BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.04.14 運動と美容鍼

 

名古屋市北区、

上飯田駅より徒歩3分の

やすだ鍼灸接骨院です。

今回は、

運動と美容鍼についてです。

 

肌年齢を考える上で欠かせないのは、

お肌の保水力や弾力、張りといった

「何もしていない状態の時に

 肌が持つ力」です。

フェイシャルマッサージのイラスト

 

それらを向上させるために、

美容液や基礎化粧品、エステなどを

組み合わせていくのが

一般的な美容方法ですよね。

 

それはあくまでも

外側からのアプローチであり、

本当の意味で

健康的で美しい素肌を目指すには、

内側からのアプローチも欠かせません。

  免疫力の強い人のイラスト

 

内側からのアプローチに必要なものは、

食事管理やサプリメントによる補給、

そして運動による基礎代謝の促進

などが挙げられます。

 

そこで今回は、美容効果を高める

運動の意義について詳しく

お話していきたいと思います。

 


美肌のために運動を

取り入れた方が良いのはなぜ?

 

①お肌を形成するための

 栄養素が循環するから

 

運動をする最大のメリットは、

心拍数とともに血液の流れが促進され

細胞が活性化するところです。 

 

 

 

軽く走った後でも鏡を見た時に

顔色が明るくなっていることを

実感する方も多いのではないでしょうか?

 

それだけでも肌のくすみ

改善することに繋がるのですが、

それに加えて全身に血液が循環すると

血液に乗って栄養素も行き渡るので、

  

美肌に必要な細胞を形成するための

栄養が補給されやすい環境が

整うというわけです。

 

ここで言う運動は、

できれば15分から20分程度の

有酸素運動が望ましいですが、

そこまで時間が取れない時や

運動する体力が続かない時は、

部分的な筋トレや

通勤の歩行だけでも構いません。

「多少息が上がる」時間を1日の中で

作ることから心がけましょう。

  スキップする人のイラスト(女性会社員)

 

②汗をかくと自然に

 油分と水分バランスが整うから

 

 

岩盤浴やホットヨガをして、

汗がダラダラ出ている時に

化粧水が浸み込んでいかない原理と似ていて、

運動をして汗をかくと自然に水分油分

肌から出てくるので、肌本来の蘇生能力を

取り戻す力がつくようになります。

 

常にメイクをする時間が少ない

スポーツ選手が良いお手本で、

日々運動をして汗をかいている分、

血色の良いきめ細かい肌質に

なることが多いですよね。

オリンピックのイラスト「テニス」

 

男性でもかなり紫外線を浴びるような

スポーツの選手ですら、毛穴の目立たない

艶のある肌の方が多いように

見受けられます。

 

もちろん私たちはトレーニングを

し続けることはないので、

発汗が落ち着いた後はきちんと保湿をして

閉じ込めておくケアを忘れずにしましょう。

 

③深い睡眠を得られるようになるから

 

 

1日の中で、

運動する時間を作るようになると、

体が適度に疲れを感じて

睡眠が深くなる傾向にあります。

 

代人はデスクワークやスマートフォンを

見る時間が長く、目や脳は疲れやすく

なっているのに、体を使うことがなく

筋肉が稼働していないという非常に

アンバランスな状態で過ごしています。

 

この体と脳の疲れのバランスが整うと、

睡眠が深くなり美肌を作るために

必要な新陳代謝を促すゴールデンタイムが

訪れるようになるのです。花時計のイラスト

 

肌荒れに良いサプリや

高い化粧品を揃える前に、

まずは運動のもたらす自然な美肌効果を

実感してみてはいかがでしょうか。

  踏み台昇降運動のイラスト

 

運動以外に内側から

美肌作りを目指すなら

 

毎日のように15分~20分の

有酸素運動ができればそれがベストですが、

体調や作れる時間、モチベーションに

左右されて毎日運動をするのは続かない…

そんな方でも毎日取り入れるとしたら

こんな方法があります。

 

①短い時間でも入浴する

 

有酸素運動の代用とまではいきませんが、

心拍数を上げて体を芯から温めるために

入浴の習慣は外せません。

 

長時間浸かっていられない人は

少し高めの温度で

全身浴をするのも良いですし、

半身浴を正座で行うと効率良く

下半身から血流が促されるので

通常の入浴より短時間で済むという

データもあります。

 

他にも、同じお風呂の温度でも

塩やバスソルトを入れると

体感温度や保温力が高まるので、

湯冷めもしにくくなりおすすめです。

   入浴剤のイラスト

 

②目覚めの白湯習慣

 白湯のイラスト

 

運動や入浴で体を暖める時間が無い時は、

体温より少し高めの白湯

内臓をあたためると内臓の働きが

活発になり代謝がアップします。

  

 

白湯は寝起きなどの空腹時に飲むと

一番効果が高く、

腸内環境改善されるため、

美肌作りと直結していると言えます。

 

どの方法も「温める」というのが

キーワードではあるのですが、

カイロなどを使って外側から

胃腸を暖めると内臓の血流が集まり

過ぎてしまい、のぼせやすくなるので、

くれぐれも外側から「不自然」な温度で

「急激」に温めるのは

控えた方が良さそうです。

 

内側と外側から

美肌にアプローチ!

 

今回は運動がもたらす美肌効果と、

運動以外にも体の中から素肌力を上げる

手助けとなる方法について触れてきました。

 

運動入浴に共通して言えるのは、

心拍数を上げて、

心臓から血液の循環を良くして

全身に栄養が行き渡るようにすることが、

新陳代謝を正常にして

美肌作りの基礎となる点です。

 

また空腹時に白湯を飲むことで、

内臓に緩やかに水分が浸透して

胃腸の環境が整い、それが肌にも現れるので

冷えている時こそ水分補給には

気を配っていきたいですね。

 

内側からの改善とともに、

外側からの筋肉や血管、細胞への

アプローチも欠かせません。

美容鍼について質問や不安な点がある方も、

是非一度お気軽にご相談くださいね。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

あなたにおすすめの記事