BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.03.18 春の抜け毛・薄毛の悩みと美容鍼

「シャンプー時に排水溝にたまる抜け毛の多さにびっくりすることがある」

「最近、髪が少なくなってヘアスタイルが決まらない」

「髪をまとめると地肌が見えてしまう」
など、抜け毛や薄毛のお悩みはありませんか?

春は秋と同様、髪が抜けやすい季節と言われています。春の陽射しに輝く美しい髪をキープするためには早目のケアが大切です。

 

【抜け毛・薄毛のタイプ】

 

抜け毛・薄毛には様々なタイプがあります。

 

✓びまん性脱毛

血行不良や女性ホルモンの低下などの様々な要因が関連して発生する薄毛で、髪全体のボリュームが減る、地肌が透ける、分け目が目立つなど女性のお悩みの多くはこのタイプの薄毛と言われています。

 

✓分娩後脱毛症

出産前後の女性ホルモンの分泌量変化によって生じる薄毛です。出産後1年から1年半で自然に元の状態に戻るとされていますが、産後体力の回復が遅い場合は元の状態に戻りにくいケースもあります。

✓牽引性脱毛

若い世代などで長期間ポニーテールなどの同じ髪型を続け、髪を引っ張り続けることで

毛包が委縮し毛根の血流が滞って抜け毛の要因になることがあります。

 

✓円形脱毛

自己免疫疾患の一種とされ、体を守るはずのリンパ球が毛根にダメージを与えて円形に脱毛するケースがあります。年齢、性別に関係なく強いストレスが要因ともされます。

 

✓頭皮トラブル

汚れた頭皮に雑菌が繁殖する、頭皮が過剰に乾燥するなどといった頭皮トラブルが脱毛の原因となります。

 

【女性の抜け毛の原因とは?】

 

健康な状態であっても自然に抜け落ちる髪、ブラッシングやシャンプーなどで力が加わって抜ける髪といったように、髪は1日に100本ほどは気が付かないうちに抜け落ちています。そうした抜け毛が1日に200本から300本程になると「抜け毛が多い」と自覚するようになると言われています。

男性の抜け毛・薄毛の原因は男性ホルモンの関与が多いことが解明されていますが、女性の抜け毛・薄毛は

・ホルモンバランスの乱れ

・食生活や睡眠時間などの生活習慣の乱れ

・パーマやカラーリングなどによる髪や頭皮のダメージ

・ストレス

・過度なダイエットによる影響

・遺伝

・加齢

など様々な要因が挙げられます。

女性の場合はホルモンバランス1つとっても、思春期、妊娠・出産期・更年期と年齢とともに様々に変化するため、抜け毛や薄毛の要因も複雑に絡み合って原因を1つに特定することは難しいとされています。

 

【春に抜け毛が多くなる理由】

 

上記の抜け毛の原因にプラスして、季節によって抜け毛が多くなる時期があります。春の抜け毛についてはいくつかの要因があげられます。

 

×春先に特有の気温差

春先は朝晩と日中の気温差が大きくなりこの寒暖差によって肌や頭皮は乾燥傾向が強くなります。頭皮の乾燥は抜け毛の原因となります。加えて寒暖差は自律神経を乱し全身の血流が悪化するため、頭皮に栄養分が届きづらくなって抜け毛の増加を招きます。

 

×紫外線ケアを怠る

夏の間は紫外線ケアを怠らないという方も、春先は暖かくなった日向を歩いてうっかり紫外線を浴びてしまうということもあるでしょう。実は4月の紫外線量は9月と同じ程度と言われています。紫外線は頭皮の乾燥を招き抜け毛の原因となります。

 

×アレルギー症状が引き起こす頭皮トラブル

今や国民病とさえ言われ、春先には多くの人が悩まされる花粉症ですが、くしゃみ、鼻水、目のかゆみの他、皮膚にかゆみが出ることも少なくありません。頭皮にあらわれたかゆみや炎症が抜け毛の要因となることがあります。

 

×過剰なストレス

3月は年度末に当たり普段の業務以上に忙しくなる時期です。さらには卒入学、転勤、引っ越しなどが多くなるシーズンは環境や人間関係の変化によって自分では気づかないうちにもストレスがたまっているということもあるでしょう。ストレスは自律神経を乱し血行不良を引き起こす他、食欲不振や不眠などの原因になり頭皮や毛髪に悪影響を及ぼします。

 

【抜け毛・薄毛と美容鍼】

 

抜け毛や薄毛の予防には体内のホルモンバランスを整え、血行をよくして毛根に十分な栄養分を届けることが大切です。

 

髪のためにいい食べ物として以下のような栄養素、食材があげられます。

 

①髪のもと「ケラチン」の材料となる「タンパク質」

肉、魚、豆類など

 

②毛母細胞を活性化させ抜け毛を防ぐ「亜鉛」

カニ・エビなどの魚介類、海藻類、鶏肉、豚肉、卵、チーズなど

 

③健康な髪や頭皮を保つビタミン

ビタミンAを含むニンジン、カボチャ、ホウレンソウ、ウナギなど

ビタミンB6の含むイワシ、マグロ、サバなどの青魚

ビタミンEを含むオリーブオイルなどの植物油、ナッツ類、ゴマ、玄米など

 

抜け毛予防のためには食事や運動など生活の中でできるセルフケアに加えて、プロのアドバイスを受けながら根本的な抜け毛の原因を探ることもおすすめです。「美容鍼」を打つことで全身の血流が活性化し、髪や頭皮の乾燥が和らぐと徐々に抜け毛が気にならなくなっていきます。私たちの体は頭皮、肌、体と全身が1枚の皮膚でつながっています。抜け毛予防のための頭皮の改善は、美肌作りにも相乗効果をもたらします。 

あなたにおすすめの記事