまった状態を

長時間続けている事が

直接的な原因となって

しまっています。

 

・パソコン姿勢

(脇を締めて指先だけを動かし、

頭は画面を凝視し続けている)

・スマホ姿勢

(体を丸めて、画面をのぞきこんだ姿勢)

・座り姿勢

(椅子に浅く腰かけて

お尻が前に流れている)

 

このような姿勢に思い当たる

ところがある人は多いのでは

ないでしょうか。

 

この他に、横向きで寝ることも

巻き肩の原因となります。

 

寝る前に横向きで

スマートフォンを使っている人も

多いと思いますが、

それも巻き肩を助長して

しまいますので注意しましょう。

 

巻き肩の改善には、

普段の姿勢を見直し、

正していくことが重要です。

 

 

 

巻き肩で起こる症状

 

・肩こり

巻き肩による肩こりに

多くの人が悩んでいます。

 

巻き肩になってしまうことで

肩周りの筋肉バランスが

崩れてしまい、肩の筋肉に

大きな負担を与えてしまいます。

 

・背中周りの痛み

巻き肩になってしまうことで、

背中にも悪影響を

及ぼしてしまいます。

 

巻き肩によって背中の筋肉が

引き延ばされてしまい

肩甲骨の動きが悪く

なってしまいます。

 

そのため、肩甲骨と背骨の間が

痛くなる人が多く見られます。

 

他にも、骨盤に影響するので

腰痛に繋がる場合もあります。

 

・見た目

巻き肩になっていると

「猫背」のような見た目に

なってしまいます。

 

ぱっと見た時にスタイルが

悪く見えてしまったり、

年齢が老けてみられる事もあり、

印象に大きな影響を

及ぼしてしまいます。

 

具体的にはバストが垂れて

小さくなったり、お尻が垂れたり、

下腹部がぽっこりと出てしまう、

などです。

 

 

・呼吸が浅くなる

巻き肩になると胸が

圧迫されるため、背筋を

伸ばしている時よりも

呼吸が浅くなってしまいます。

 

呼吸が浅くなることで

身体に取り込む酸素量が

少なくなり、集中力が低下したり、

息苦しく感じたり、細胞に

行き渡る酸素量が減ることで

疲れが取れにくくなるなどの

症状が現れます。

 

 

・代謝が下がる

巻き肩になると筋肉が塊、

血行が悪くなります。

 

血行不良により基礎代謝が

下がってしまい、いつもの

食事なのに体重が増えたり、

ダイエット中の方は効果が

思ったように得られなくなる

こともあります。

 

 

 

巻き肩を改善する

ストレッチ

 

 

・胸ストレッチ

1.体の後ろで手を組みます

(立っていても座っていてもOK)

2.そのまま息を吐きながら

腕を下の方へと引き下げていきます

3.胸に自然にストレッチ感が

でてくるので、そのまま10秒キープします

 

このストレッチを3セットおこないます

 

 

 

・腕開きトレーニング

1.椅子に座って姿勢を正します

2.肘を90度に曲げておぼんを

持つように腕を出します

3.体は動かさないようにし、

肘を固定します

4.固定した肘から指先まで

外側へ開くように動かします

5.開いた腕を閉じてまた開く

といった動作を30回繰り返します

 

お風呂上がりは体が温まっているため、

ストレッチの効果がさらにアップします。

ストレッチはお風呂上がりに

行うのがオススメです。

 

また、夜、眠る前にデコルテや肩、

腕など、巻き肩によって

固まっている筋肉をマッサージして

ほぐしてあげることで、

巻き肩の改善が期待できます。

 

意識して姿勢を直すことも大切ですが、

巻き肩の癖がついてしまった体は

無意識の内に元に戻ってしまいます。

 

自分の力では姿勢が

元に戻らない場合は、接骨院で

姿勢を矯正する方法も有効です。

 

体の歪みを治して、

綺麗な姿勢を手に入れましょう!

 

 

pppp

 

 

 

 

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる

美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

 

症状について、気になる方は

コチラの詳細をご覧ください。

 

Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on FC2 Bookmark
Pocket