BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.03.20 飲む日焼け止めと美容鍼

花粉症とともに増加していくのが、紫外線。

真夏よりも春先の方が紫外線は強いと言われていますが、真夏ほど体感温度の上昇を感じていない分、どうしても紫外線ケアが見落としがちですよね。

 

本来であれば1年中紫外線からお肌を守るために日焼け止めを塗って過ごすのが理想的なのですが、ちょっと塗り忘れをしても強力な助っ人になってくれるのが「飲む日焼け止め」です。

 

でも飲む日焼け止めを飲んでいれば、日焼け止めは塗らなくていいの?と疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、飲む日焼け止めのメカニズムと、紫外線を防ぐ様々な方法について考えていきたいと思います。

 

 

飲む日焼け止めの紫外線バリア機能について

 

 

そもそも飲む日焼け止めは「SPF」や「PA」とは関係ない

紫外線を浴びてからシミ・シワなどになって定着するまでには、

紫外線が肌内部で活性酸素を大量発生させる

炎症を起こす

炎症が色素沈着やダメージとなって基底層に定着する

 

このような過程があります。

 

塗る日焼け止めは、最初から紫外線ダメージを遮断するために用いるものですが、塗る日焼け止めは紫外線ダメージを受けた後に無かったことにする役割を担っています。

ただし、自分の内部にストックしているその活性酸素除去成分が十分であれば効力を発揮しやすいのですが、数値として安定するには1ヵ月~3ヵ月程度飲み続ける必要があるようで、紫外線量のピークに間に合わせたいのであればもう飲み始めておいた方が安心でしょう。

 

 

活性酸素を除去する成分ニュートロックスサンやフェーンブロックについて

 

活性酸素はシミやシワだけでなく、体内のあらゆる老化現象の原因となっていると言われているのですが、赤ワインなどに含まれるポリフェノールが抗酸化作用を発揮し活性酸素に抵抗できるとされています。

 

飲む日焼け止めに含まれるニュートロックスサンやフェーンブロックなども天然由来のローズマリーから抽出する成分で、本来副作用はないとされています。

しかし、ローズマリーそのものに子宮を収縮させる効果があるという説があるので、妊娠中の方が飲む日焼け止めを服用したい場合はかかりつけの医療機関に相談されることをおすすめします。

 

 

「飲む日焼け止め」という名称が一人歩きした結果

 

それを飲めば塗らなくても紫外線をブロックできていると勘違いしてしまうような名称となっていますが、本来の役割は日焼けした後のダメージを最低限に抑えて回復を早めるといった意味に解釈するべきでしょう。

 

ただし、日焼け止めで肌荒れをする方、髪の毛の分け目、目から入ってくる紫外線のダメージケアをしたい目的であれば塗る日焼け止めとの併用が望ましいところです。

 

 

紫外線予防の基本

 

「SPF」は紫外線B波をブロックするために、「PA」は紫外線A波をブロックする数値のことです。

B派が肌表面に火傷の状態を作り出し、A波が肌の奥に届いて細胞の老化をさせるイメージですね。

 

日焼け止めの選び方は、どのぐらいの時間紫外線を浴びるかによってセレクトするのが望ましいのですが、もともとの肌質がダメージを受けやすいかどうかを知っておくことも必要です。

 

紫外線ダメージへの耐性はその人その人で個人差がありますが、目安としては日焼けした後に赤くなっても黒くならない人が一番シミとして定着しやすい肌質です。

日本人の多くは、日焼けした後に多少黒くなりターンオーバーとともに自然にもとの肌色に戻るのですが、赤くなって引いた後また色白に戻る方は欧米の方のように時間が経ってからソバカスとして浮いてくるので、飲む日焼け止めによる内部からのリセットは大変効果を発揮するでしょう。

 

反対にもともと褐色に近い肌色で日焼けをしても赤くならず吸収するだけの方は、紫外線に対する耐性が強いことを指しています。

 

 

紫外線ケアをするなら、塗る・飲む・遮る!の3要素全てが必要

 

今回は飲む日焼け止めの効果と、本気の紫外線ケアについてお話してきました。

日焼け止めを全く塗る習慣のない人が飲む日焼け止めを飲んで、手軽に紫外線のアフターケアに用いるのは有効ですが、できれば日焼け止めを塗った上でサングラスや帽子、洋服で遮るのが一番確実な方法であることがおわかりいただけたかと思います。

 

また飲む日焼け止めはその成分の特質上、飲み続けるほどに炎症からシミになるのを防ぐ効果が高まるので、レジャーの日だけでなく数ヵ月にわたり毎日服用した方が抗炎症作用を期待できます。

 

また飲む日焼け止めには美白効果のあるものと無いものがあり、既に定着してしまったシミやソバカスには効力を発揮しないと思っておいた方が良いでしょう。

また紫外線を浴びた後にはきちんと保湿を行い、乾燥して小ジワになる前にアンチエイジング対策をしておきましょう。

 

やすだ鍼灸接骨院では、様々なお悩みに寄り添う美容鍼の施術を行っております。

気になることがありましたら、お気軽にご相談くださいね。

あなたにおすすめの記事