BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020/12/11マスクによる肌荒れと美容鍼

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、マスクによる肌荒れと美容鍼について

 

マスクによる肌荒れ対策に】おすすめスキンケアで快適なマスク生活を ...

?

新型コロナウイルスの影響により、

マスクをつけない日はないという今までには

考えられない生活が始まり、

もうすぐ1年が経とうとしています。

 

アルコール消毒により1年中手荒れがおさまらないという

皆さんの悩みもよくお聞きしますが、

マスクによる肌荒れでお悩みではありませんか?

 

マスクをしている時のお肌のお手入れ方法によっては、

マスクが味方になることもあれば

良くない環境を作りだすこともあります。

 

マスクをしている時に

メイクする?しない?

 

マスクメイク術《保存版》フルメイクでも崩れない方法&おすすめ ...

?

マスク着用時のメイク方法がYouTube等でも

注目されているように、

額から鼻までのベースメイクと、

いつもより濃い目のアイメイクが一般的になりつつあります。

 

しかし食事や水分補給の時などを想定すると、

マスクで隠れている場所の

ベースメイクや保湿の問題も気になるところ。

 

マスクを取ったら

顔の上半分と下半分のギャップがありすぎる!

 

とならないように、

マスクの中も軽く肌の色を調整する程度の

ベースメイクをするケースが考えられます。

 

最近ではマスクをしても

ヨレないファンデーションの種類も増えて、

フルメイクをした上からマスクをして

一日を過ごす方も増えているかもしれませんね。

 

在宅の時は日焼け止めの上からマスクで済んでも、

外出時にはマスクの下まで手抜きできない…

なかなか肌への負担が減らないのが現実ですね。

 

崩れにくいマスク用メイク&肌荒れ対策のポイントまとめ|おすすめ ...

 

マスクが肌に与える

メリットとデメリット

 

? メリット

・常に保湿されている

 

なんといってもマスクの一番のメリットは、

外気にさらされているよりも保湿されている点です。

 

体の中でも二の腕の内側や太もも・お尻のお肌が

きめ細かいのは外気にさらされる機会が

圧倒的に少ないからであり、

紫外線を浴びることもなければ

メイクをオンオフする刺激を受けることもなく、

いつも洋服で保湿&保温されていると言えます。

 

衛生面に気をつければ、

マスクをすることで鼻から下は

この状態を作り出すことも可能となるわけです。

?

・紫外線を遮る効果もある

?

100%ではありませんが、

素肌でいるよりもマスクをしている時の方が

紫外線は遮断できます。

 

Qoo10] UVカット日焼け防止マスク布マスク UV... : 下着・レッグウェア

 

紫外線は肌の奥の深層部まで入り込んで、

新陳代謝を乱すだけではなく

老化を早める悪影響もありますので1年中対策が必要です。

 

マスクそのものに紫外線を遮断する素材が

使用されていれば、

マスクの下は素っぴんでも

より安心ということになりますね。

?

? デメリット

・雑菌が繁殖しやすい

 

保湿されている反面、通気性は良くないため

肌が蒸れている状態が続きます。

 

湿度が高いと雑菌が繁殖しやすい環境を

作り出してしまいますので、

特に夏から秋の食品にカビが生えやすい季節に

ファンデーションの上からマスクをし続けるのは

肌にとって良いことではありませんね。

 

人が周りにいない時はマスクを外して、

適度に乾燥させることも心がけましょう。

?

・表情筋を動かす機会が減る

 

人と話す時でもマスクしていると、

いつもより表情を動かす必要性がないので

口を大きく開けたり口角を上げたりする機会が減ります。

 

この1年でめっきり顔が疲れたように感じる人は、

自宅でマスクをしていない時に

表情を大きく動かすようにして、

顔の血行を促進するようにしたいものです。

 

マスクで顔がたるむ?!簡単・表情筋トレーニングで笑顔美人に!

?

どうしても

ファンデーションの上から

マスクをしなければならない時は

 

仕事をするということ⑫ 困ること、困った時|仕事をするということ⑫ ...

 

マスクの性質上、

通気性を向上させるわけにはいきませんので、

1年中何かをお肌に塗った上から

マスクをすることは避けられないでしょう。

 

そのお顔に塗布するものによっては、

適度に保湿されてお肌の状態を良く保ってくれるものもあれば、

マスクの中で雑菌を繁殖させることになり

なかなか肌荒れが治らない環境を作り出してしまうこともあります。

 

ファンデーションそのものが毛穴を塞ぐ上に、

さらにマスクをするとなると

毛穴が過剰に塞がれてしまうのは想像に難くないのです。

 

しかしお仕事で人前に出るなど、

どうしてもメイクの上からマスクを付ける必要がある時は、

ミネラル分の多い成分でできている下地や

石鹸でオフできるファンデーションなど

できる限るお肌に負担のかかりにくいものにして、

帰宅したらすぐに優しく落とせるものを選ぶと良いでしょう。

 

マスクによる

肌荒れがおさまらない時は

 

要注意!マスクによるニキビや肌荒れ|豆腐の盛田屋

 

抗菌作用のある塗り薬や、

内服する抗生物質や炎症止めを飲まないと

完治しない肌荒れになってしまった場合は、

医療機関で相談して

適切な処置をしていかなければなりません。

 

マスクの下を化粧水や乳液だけにして過ごしても

肌荒れが悪化する場合、

肌のバランスが崩れていることが考えられます。

 

丁寧に洗顔をして、肌に負担をかけない

優しい保湿だけをして1週間〜2週間過ごしても

肌荒れが改善されない場合は、

早めに専門的な医療機関を受診しましょう。

 

その上で、肌の新陳代謝を高めていくと

バリア機能も高まり、

美肌効果もアップしますので

美容鍼の効果をより感じていただけるかと思います。

 

ホームズ】美容鍼生活のススメ。むくみ、毛穴の開き、リフトアップにも ...

 

マスクをして人目につかないからと

お手入れを怠っていると、

いざメイクをしなければならない時に

お肌の状態が追い付かないと困りますよね。

 

お顔のたるみ、毛穴の開き、目の下のクマ改善、

くすみのケアなど気になる方はお気軽にご相談くださいね。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

 

名古屋市北区上飯田で唯一のアンチエイジング美容鍼ならやすだ鍼灸院へ (nagoya-biyoubari.com)

あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る