BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.09.04 【残暑の時期のスキンケア】と美容鍼の関係

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、残暑の時期のスキンケアと美容鍼の関係

スキンケアの見直しで美肌へ!パーツ別・正しい乾燥肌ケア ...

蒸し残暑が続き、冷房の効いた空間と屋外との気温差が激しく高い湿度にも、

からだが適応しきれずにいると、冷たいものをつい飲み過ぎてしまうため、

胃が重いと感じたり、胃がもたれたり、全身が怠くなり、

食欲がないなど、体調不良を起こしやすい傾向にあります。

 

また、エアコンによる手足やお腹の冷えから、

下半身のむくみが生じることがあります。

熱は上に向かう性質があるため、

足やおなかは冷えているのに顔は熱く感じたり、

自分は冷えているという認識をもてずに冷たい食べ物や飲み物を取り、

余計に冷えが進んでしまうのです。

 

それは、肌にも多分に影響します。

 

今の時期こそ乾燥肌にご注意を!

乾燥肌のためのスキンケアまとめ|年齢に負けないスキンケアコラム-DUO運営

一見湿度の低い季節にこそ、肌は乾くと思いがちですが、

実は暑い時期こそ乾燥肌に傾くリスクが大きいのです、汗でベタつく季節、

うっかりエアコンを強めに設定したら、

もともと水分量が減っている肌はさらに乾燥してしまうので、

まずは正しい保湿が一番の対策です。

 

・肌の潤いを保つには、保湿クリームを

夏こそ保湿♡30代からはじめる“夏用スキンケアクリーム”5選|ウーマン ...

肌が乾燥するからといって、化粧水を多めに使っても、それは一時しのぎです、

エアコンの風にさらされると、かえって肌の皮脂ごと潤いが取られかねません。

 

さらに年齢を重ねた肌は、皮脂が少なくなるので、

クレンジングや洗顔ですら肌の表面を傷つけてしまう可能性があります。

 

時には乾燥で肌が突っ張って毛穴が開き、

ひとつひとつの毛穴が大きく広がって見えて、放っておけば、肌は弾力を失ってしまいます。

 

このような時に、大事なのは、肌にもともと備わっている潤い成分、セラミドを増やすことです。

セラミドは水分を抱え込む性質があって、

コラーゲンやヒアルロン酸より水分保持機能が高いため、

長時間、肌をバリアする機能を維持できます。

 

そこで、肌本来のセラミドと同様の構造をしている

「ヒト型セラミド」タイプの化粧品の出番となるわけです。

 

化粧品に使われている4種類の「ヒト型セラミド」の中でも、

「セラミド2」と数字の2が冠されたタイプは、

肌への浸透率が高いそうですので、

コスメを選ぶ際のポイントのひとつと覚えておいてください。

 

・日中、乾燥が気になったときのスペシャルケアは?

ただでさえ乾燥する今の時期の肌ですが、さらに日焼けなど紫外線の影響を強く受けて、

表面上はわかりにくいですが、細胞は軽い炎症状態にあり、

シミが増えシワやほうれい線が目立つ様になります。

 

日中、乾燥が気になったら、

メイクの上からでも乳液や美容オイルをそっと押し当てるようにしましょう。

なるべく、エアコンに水分を奪われないようにすることが大切です。

 

また、美容オイルならミストなどより、乾燥が気になったひじ、

ひざ、手肌などボディの乾燥にも小まめにケアできます。

 

・夜の集中保湿ケアは?

 スキンケアアイテムの使用順を解説!朝と夜で異なるスキンケアの目的と ...

さて、気温、室温ともに変動が激しかった日は、

体の疲れと共に、肌のダメージも大きく、

乾燥によるシミ、シワが発生するリスクも多くなります。

 

そこで、できれば夜のうちにリカバリーの為の集中保湿パックも心がけたいところです。

乾燥で肌が弱っているので、洗い流すローションタイプのものをおススメします。

肌あたりが優しく、保湿できて、翌朝の保湿ケアの浸透をぐっと高めてくれることに繋がります。

 

・加湿器でさらに保湿を!

Men's Beauty メンズビューティー|(スキンケア)加湿器は一年中つけ ...

エアコンをつけている時は、加湿器も一緒に稼働させましょう、

卓上で作業しているときは卓上型のコンパクトな加湿器も便利です。

 

また、就寝時はベッドサイドに美顔器でスチームを出す、

またはもっと簡単に、濡れタオルをベッドサイドにかけておくだけでも、十分です。

美顔器は、直接顔に当て続けると、かえって肌の水分を奪ってしまうので注意しましょう。

 

体の中からできることを、乾燥肌対策になる栄養素は?

 

タンパク質 :皮膚の材料となります、特にコラーゲンが大切です。

鉄・ビタミンC:タンパク質と共にコラーゲンの材料です、メラニンのを無くすのに必要です。

ビタミンB群:皮膚の代謝に必要です。

ビタミンD :ニキビや日焼け後の皮膚の炎症をおさえターンオーバーをサポートします。

 

さらに、肌の潤いを回復させる栄養素として、

ターンオーバーを促すビタミンAや亜鉛も大切です。

 

食材で言えば、

うなぎやあなご、鶏のレバー、にんじん、モロヘイヤなどに多く含まれますが、

食品は単体で摂るよりも、

血行を促す鉄分を多く含むひじきなどと一緒に食べる方が効果的です、

バランスよく食べることを心がけましょう。

ウワサのお客さま 】うなぎの冷や茶漬けのレシピ|イトーヨーカドー【7 ...

また、ヨーグルトなどを食べて、腸内環境を整えれば、

自然と美肌に近づくので、日々の潤い対策におススメです。

便秘の人はいつ肌荒れしてもおかしくないので、

なるべく早めに対処して快便を目指しましょう。

 

食生活を見直しましょう

欠食」が絶対にNGである理由…食生活改善は認知症予防にも | 女性自身

食事のとり方にも注意する必要があります、生活リズムが崩れたり、

十分な睡眠が取れていないと、脂っこいものや辛いものを欲するようになります。

そういった食べ物はなるべく避けて、消化の良いものを食べる事、

夜遅くには食べないことなどを、心がけて、適度な運動や十分な睡眠とり、

胃腸の調子を整えましょう。

 

乾燥肌対策にも美容鍼が最適なのはご存知ですか?

鍼を打つことで、肌内部の細胞が刺激され、

潤いを保つ成分の分泌が増えることにより、お肌がしっとりとツルツルになります。

多くの肌トラブルの原因となる乾燥を防いで、美肌を目指しましょう。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

 

TOP page

あなたにおすすめの記事