BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021.01.19 有酸素運動で美肌効果と美容鍼

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、有酸素運動で美肌効果と美容鍼

 

いろいろ 運動 フリー素材 - Ikisozai

 

きちんとお手入れをしても

お肌がくすんで見える季節がやってきましたね。

 

冬になると手足の乾燥に加えて、

お肌がすぐ乾燥する、化粧のノリが悪い、

顔色が悪く見える、目の下のクマがひどくなる、

化粧水がうまく導入されないなどの

マイナートラブルが増えるのはなぜでしょうか。

 

これは単純に他の季節に比べて

湿度が目立って低いのも要因ではありますが、

体温も代謝も下がって

皮膚が硬くなりやすいのも原因の一つとなります。

 

衣服で保温するのが難しい場所だからこそ

知っておきたい、

冬場のお肌の保温力・代謝力の

高め方についておさらいしておきましょう。

 

 

お肌の保水力を高めるには

スチーマーを上手に取り入れる

 

4000円以下のスチーマーはあり?なし?プチプラビューティー家電を大 ...

 

何度も何度もパッティングをしているのに

化粧水がうまく導入されない時は、

お肌を温めながら柔らかくするのが必須です。

 

そういう意味で「美顔器」というものは

大変理にかなっていて、

お肌を柔らかくしながら保水力を高めて、

そのあとの基礎化粧品が導入されやすいようにする

機能が備わっています。

 

自宅にスチーマーや美顔器が無い場合は、

電子レンジで温めたホットタオルを

お顔に当ててからスタートするだけでも、

お肌の保水力が高まるのが実感できます。

 

美肌のプロが教えるとっておき洗顔法】ホットタオル洗顔で年齢知らずの ...

 

これは湯船に浸かって

お顔を蒸気で温めることで応用できますし、

何も持ち合わせていない時は

自分の手の平でお顔を温めるだけでも

随分違いますのでお試しくださいね。

 

 

適度な有酸素運動で

美肌効果を高めよう!

どんな方法が有効?

 

・15分程度のウォーキング

ウォーキングの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

運動をした後に顔が上気するように、

適度な有酸素運動をした後は心拍数も上がり、

心臓から送られる血液の量も増えて体温が上昇します。

 

夏場は15分以上のウォーキングを続けようと思うと、

汗だくになってしまい

お肌は逆に水分と油分が失われて

乾燥を招く事態にもなりますが、

冬場は体温を上げるためにも

お肌の保水力を上げるためにも

「心拍数を上げる」方法が有効な手段となります。

 

いつもよりも1駅手前から会社や学校まで歩く、

自転車で済ませたくなる距離を敢えて

ウォーキングに置き換えるなど、

週に2~3回の有酸素運動が体温を高めて

お肌の柔軟性の維持に繋がります。

 

 

・縄が無くてもOK!縄跳び

縄跳びは子供の頃以来いつ触ったか記憶がない…

という方も多いと思いますが、

わざわざ外に行かなくても

手軽にできる有酸素運動として

見直されているのはご存じですか?

 

最近では縄の無いエア縄跳びも販売されているぐらいで、

手に持つ部分があれば室内で飛ぶだけでも

カウントしてくれるので、

忙しくてウォーキングの時間が取れない方にもおススメです。

縄跳び(なわとび) | 商用可無料写真素材のフリーフォトハウス

縄跳びを飛んだ翌日に一番筋肉痛になると言われている場所は、

実はふくらはぎであり、

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているほど

血流を促すポンプの役割を果たしているぐらいですので、

血行を促進したい方だけでなく

浮腫みやすい方にも適した有酸素運動と言えます。

 

最初から無理をする必要はありませんから、

回数の目安としては60回を5セット程度から

スタートすると体にも負担が少ないでしょう。

 

 

・30㎝程度の段差があればできる!

 踏み台昇降運動

階段を上る時よりも降りる時の方が

筋力を使うと言われているように、

踏み台昇降で注目するべきところは

段差から後ろ向きに降りるとき

背中側の筋肉が活躍するという点です。

 

私たちは日常生活において、

体の前面はよく使うのに対して

背面を使う機会はほとんどありません。

 

また階段を後ろ向きで降りることも絶対にありません。

 

そこで心拍数を上げて有酸素運動をしながら、

普段使わない後ろ側の筋肉を有効活用できるのが

踏み台昇降運動ということになります。

 

背中だけでなく、

太ももの裏側やふくらはぎにも

効率よくアプローチすることができます。

 

 

有酸素運動ができない時でも入浴はマスト!

お風呂ダイエットで痩せられるって本当?おすすめの入浴方法 ...

できれば1日に10分~15分の有酸素運動をする

時間が取れるのが理想的ではありますが、

そんな時間が取れない時はきちんと入浴するようにしましょう。

 

体温が上がれば免疫力も基礎代謝も上がりますし、

お肌の柔軟性もキープすることに繋がります。

 

42度前後の温度でゆっくり浸かると

体の芯から温まり、冬場の冷え性対策にも効果的です。

 

もしも、そんなゆっくり浸かる時間が無いという時は、

「お湯に浸かる→出る」

の繰り返しを短時間に何度も行うと体温の上がりやすくなります。

 

ただしこの方法は心臓に負荷がかかるため、

妊娠中の方や持病がある方は控えた方がよいですね。

 

 

激しい運動による

免疫力の低下に気をつけましょう

 

有酸素運動が美肌効果も高めると

聞くと張り切って

運動したくなるような気持になってしまいますが、

急に激しい運動をすると

急激に体温が上昇してから

下降しやすくなるため

免疫力が低下して風邪をひきやすくなります。

 

せっかく体温を上げる習慣をつけようとしているのに

スタートから体調を崩していては逆効果ですから、

くれぐれも最初から無理をせず、

徐々に有酸素運動を取り入れて体温と免疫力、

お肌の保水力を高めていくようにしましょう。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

名古屋市北区上飯田で唯一のアンチエイジング美容鍼ならやすだ鍼灸院へ (nagoya-biyoubari.com)

 

 

あなたにおすすめの記事