BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.04.16 すべり症

中年以降の女性に多いすべり症は、腰椎の中で仙骨より上の5つの椎骨が不安定になることで発生する疾患で、その名前の通り関節がすべってグラグラする、そのぐらつきから周辺の神経を圧迫して痛みとなる、症状が進行すると痺れが増すといった症状が特徴的です。

 

ヘルニアの症状と似ていますし、踵などが痛むと坐骨神経痛と診断されることも多いのですが、レントゲン検査を行うと関節がズレていることが一目瞭然です。

 

初期の間に安静にしながら、適度なストレッチと筋肉の強度を保つ運動を続けていくと快方に向かうことも可能ですが、無理をしてしまうと悪化して症状のある部分以外にも痛みや痺れが発生しますので注意が必要です。

 

なぜ、すべり症が中年の女性に多いのか?考えられる理由とは

 

特定の場所を酷使するスポーツをしている中高生にも起こるすべり症ですが、成長期のものと違うのは、中年の女性ではごく普通の日常生活を送っている時でも発症する可能性があるという点です。

 

そこで、発症する確率が高くなる原因と改善できるポイントについて考えていきたいと思います。

 

 

軟骨が擦り減ってクッション性が低下するから

 

これは年齢に伴って誰しもが避けられない問題なのですが、男性よりも女性の方が骨粗鬆症になりやすいのと似ており軟骨の再生が遅くなるのが原因と考えられます。

軟骨のクッション性が低下すると、その衝撃をどこかに分散させるために関節が無理な動きをしてしまったり、腱や靭帯に急な衝撃が加わってしまったりするので、姿勢の悪化ともにすべり症を発症しやすくなります。

 

ビタミンやマルチミネラルとともに、カルシウムやグルコサミン、コンドロイチンを効率良く摂取して体の土台作りに役立てましょう。

特に更年期のホルモンバランスは骨の生成を不安定にさせることがわかっていますので、サプリを上手に活用して体に必要な栄養素を補うことが大切です。

 

筋肉量が減るから

 

男性の方がすべり症を発症する確率が低いのは、骨密度の違いもありますが、その骨や関節を支えている筋肉が絶対的に強いということが考えられます。

女性でも定期的に筋力の衰えない生活を心がけている方は、関節をしっかり支えられるので発症の確率を減らすことも可能ですが、それでも50代以降に今ある筋力を減らさないようにするのは無理があります。

 

その急激に筋肉量が低下していく中で関節がズレると、すべり症が起こりやすくなるというわけです。

 

関節に負担をかけないトレーニングとしては、水中で行う有酸素運動が効果的ですが、同時にきちんとタンパク質も摂取していないと筋肉は成長できません。

最近では用途別にプロテインが発売されていますので、アスリート用やウエイトを増やしたい人用などのプロテインと区別して、女性用の体作りを支える鉄分やコラーゲンなども一緒に摂取できるものを普段の食事に取り込みながら体質を改善していきましょう。

 

 

猫背やO脚、腰の前傾など、姿勢の変化が起こる年代だから

 

仙骨に繋がる手前の5個の腰椎は背骨全体の影響を受けやすく、猫背になったり腰が前傾したりすると真っ先に軟骨が押しやられる場所にあります。

そのため姿勢が保てている間は良いのですが、腰の筋力が落ちて歩き方が変わると腰椎と腰椎がぶつかり合うようになりすべり症を発症します。

 

人間は体を前傾させる動きは多くても、体を反らせる動きは意識しないと行うことはありません。

腹筋と背筋をバランスよく行って体幹を整えましょう。

 

妊娠・出産を経験された方の多くが歪んだままの骨盤で過ごしているから

 

すべり症を発症するリスクを高めているのは、妊娠・出産後に骨盤のケアをしないで腰や股関節にまで歪みが残ったままになっているバランスの体です。

30年前は今ほど骨盤矯正ということば浸透しておらず、産後にきちんとケアした方の方が稀なのかもしれませんが、骨盤矯正は40代、50代を過ぎてからでも施術可能ですので思い立った時からバランスの調整をスタートしましょう。

 

骨盤や股関節が安定すると、足首や踵にかかる負担も正常になるので着地のたびに痛む関節を保護することに繋がりますし、骨盤をケアしてから運動を行っていくと筋肉の可動域も広がり代謝もアップします。

 

まとめ

 

今回は、すべり症を発症しやすい年代の女性に当てはまる特徴と、改善方法についてお話してきました。

関節の痛みが続いている方は、早めに医療機関を受診して検査と診断を受けるようにいましょう。

あまりにも重度の場合、外科的手術が必要となるケースも中にはありますが。症状が落ち着いた後はうまく付き合っていくしかないというのがすべり症によく見られる経過観察です。

 

安静にしている時期も必要ですが、炎症がおさまってからは他の場所で発症しないために日頃から関節の柔軟性と強度を高めておくに越したことはありません。

 

そういった意味で、今一度全身の骨格とバランスに向き合い、体の使い方を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

他にも気になる症状のある方はお気軽にご相談くださいね。

あなたにおすすめの記事