BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.03.27 ぎっくり腰

冬場に筋肉が冷えて強張っている時に起こりやすい腰のトラブルの一つ、ぎっくり腰。

もともと腰痛があって、痛みや疲労が重なって発症することもあれば、何の前触れもなくある日突然腰が抜けるように立てなくなることもあります。

 

一度ぎっくり腰になったことがある人は、その後は再発する確率が高いとされており注意が必要です。

 

ぎっくり腰になる要因としては、重たい物を持つ仕事をしている人や同じ姿勢で長時間過ごす仕事をしている人に多いことから腰の筋肉の酷使と考えられますが、最近では高いヒールの靴を履いている人や子育て世代にも増えていることから、姿勢の問題の比重も増えているようです。

 

では今回は、ぎっくり腰になりやすい予備軍についておさらいしておきましょう。

 

今すぐ見直したい!ぎっくり腰になりやすい予備軍

 

自分が腰痛持ちだと自覚のある方の方がまだ、日頃から疲れを溜めないようにケアできているのではないでしょうか?

ここからは、腰に負担をかけている自覚の無い方で気をつけたほうが良い予備軍の傾向について挙げていきます。

ぎっくり腰は男女問わずなるものですが、男性の方が筋肉量が多くて無理をしやすいので、当てはまる方は注意が必要です。

 

仰向けで寝ることができない

 

直立した時と同じ「気をつけ」の姿勢を仰向けで寝転がった時に長時間できない人、または長時間していると腰が痛くなる人、膝を曲げるとその痛みが和らぐ人は、常に腰に負担がかかって筋肉が張っている状態ですのでぎっくり腰予備軍の可能性があります。

 

この寝転がった時に「気をつけ」ができない一番の要因は、「反り腰」になっているからだと考えられます。

反り腰は、何らかの理由で骨盤が前傾または後傾して、上半身の重量を真上から受け止めることができていないため、常に腰が必要以上に重労働している状態が続いてしまいます。

 

このようになりやすい人の傾向としては、重いものを持ち上げる動作の多い人、腰が曲がりかけている高齢者、妊娠中の人、乳児・幼児を抱っこする機会が多い人などが多くの比重を占めています。

 

運動量が今と昔でかなりの差がある人

 

運動についてはサッカー、野球、水泳、バスケットボール、バレーボール、テニスやバドミントンなどなんでも構いません。

高校生以降もかなりの頻度で打ち込み、社会人になってもトレーニングを欠かさずしていたような人が、急に運動をしなくなった時が腰のケアの分かれ道です。

 

トレーニングを続けている時は、ストレッチもするし筋トレもするので筋肉が常に柔軟な状態を保とうとするのですが、急に運動をやめてしまうと今まで使っていた筋肉がそのまま衰えながら徐々に固まってしまうので、劣化したゴムのように少しの負荷でも切れやすい筋繊維ばかりになってしまいます。

 

その状態に気づかずに日常生活を送っていると、やがて腰に爆弾を抱えた状態になってしまうというわけです。

 

デスクワーク、料理、美容など同じ姿勢が長時間続く仕事をしている

何も腰を酷使している人ばかりがぎっくり腰になるわけではありません。

通勤以外1日の大半を座って過ごす人、運転する時間が長い人、立ったまま料理をする時間の長い人、美容師や美容部員・販売員など直立したまま仕事をする人も腰を柔軟に使う機会が限りなく少ないので注意が必要です。

 

そういった人の場合、腰ばかりではなく首や肩、膝などにも症状が出やすく、眼精疲労なども併発することが多いので、視力の低下や焦点のぼやけなどにも注目して自分の変化に注意しておきたいところです。

 

 

足に合わない靴を履いている、または靴が硬すぎる・柔らかすぎる

 

ヒールの高い靴を履いても、踵から着地をしてつま先で地面を蹴るフォロースルーができていれば問題ないのですが、靴を足に引っ掛けるように履いて全体で不安定に着地をする習慣のある人は、歩行の際に「足を持ち上げる」負荷が腰にかかってしまうので通常の歩行より腰の筋肉に負荷がかかっています。

 

他にも、痛いと自覚しながら無理な革靴を履いている、またはいつも足が固定されないサンダルを一年中履いているような人も歩き方が腰の柔軟性を奪って首へ衝撃を与えているため、ぎっくり腰以外にも自律神経に由来する不眠症や便秘・下痢などの症状が出やすい傾向にあります。

 

まとめ

 

今回は、ぎっくり腰になりやすい傾向のある予備軍の特徴についてお話してきました。

きっと皆さんもどれか一つぐらいは当てはまるものがあったのではないでしょうか。

 

そのぐらいぎっくり腰は、いつ・誰に発症してもおかしくない花粉症と同じように、筋肉への疲労蓄積がオーバーフローした瞬間に立てないほどの痛みや痺れ、麻痺などの症状を伴って発症します。

 

そうならないために、日頃から腰の柔軟性を保って適度に筋肉を使用する習慣をつけることが大切です。

 

そして反り腰や猫背、骨盤の歪みなどをそのままにしておくと、腰をしっかり支えることができなくなりますので、骨格のバランスを調整しておくこともお忘れなく。

あなたにおすすめの記事