BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.06.30 潤い美肌と美容鍼

1年中お肌は乾燥と戦っています・・・。

潤いのあるお肌を目指し頑張ってケアしても、知らないうちにカサカサに・・・なんて経験のある人も多いのではありませんか?

潤いを求めて無理に保湿をしすぎてもお肌には悪影響となってしまうため、多すぎず少なすぎずがベストです!

「潤い美肌」を作るためには、基本のスキンケアをしっかりと行い、日ごろの生活習慣を見直す事が重要です!

潤いのあるお肌のために、肌に良い習慣を始めましょう!

 

潤い美肌を作る生活習慣

 

1.お風呂は「ぬるま湯」がベスト

 

一般的なお風呂の温度は42℃前後と言われていますが、ちょっとぬるいと感じる38℃前後の温度がお肌には適しています。

皮膚からは絶えずいろいろな潤い成分が分泌されており、お湯の温度が高いとその潤い成分が失われやすくなってしまうからです。

肌の乾燥を防ぐためには、基本的にはぬるま湯につかるのが良いとされていますが、どうしてももっと温かいお湯につかりたいという場合は、5分以内を目安に切り上げるようにしましょう。

また、ぬるま湯であっても20分以内でお湯から上がるのが良いとされています。

 

2.体をゴシゴシ洗うのはNG

 

スポンジやタオルでゴシゴシと全身をこすってしまうと、肌の保護をしている角質層まで剥がしてしまいます。

身体を洗う際はスポンジを使用せず、手に直接せっけんやボディーソープをつけて泡立て、手で全身をなでるように洗うと肌への負担を避けられます。

 

3.体を拭くときは叩くように

 

体をゴシゴシ洗うのがNGであるのと同じように、タオルでゴシゴシ拭くことも避けましょう。

体を拭く際は、タオルを肌にあて水分を吸収するつもりで1~2秒ほど軽く押し付けるのが良いとされています。

1~2秒ごとにタオルを押し付ける位置を移動させながら、全身の水分をふき取りましょう。

 

4.お風呂上り後はすぐに肌の水分補給を

 

お風呂上りの肌は、とても乾燥しやすくなっているので、しっかりと保湿する必要がありあります。

お風呂では、せっけんやボディーソープ・お湯によって、肌の皮脂が必要以上に失われてしまいます。

「皮脂」と聞くとニキビや吹き出物の原因となるような悪い印象があるかもしれませんが、皮脂には「肌の保湿」をする大切な役割があるのです。

お風呂から上がった後は、遅くとも5分以内には保湿効果のある美容液(化粧水・乳液)などを全身に塗る習慣を身につけるのが良いでしょう。

販売されている美容液は値段も様々ですが、高級な美容液を少量使用するよりも、多少安価な美容液をたっぷりと塗ったほうが美肌には良いですよ!

 

5.肌に最適な温度・湿度を知っておこう

 

肌に最適な温度は20~25℃前後、最適な湿度は65~70%前後とされています。

湿度が60%以下になってしまうと肌の乾燥が始まると言われており、秋~冬は空気が乾燥しやすくなるため注意が必要です。

また、夏場は冷房を使用することで室内の湿度が低くなりがちなので気を付けましょう。室内に洗濯物を干したり、洗面器に水を汲んで置いておくなどの対策が効果的です。

 

6.冷たすぎない水を飲む

 

もちもちした潤い美肌を維持するためには、体内から肌への水分補給も必要不可欠です。

一度に多くの水を摂りすぎてしまうと、水毒庄や冷えなどを引き起こしてしまうため、一日に摂るべき水分量の目安「コップ6杯程度」を細かく分けて摂るようにしましょう。

 

潤い美肌を作る基本のスキンケア方法

 

・クレンジング

  1. 摩擦を最小限にするため。クレンジング料は両手のひらで緩める。
  2. スタンプを押すようにペタペタと顔全体に。

濃いポイントメイクをしている場合は、事前にリムーバーでオフしておきましょう。

  1. 指の力を抜き、軽やかなタッチでらせんを描いて、クレンジング料をメイクになじませる。

まずは頬や額などの広い面、その後に鼻筋・小鼻周り・口元・目周りを。

  1. 眉や鼻筋など立体的な部分は、指の腹で細かくらせんを描いて、くまなくなじませましょう。
  2. ほうれい線や唇の下は、肌がくぼんでいるので洗いにくい部分です。

頬を膨らませたり舌で内側から押し出したりして張った状態にしてなじませましょう。

 

・洗顔

  1. 顔と手を濡らしたら、両手に軽くこんもりのる量の泡を立てます。

泡立てネットを使ってもOK!

  1. 顔全体に泡をなじませる。

細かい部分には指の腹で泡を行き渡らせ、すぐにたっぷりぬるま湯でよくすすぐ。

 

・化粧水

  1. 手をくぼませ、化粧水をこぼれない程度の量をとる。

コットンならほぼ全体が裏まで濡れる量をとりましょう。

  1. 両手に広げて顔全体になじませる。

コットンの場合は、優しくなでるようになじませましょう。

  1. 指の腹で細かい部分にも行き渡らせる。

再び化粧水をとり、3回繰り返して肌を水分で満タンに。

 

・乳液

  1. 手のひらで顔を包み込むように浸透させ、化粧水をつけたら間髪入れずに乳液を塗りましょう。
  2. 細部まで気を抜かず、角質全体に潤いを与えます。

乳液は塗り残しのないように、肌全体に行き渡らせます。

 

透明感ある潤い美肌を作るマッサージ塗り

 

クリームを使ったマッサージ塗りで潤い美肌に。

  1. 全体にクリームをのばす。

さくらんぼ大程度のクリームを、てのひらを合わせて温め緩める。

顔全体にまんべんなくのばし潤いの蓋をしましょう。細部にも行き渡らせて。

  1. 老廃物を流すツボを押す

人差し指の第二関節を使って、目頭・小鼻のわきを痛気持ちいい加減でぐっと押す。

老廃物を流してくれます。

  1. 手のひらで頬を強めに押す

手のひらの手首側で、頬を強めにマッサージし、老廃物を撃退します。

  1. 首筋のリンパの詰まりを流す

仕上げに耳の下からデコルテに向けてマッサージして老廃物を排出します。

指先に力が入りにくい場合は、グーの手でもOK!

 

やすだ鍼灸接骨院では

 

お身体の痛みに対してだけでなく、お顔のシミ・しわ・くすみのお悩みの解消に期待できる美容鍼や、スポーツのパフォーマンス向上のためのバランス調整まで、幅広い施術を行っております。

お気軽にお悩みをお聞かせくださいね。

あなたにおすすめの記事