BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020.11.18 猫背を正してダイエット効果をアップしよう!

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、猫背を正して

ダイエット効果をアップしよう!

 

ぽっこりお腹、肩こり、もしかして姿勢が原因?知っておきたい猫背の ...

 

長時間のデスクワークで腰痛に悩まされていたり、

ポッコリお腹が気になる方、

毎日トレーニングをしているのに

体脂肪がなかなか減らないなと感じている方はいませんか?

 

もしかしたら、

姿勢の悪さ=猫背が

関係しているかも!?

 

猫背が原因で、

脂肪燃焼効率が低下しているせいかも知れません、

効率アップをして、

ダイエット効果をを上げるための

ポイントなどをお話していきたいと思います。

 

自分の姿勢は大丈夫?

まずは、姿勢をチェック!

 

 猫背チェック* | ふじい鍼灸整骨院のブログ

 

自分ではなかなか気づきにくい猫背、

実は猫背は見た目の印象が老けて見えたり、

スタイルも悪くしてしまうのです。

 

まずは簡単なチェック方法で、

自分の姿勢を振り返ってみましょう。

 

まず壁に背を向けてに立ち、

かかと、お尻、肩(肩甲骨)、

頭を付けて立ちましょう。

 

頭が壁に付きにくい、もしくは、

頭が付いても腰と壁の隙間が大きくなったという場合、

普段の姿勢が「猫背」の可能性があります。

 

もしかしたら有酸素運動をする時

猫背の姿勢のままで運動していませんか?

そうなると悪い姿勢で運動をしても、

脂肪燃焼効果は低く、

ダイエット効果が上がらないと言えます。

 

では、なぜ、

猫背の姿勢では脂肪燃焼効率が

ダウンしてしまううのでしょうか?

 

猫背はどうして

脂肪燃焼効率がダウンするの?

 

①身体に取り込める酸素の量が少ない

 

猫背の姿勢のまま居ると、

換気量が低下し、取り込めるはずの

酸素の量が少なくなってしまうからです。

 

仮に、背中を丸めた猫背の姿勢で呼吸をしてから、

真っ直ぐに背骨を伸ばし正しい姿勢で

呼吸をしてみて下さい、

その違いが如実に現れ、実感するはずです。

 

背中を丸めた猫背の状態では、

肺や心臓を取り囲む胸郭が狭くなってしまい、

浅い呼吸しかできません、

それは、取り込むことが可能な酸素の量が

少なくなることに繋がってしまいます。

 

脂肪は糖質と比べると、

その中に含まれている酸素の量が

少ないと言われており、

脂肪を燃焼させる為には、

大量の酸素が必要とされるのですが、

上手く体内に酸素を取り込めまいのであれば、

脂肪燃焼効率が低下してしまうと言えるでしょう。

 

②褐色脂肪細胞

(脂肪を燃やす機能がある細胞)

 

“褐色脂肪細胞”は、

体脂肪で有名な

“白色脂肪細胞”とは異なり、

脂肪を燃焼を促進する役割をもつ細胞で、

身体の決まった場所にしか存在せず、

首・脊髄・肩や肩甲骨の周辺や脇の下にありますが、

年齢と共に減少して行くので、

燃焼効率をあげるには活性化させるしか無いのです。

そこで、肩甲骨周辺の筋肉が硬くなる

猫背の姿勢を続けてしまうと、

血行不良や細胞への刺激が与えられなくなり

働きが弱まってしまうと言えます。

 

以上が、猫背の姿勢でいくら

頑張ってエクササイズを行ったとしても、

脂肪燃焼効率がダウンしてしまい、

効果が得られないと言われる理由です。

 

まずは、猫背の姿勢を正しい姿勢に近づけて、

脂肪燃焼効率アップをはかりましょう!

 

 最近話題の“やせる細胞”「褐色脂肪細胞」の増やし方に迫る! | ウェルラボ

 

猫背を改善する方法

 

猫背の姿勢は、背中が丸まった状態なので、

胸の筋肉(大胸筋と小胸筋)の緊張が高く

肩甲骨を内側に引き寄せる力、

筋肉の機能が低下した状態を指します。

 

猫背の姿勢をリセットするためには、

胸の筋肉の緊張を緩めるストレッチと、

肩甲骨を内側に寄せる動作を高める

ストレッチの両方を行うと効果的で、

それと共に肩甲骨付近に存在する

褐色脂肪細胞を活性化出来るように

肩回しストレッチをしましょう。

 

①胸の筋肉を緩めるストレッチ

 

まず脚を前後に開きます、

右手を壁に添えて手から肘の腕を壁につけます。

 

壁を抑えた腕と肘、肩の位置を

支点にするイメージで、

胸をはがすように体を反対側へひねることで、

大胸筋がストレッチされます。

 

左右それぞれ、

心地よい伸びを感じられる程度のひねり方で、

20~30秒間行いましょう。

 

腕と肘の位置を変えることで

大胸筋全般の筋肉をほぐすことができますので、

自分の丁度いいポイントを見つけて行いましょう。

 

 大胸筋のストレッチ方法!簡単にほぐして歪みを改善ケアしよう - Activeる!

 

②肩甲骨を高めるストレッチ

 

手から肘までの腕を顔の前で合わせると

肩甲骨が外に開いた状態になりますね、

次に肩甲骨を内側に引き寄せていく様に、

手から肘までの腕をを離していきましょう、

これを10回繰り返し行いましょう。

ゆっくりと行うと効果的です。

 

 肩甲骨を寄せる | 【助産師ワーママ】マニアックな兄妹育児diary(5歳&1歳)

 

③肩の筋肉をほぐすストレッチ

 

手指をそれぞれ肩の上に乗せて、

その姿勢のまま肘で円を描くような感じで、

前回し10回、後ろ回し10回行いましょう、

慣れてきたら大きな円を意識してみましょう。

 

尚、必ず肩甲骨を内側に寄せた状態や、

胸が開いた状態でストレッチを終えるようにしましょう。

正しい形や高めたい動きで終わらせると、

その姿勢をキープすることが出来るからです。

 

イメージで肩回しの効果UP! | Relaxation space てせら

 

トレッチは継続することで効果がみられます、

も直ぐに試せるストレッチです、

職場の休憩時間に、家事の合間になど、

まずは続けてみてください。

 

ただ、ストレッチをしている際に、

関節の痛みを感じたり、

なんとなく違和感を感じる時などは、

無理せずに休みましょう、

そのまま続けてしまいますと、

関節痛などを悪化させてしまう危険性が高まるからです。

不安やお悩みはお一人で抱えず、

当院までお気軽にご相談ください。

 

姿勢を正すコツや、

接骨院ならではの観点からアドバイスさせていただき、

気持ちよく毎日を過ごせるサポートが出来るように、

考えております。

 

大事なことは、ストレッチをしながら、

が心地よく伸びていると感じることです。

 

日常生活で何気なく行っている立つ、

座るの動作も、正しい姿勢を意識して、

効果的で安全なストレッチを心がけながら、

猫背を改善してダイエット効果をアップさせていきましょう!

 

やすだ鍼灸接骨院では

猫背を含めた姿勢の評価より

全身のバランス整体をおこない

維持するためのインナーマッスル強化

筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

 

 

TOP page

あなたにおすすめの記事