BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021/03/11洗顔効果のあるシートパックの特徴と美容鍼

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、洗顔効果のあるシートパックの特徴と美容鍼

 

洗顔とスキンケアが1枚のシートパックで完了する、

そんな究極の時短アイテムが

ここ数年で様々な年代に定着してきたように思います。

 

皆さんは使用したことはありますか?

一見、60秒で朝のスキンケアが完了するなら

毎日でも使いたい!

と思うほど便利に見えますが、

実際は肌のタイプに合う人と合わない人が存在しますので、

少しだけ慎重に取り入れた方が良さそうです。

 

もちろん、肌荒れもせず化粧ノリも良くなる肌質の人も

たくさんいらっしゃいますので、

自分の肌質が洗顔もできるシートパックで

順調かどうか試してみる価値はあるでしょう。

 

では洗顔効果のあるシートパックの特徴と、

気を付けたいポイントについて考えてみましょう。

 

?

■洗顔効果のあるシートパックの特徴

 

もともとの起源は、

洗顔シートや

体を拭く汗拭きシートから派生しています。

 

この洗浄成分に加えて、

保湿成分や美容液成分を配合することで、

洗浄と保湿が同時に行えるように

なったのが最大の特徴です。

 

朝用、夜用、男性用、女性用など分かれているのは、

必要となる洗浄力と保湿成分のバランスが

朝晩や男女で違いがあるためであり、

その点を考えると朝用だから…

男性用だから…と選ぶより、

洗浄力の使用感や使用後の保湿効果などを参考に、

自分の肌質とより相性のよい

シートパックを選ぶことが大切です。

 

 

■シートパック選び、どんなことに気をつける?

?

・洗浄力が高すぎないかどうか

パックをするだけで洗顔もできる

 = ある程度洗浄力もあるという意味です。

 

お肌が敏感な方はその洗浄成分の一部に

アルコール由来のものが含まれていると、

必要な成分まで奪われてしまい乾燥の原因となります。

 

そのような場合は、保湿まで1枚で完了すると

うたっていても重ねて

普段の保湿をしておくことをおすすめします。

 

また汗をかきやすい夏場はさっぱりして調子が良くても、

冬場には向かないこともありますので、

洗顔シートパックの後

ベースメイクが乾燥するようであれば、

冬場の使用は控えた方が良い

肌質の方もいらっしゃいますね。

 

実際はよく泡立てた洗顔料で

やさしく洗う方が

肌への負担は少ないと言われています。

 

・保湿は十分にできているかどうか

洗顔効果のあるシートパックの中には、

化粧下地効果まで備えており、

そのままベースメイクに進めるものもありますが、

年齢肌や敏感肌には少し保湿が足りないのが現実です。

 

特に皮脂の出やすい小鼻周りで

ちょうど良い洗浄&保湿力であれば、

なおさら毛穴の開きやすい頬や額には

保湿が十分でないことが挙げられます。

 

このように考えると、

洗顔シートパックは成分を顔のパーツごとに

選ぶことはできませんから、

混合肌の方も

一度にケアできるアイテムではないということがわかります。

 

活用する場面としては、

メイクをしていない日の就寝前や

寝起きにふき取り化粧水を使う感覚で使用する。

 

あるいは、ノーメイクの出先で急遽

メイクが必要になったときに、

肌表面の汚れを取り除く用途で使用する、

といったケースで活用できるでしょう。

 

・肌の汚れ残りが毛穴トラブルになっていないか

洗浄力が強すぎてもトラブルになりますが、

個々の肌質によっては

洗浄力が足りずに毛穴に汚れが詰まったままとなり、

吹き出物などの肌トラブルになることがあります。

 

特に肌表面の雑菌が残ったまま

マスクをして1日中過ごすと、

さらに菌が繁殖して

肌荒れが悪化することにもなり兼ねません。

 

万が一肌荒れの症状が出ている場合は、

洗顔効果のあるシートパックが直接の原因ではないとしても、

一時的に使用を見合わせて

通常の洗顔とシンプルな保湿に戻し、

しばらく様子を見た方が安心ですね。

 

また毛穴トラブルが絶えない箇所の傾向を特定しておくと、

今後のケアのヒントになり大変有効です。

 

 

■ 肌をこすらないメリット、

 きちんと洗顔できないデメリット

 

シートパックで洗顔を済ませるメリットは、

肌に摩擦を加えないため負担が少ないという一面であり、

逆にきめ細かい泡で丁寧な洗顔は

求められないのがデメリットになります。

 

皮脂の分泌量が多い中高生であれば

シートパックの一定の洗浄成分で

すっきりするかもしれませんが、

30代以降の毛穴が整いにくい年齢肌世代には、

強い洗浄力と控えめな保湿力が

裏目に出る可能性は大いにあります。

 

その点を考慮して、毎日のメインの使用は避け、

たまのお手軽ケアとして

利用するという活用方法が

一番相性として良いのかもしれませんね。

 

 

■毛穴トラブルが落ち着かない時は

 

普段の洗顔と保湿をしていても毛穴の開き、

たるみ、吹き出物といったトラブルが起きる場合は、

まずメイクそのものを中断して

肌にできるかぎり負担をかけない生活心がけましょう。

 

それでもおさまらない時は、

炎症を起こしている根本から塗り薬や飲み薬を

処方しなければ完治しないケースもありますし、

毛穴の形が整わなくなることで

洗顔や保湿がうまくいかず

毛穴トラブルになっているケースもあります。

 

いずれにしてもセルフケアで限界を感じる時は、

専門の医療機関や

アンチエイジングに特化したケアを

プラスアルファすることで

解決を目指してみてはいかがでしょうか。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

 

あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る