BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.08.20 顔が下に向く【うつむき癖】に要注意!ストレートネックになる⁉

名古屋市北区

上飯田駅より徒歩3分にあるやすだ鍼灸接骨院です。

顔が下に向く「うつむき」癖に要注意!

ストレートネックになる⁉

スマホ首」が急増中!? その首・肩のこり、うつむき姿勢が原因かも

皆さんは仕事をしているとき、スマートフォンを触っているとき

テレビを見ているときの姿勢を意識したことはありますか?

 

実は背筋がまっすぐなっていても

顔が下を向いているとそれは「姿勢が悪い」といえます。

では、うつむきの姿勢でいるとどのようなデメリットがあるのでしょうか

そして改善方法はあるのでしょうか?

 

 

うつむき=ストレートネックになる

可能性が高くなります

 

顔が下を向いていることで最も厄介なのが

「ストレートネック」

という症状です。

ストレートネックについて

ストレートネックは、

言葉の通り首の骨がまっすぐになってしまうことを指します。

本来骨の首はカーブしている状態が正しく

よく「S」のカーブともいわれます。

このSのカーブが無くなり、真っ直ぐな状態になったのがストレートネックです。

 

仕事でパソコンを長時間見ているかた

家事や育児でどうしても前かがみの姿勢を取ってしまう方がなりやすく

最近ではスマートフォンを見る時間が増えたことで

ストレートネック患者は増えたとも言われています。

 

スマートフォンを見る姿勢は、ちょうど顔がうつむきがちになります。

このことからストレートネックを「スマホ首」と呼ぶことがあります。

 

本来の首がSの形になっていることで

頭の重さを分散してくれていますが、真っ直ぐになってしまうと

すべての重さの負荷がかかってしまいます。

 

私たちの頭は大人で5~6キロあると言われています。

この負荷がずっとかかっていると思うと、体に大きな負担がかかるのも納得です。

 

ストレートネックが招く症状は?

では、ストレートネックになることで体にどのようなデメリットをもたらすのでしょうか?

 

○目の疲れ

目の神経を圧迫させて眼精疲労を招く原因となります。

ドライアイなどで悩んでいる方も

ストレートネックが原因となっている可能性があります。

目が疲れる原因とは?眼精疲労による「かすみ」や「ぼやけ」の対策 ...

 

○イライラしやすくなる

首には自律神経が通っており

頭の重み神経を圧迫させて自律神経を乱してしまう結果となります。

自律神経が身ら出ると、夜寝つきが悪くなったり、やる気ができない

逆にいつもイライラしてしまうなど

ストレスが溜まっている状態になってしまいます。

イライラする - GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集

 

○肩こりや首のこりを招く

いつも肩こりや首にこりに悩んでいるかたは

ストレートネックが原因の可能性があります。

ストレートネックになると特に首回りの筋肉に負荷をかけてしまうため

こりが起きやすいのです。

フリー写真] 肩が凝る日本人女性でアハ体験 - GAHAG | 著作権フリー ...

 

○めまい、頭痛、吐き気

首の周りには神経が多く通っていますが

そこを刺激することでめまいや頭痛、吐き気を及ぼすことがあります。

ストレスによる吐き気を治すには|健康|趣味時間

 

 

姿勢がいいつもりでも…

実はストレートネック?

セルフチェック方法

 

毎日スマートフォンやPCを見ている方

小さなお子様の育児や家事をされている方は

ストレートネックに知らないうちになっている可能性があります。

 

一度自分の姿勢をチェックしてみましょう。

 

・壁際に立つ。

・頭の後ろと肩甲骨、お尻を壁にぴったりと付ける。

 

⇒すべて壁につくひとはストレートネックになっている可能性は低いと言えます。

⇒どこか1点でも離れている方は、ストレートネックになっている可能性があります。

 

ストレートネックの治し方】首や肩の痛みは「スマホ首」が原因だった ...

 

ストレートネックを予防する方法はあるの?

ストレートネックになってしまうと、身体の不快症状に悩まれることになります。

ひどくなる前に、対策と改善をしっかり行なっていきましょう。

 

○ストレッチ

毎日空いた時間に行うだけでも有効なストレッチを紹介します。

 

・両足を軽く開いて立つ。

・両手を天井にまっすぐに伸ばす。

ストレッチをする女性[11004120435]の写真素材・イラスト素材|アマナ ...

 

・手のひらを外側に向ける。

・肘を90度に曲げる。

・両腕をゆっくり下に下げる

・肩甲骨をくっつけるように肘を背中側に引いて胸を開く。

3)菱形筋のストレッチ。後ろで手を組み、胸を張ってゆっくり息を吸い ...

・肘を90度に曲げたまま、今度は身体の前側に両腕を寄せる。

・手のひら、ひじを合わせて5秒間キープ。

・両腕を大きく開いてできるだけ背中側へ寄せ5秒間キープ。

 

○エクササイズ

目線は正面を向き

あごを引いて後頭部が後ろに下がった正しい姿勢で行ないます。

肩が上がらないよう気をつけながら、頭をゆっくりと右へ倒していきます。

このとき、呼吸を止めないようにしましょう。

ゆっくりと頭を元の位置に戻して、今度は左へ倒します。

 

○座り方も要注意!

机と椅子の高さがあっていないと

首への負荷がかかりやすくなります。

耳、肩、腰骨が一直線になるよう椅子に深く腰かけます。

パソコン画面から40~50センチ程度離して

楽に見えるよう画面の角度を調節します。

姿勢悪いの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

 

○枕の高さを調節する

就寝時、枕の高さがあっていないと、負担が増加します。

自分に合った高さの枕を選びます。

使用時、浅い位置だと良くないので、肩のあたりまでしっかり乗るよう深く装着します。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から

筋肉・ツボ・皮膚に直接アプローチできる美容鍼まで

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひ一度お問合せください。

木村 友一

あなたにおすすめの記事