BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.01.09 シワやたるみと美容鍼

同じ年代でも、若く見られる人、歳相応に見られる人、年齢より上に見られる人それぞれのお悩みは尽きません。

ファッションや髪型なども見た目年齢を左右するものではありますが、一番に印象を決めているのは目の下のたるみとほうれい線などのシワだというデータもあります。

なるべく口角を上げて笑顔を心がけているだけでもほうれい線は目立たないのですが、根本的に解決するには皮膚や筋肉に直接働きかけるのが効果的です。

 

今回はそんなシワヤたるみといった、見た目年齢を左右しやすいパーツ別のお悩みについて考えていきたいと思います。

 

【シワやたるみができやすい人、できにくい人にはどんな違いがある?】

同窓会など同じ年齢の人の集まりに行くとよくわかる「見た目年齢」の差。

女性は特に実年齢よりマイナス5歳でありたいと願っている人が多いようです。

ではその見た目年齢を左右するシワやたるみの個人差はどこから来ているのでしょうか?

 

①頭蓋骨に由来している

目の大きな人の中でも、縦に大きい人と横に大きい人の違いがあるものですが、頭蓋骨に左右されやすいのは目の横幅が広い人です。

目は骨のない場所に筋肉に釣られる形で存在しているので、空洞が広い人は目がくぼみやすい傾向にあります。

日本人が欧米人よりも老けるのが遅く見られるのは、一般的凹凸の差が少ないからだと考えられています。

それと同じように、同じ日本人の中でも頭蓋骨の空洞の広さによって、筋肉量が減るとシワやたるみになりやすいのです。

これは口の周りでも同じことが言えます。

 

②紫外線を浴びる頻度が違う

これはもう皆さんご存知かと思いますが、紫外線を浴びてケアをせずにいると乾燥が進んでシワやたるみの原因になります。

紫外線を浴びた後でもしっかり保湿をして、日々のケアをきちんと続けていけば、ダメージを受けた皮膚はターンオーバーとともに剝がれ落ちていくので問題ありません。

しかし紫外線を浴び続けていると、真皮や皮下組織にまでメラニンが定着してしまうので、生まれわってくる肌はダメージを受けやすい乾燥肌で、シワヤたるみをまねきやすいということになってしまうのです。

日光は全く浴びないのも体には悪影響ですので、サングラスや帽子などで遮りながら適度に紫外線防止策を続けていきましょう。

 

③メイクをする+オフする頻度が違う

肌を美しく見せようとして、ベースメイクやファンデーションを塗り重ね、それを落とすために強いクレンジングを使っていると肌に負担がかかりシワやたるみの原因になります。

たまにはメイクを完全にお休みして、日焼け止めだけで過ごす日、固形石鹸でオフできるミネラルファンデーションだけで過ごす日、などを設けると保湿量も高まりますよ。

 

シートタイプのメイク落としは手軽ですが、角質まで一緒にオフしてしまうので年齢によっては毎日の使用は避けたいところです。

またウォータープルーフのマスカラやアイライナーも、専用のリムーバーが強いものが多いので、ぬるま湯でオフできるようなものを選ぶと目のまわりを擦る頻度が減り肌に優しいです。

 

【こんな人には美容鍼がおすすめ!】

ひそかに見た目年齢対策をしていくなら、やはり肌そのものからハリを取り戻してメイクに頼らない美肌を目指したいですよね。

下記のように具体的に「こうなりたい!」と考えている人には美容鍼がおすすめです。

 

・ファンデーションをやめたい

多くのファンデーションが、肌の水分を吸収して乾燥肌を助長してしまいます。

そのため、時間の経過とともに鼻の周りは油が浮き、毛穴に落ち込み、目の下はコンシーラーでカバーできず、夜になるとほうれい線が目立ってくる人が多いのです。

美容鍼は、シワやたるみのもとになっている筋肉や細胞にダイレクトに働きかけるので、マイナスを隠すためのメイクではなく、土台に華やかさをプラスするメイクへと変化します。

 

・日々のケアから解放されたい

導入ブースターに化粧水、さらに美容液を重ねて乳液、これらのケアを朝晩続けても肌の調子が今一つ…そんなお悩みには、肌そのものの回復を促す美容鍼がおすすめです。

もちろん、きちんと保湿をするのは大切なことですが、整っていない細胞にいくら良い化粧品を乗せても受け取る基盤がなければもったいないことに。

最低限のケアで維持がしやすくなる、日々のケアを楽しめるようになる、美容鍼には化粧品ではカバーしきれない細胞レベルでアプローチできる特徴があるのです。

【シワやたるみに美容鍼の効果を期待できる理由】

シワやたるみは筋肉が硬くなったところに老廃物が溜まって、水たまりのような溝ができると一気に加速します。

特に頬骨の周辺の筋肉は緊張しやすく、大陸として独立しやすい造りになっているので、目の下がたるめば目尻にシワができ、ほうれい線も持ち上げることができません。

そこで表情筋にダイレクトに美容鍼でアプローチしていくと、今まで滞っていた老廃物も流れ出し、他の筋肉と陸続きに戻ってシワやたるみが目立たなくなっていきます。

 

シワやたるみの他にも気になるお悩みのある方は、是非一度お気軽にご相談くださいね。

あなたにおすすめの記事