BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.10.05 マスクの肌トラブル3つの要素とケアを美容鍼で!

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、

マスクの肌トラブル3つの要素とケアを美容鍼で!

についてです。

 

コロナウィルス感染予防に伴い、

マスク着用がほぼ義務化している状況で、

マスクを長時間つけなくてはいけないですよね。

 

そのせいで、赤みや痒みなどの肌トラブル・ニキビ・吹き出物

(特にマスクの当たる部分に)のお悩みの方が増えています。

 

大人ニキビがなかなか治らないとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

マスクや手洗い・アルコール消毒で肌トラブルに?「新しい生活様式」の ...

 

マスクをしたお肌の状態は?

 

①熱による蒸れ

マスク内は、吐いた息で中が蒸れて、温度や湿度が高くなり、

毛穴が開きやすい状態になっていますが、

さらに、会話や咳、くしゃみ、吐いた息や唾液からの雑菌が繁殖しやすい状態になります。

 

マスク内は高温多湿な為、皮膚は柔らかくなり、

少しの刺激でも傷つきやすい状態で、皮脂や汗が刺激になり、

バランス肌荒れの原因に特に繁殖しやすいのです。

 

また開いた毛穴に雑菌や汚れが詰まりニキビ・吹き出物、大人ニキビの原因の元となります。

 

②乾燥

ムレているから水分はたっぷりあると思いがちですが、

マスクの中の温度や湿度が高くなることで、汗をかいたり、

水蒸気が溜まったりします。

 

この水分が蒸発すると、

肌組織の中の潤い成分を担う水分が奪われていきます、

マスクを外した直後は、肌表面の水分が蒸発し乾燥、

それを長時間放置してしまうと、乾燥からゴワゴワ固く、

触り心地も良くない肌につながります。

 

また、シワの原因の元にもなります、シワが濃くなった気がしたり、

老けた気がすると気づいた方もいるのではないでしょうか。

 

③摩擦

上記2つの理由に加えて、

マスクの素材による摩擦は肌のバリア機能を低下させてしまい、

ダメージを受けやすく、ニキビや肌荒れがおきやすくなっています。

 

特に、大人ニキビは摩擦によって生じやすいといわれています。

 

マスクで荒れてしまったお肌のケアについて

 

肌荒れ、にきび…マスク肌トラブルを回避する4つのスキンケア法 - 今 ...

 

・マスクとお肌の間にコットンを乗せたり、

保湿効果に優れたクリームなどを下地に使用することなどをオススメします。

 

・通気性のよいマスクを選びましょう、マスクの素材に関しては、

一般的には、不織布マスクよりもガーゼマスクの方が肌に優しいと言われています。

通気性の良いガーゼマスクで、

肌触りの良い柔らかい素材のものを使用し、

こまめに洗濯、清潔に保つようにしましょう。

 

特に今夏の蒸し暑い時期には、汗をかいたりした時には、

こまめに拭いたりすることも大切です。

 

・マスク内で繁殖した雑菌はお肌にも付着していますので、

丁寧な洗顔をする時には、

ゴシゴシとこすり過ぎないようを心掛けましょう。

 

この時期は紫外線から肌を守るため、

日焼け止めクリームを塗りますが、毛穴に詰まった汚れが、

肌荒れも引き起こしてしまいがちです。

 

日焼け止めクリームを使用した場合は、

いつも以上にしっかりと落とすようにしましょう。

 

・乾燥には保湿などがとっても重要です、

今の季節は紫外線量が増えるため、

紫外線による乾燥ダメージも加わってしまいます。

 

乾燥しやすい場合には、洗顔後、手持ちの保湿剤の他、

白色ワセリンやプロペトを上から重ねて塗るなど保湿をしましょう。

 

こんな時期だからこそ、お肌のお手入れはもちろん、

リラックスするためにも、美容鍼がおすすめなのです。

 

美容鍼灸での美肌ケアをオススメします!

riyu-pic6_03

 

美容鍼灸の魅力は、お肌の組織の中に直接アプローチができることです。

鍼でツボや筋肉、そして組織を支える筋膜に微小な傷をつけることで、

組織が活性化し、お肌本来の力を取り戻すことができます。

 

美容鍼はお肌のターンオーバーを整えて、肌質の改善にもなります。

その過程で、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されます。

日々のストレスで、お疲れ気味のお肌や、

加齢によるターンオーバーのスピード低下をサポートすることで、

しわ、たるみ、きめ細かいお肌の構造が復活し、美肌効果へと繋がります。

 

カラダの内側から美肌ケアをしましょう

 

今の環境や気候変化もストレスとなり、ココロとカラダの不調を生み出します。

美容鍼でしっかりケアをして、

強い肌の状態を維持できれは、ニキビやシワが出来てしまったとしても、

早期に改善していれば、予防にもなります。

 

美容鍼で肌の内側が潤っている状態をつくり、

肌を守る菌を元気にしてあげることで、肌を守り、

血流が上がっているので、自己治癒力も高くなります。

 

顔に鍼をすることで、意図的に微細な傷を付け、組織、細胞が修復します。

それにより内側から肌の状態が整います。

 

美肌のための良い習慣は、ココロとカラダのケアが大切です。

また、普段から意識して使わないと、

30%しか使われていない顔の表情を作っている表情筋が、

マスクのせいで今はほぼ使えていない人が多くなっています。

 

さらに、顎の動きも悪いので、そのままでいると、どんどん老け顔になってしまいます。

美容鍼をすることで、

表情筋にもしっかり刺激を入れて鈍っていた筋肉を活性化に導いてくれますよ。

 

今からでも全く遅くありませんし、男女問わず美容鍼はオススメです。

セルフケアでの限界を感じていたり

何をしても効果が感じられないなと思ったら、

美容鍼を肌ケア習慣に取り入れてみませんか?

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

トップページ

あなたにおすすめの記事