BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.05.07 足のむくみについて

身近な症状で日常的にも見られるむくみ。その中でも「足がだるい」「夕方になると靴がきつい」などといった足のむくみは、女性や高齢者の方にも多い症状のひとつです。

このむくみ、放置しておくと、冷えや血行不良など様々な症状に繋がることもあります。

今回は、足のむくみについて解説します。

 

むくみとは

 

むくみとは、余分な水分が皮膚の下の組織に溜まった状態のことをいいます。

通常、心臓から送り出された血液は、細胞に栄養分や酸素を届けると、二酸化炭素や老廃物、余分な水分を回収しながら、リンパ管や静脈などを通って心臓へ戻ります。このリンパ管や静脈は、血液やリンパ液を運ぶ力がほぼない為、心臓に戻る時は、ふくらはぎなどの足の筋肉がポンプの役割をして余分な水分などと一緒に上半身へ押し上げます。

しかし、筋肉の衰えや、同じ姿勢が続いたために筋肉の動きが少ないと、このポンプの役割が上手く働かず、血液などを押し上げることができません。結果、余分な水分や老廃物が下半身に滞ってしまうのです。この滞った余分な水分や老廃物は、リンパ管や血管の外に染み出て皮膚の下に溜まります。これがむくみなのです。

特長は、指先で押すとぶよぶよして、押した部分にへこみが付きます。立っている状態では、特に膝から下に溜まりやすくなります。

 

むくみの原因

 

むくみの原因はさまざまです。まず、筋肉の疲労を伴うもの。長時間立ちっぱなしになった時に足がむくんだ経験がある人は、この原因が考えられます。他にも、ストレスや睡眠不足による自律神経の乱れ、暴飲暴食などもむくみの原因となります。これらの原因により、体内の水分循環がスムーズにいかず、むくんでしまうのです。

また、降圧剤などの副作用でむくみが出る場合や、心臓や静脈・肝臓・腎臓など、血流に関わる臓器の病気が原因でむくむ場合もあります。

 

むくみを放置すると起こる悪影響

 

むくみは見た目の変化だけでなく、放置しておくと日常生活において様々な影響が生じることもあります。

 

冷え

冷えもむくみと同じく、血液やリンパの流れが滞ることで起こります。血液の流れが悪いと身体の末端まで血液が届かず、結果的に冷え性などの体内の冷えに繋がり、身体全体の動きを悪化させてしまう可能性があります。

 

歩きにくくなる

大きなむくみは、余分な水分が多く溜まっている為、この余分な水分が足首の動きを邪魔して足首の動きが悪くなります。

足首は歩く時にバランスを取る大切な関節なので、動きが悪くなることで転倒のリスクが高くなるため、高齢者の方は特に足のむくみに注意した方がよいでしょう。

 

脂肪をためやすくなる

むくみが起こって溜まった余分な水分や老廃物は、血管やリンパ管を圧迫して、血液やリンパ液の流れを悪くします。その状態が続くと、余分な水分や老廃物は蓄積されていき、やがて脂肪細胞に吸収されます。吸収された脂肪細胞は肥大化し、そのまま脂肪を溜めこむと、皮膚がぼこぼこした状態、セルライトと呼ばれる状態になるのです。

つまり、むくみは、脂肪細胞の栄養源となって、脂肪を溜めやすくする場合があるのです。

 

足のむくみの予防方法

 

むくみを予防する方法は、皮膚の下の組織に余分な水分が溜まらないようにすることです。

体内の水分がスムーズに循環するように、日常生活でも意識して予防しましょう。

 

・適度な運動

筋力や運動不足はむくみの原因になるため、適度に筋肉を動かして、むくみを予防しましょう。おすすめはウォーキングなど、ふくらはぎの筋肉を動かすことができる運動です。ポンプ作用に関わるふくらはぎの筋肉を強化して動かすと、ポンプの作用が活発になり、リンパ液や血液の流れが良くなります。結果、足に余分な水分や老廃物も溜まりにくくなり、むくみを予防できます。

 

・弾性ストッキングを履く

弾性ストッキングと呼ばれる、ふくらはぎを締め付けるストッキングを履いてみましょう。

弾性ストッキングは、適度な圧力を足にかけて、ポンプ作用の手助けをし、血流やリンパ液の流れを促進して、むくみを予防します。ストッキングだけでなく、ソックスやスポーツ用のものなどでも同様の効果が期待できます。

 

・適度な水分補給

水分は取り過ぎても不足してもむくみの原因となるため、適度な水分補給を心がけましょう。水分を過剰に摂ると体内の水分量が増えてむくみの原因になります。また、水分が不足すると、必要な水分を維持しようと体内に水分を溜め込んでしまい、これもむくみの原因となるからです。

 

足元は、季節に関係なく下に溜まった冷気で冷えやすくなっています、厚手の靴下やレッグウォーマーなどを履いて、足元を冷やさないようにしましょう。

 

足のむくみは、一過性のものが多いですが、ケアしてもむくみが解消されない場合など、足のむくみでお悩みの方は、ぜひ当院へお気軽にご相談下さい。日々の生活習慣を伺い、むくみの原因を探します。施術だけでなく、生活習慣へのアドバイスなどのサポートもさせていただきます。

あなたにおすすめの記事