BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021/03/16顔の歪み5つのチェックと6つのNG習慣と美容鍼の効果

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、顔の歪み5つのチェックと

6つのNG習慣と美容鍼の効果

 

 

ふと鏡に映った自分の顔を見た時に、

左右の目の大きさの違いや

口元の歪みが気になったことはありませんか?

 

もともと人間の顔は左右がアンバランスに出来ていると

言われていますが、

人間の目は左右のバランスがとれた

顔立ちを美しいと感じるそうです。

 

そのため、お肌の手入れやシワの対策は

もちろん重要ですが、

顔のバランスを整える事も大切です!

 

■顔の歪みチェック

 

①顔を反転してみる

お手持ちのスマートフォンで自分の顔を1度撮影し、

反転モードで見比べてみて下さい。

 

常に見慣れている自分の顔とは違い、

反転した顔を見てみると歪みが分かりやすくなりますよ。

 

②目の大きさを比べてみる

最も歪みが現れやすいのは「目」です。

目の位置がずれてしまっていたり、

左右で大きさが違いませんか?

目の大きさ左右変わってしまうと、

顔全体のバランスも崩れて見えやすくなってしまいます。

 

③ほうれい線の深さや長さを比べる

ニコッと笑った時に出来る

ほうれい線が左右で違っていると、

口元が歪んで見える原因となります。

しわの「深さ」や、どこまで伸びているか

「長さ」にも注目してみましょう。

④左右でメイクのしやすさが違う

普段メイクをする際に、

「右(左)の方がいつもうまくいく」といった経験はありませんか?

 

もちろん単純に利き手の問題もありますが、

左右のバランスが均等でない可能性もあります。

 

分かりやすいのがアイブロウで、

眉はなかなか均等に描くのが難しいため、

歪みの影響を受けやすいパーツと言われています。

 

⑤割りばしをくわえてみる

鏡の前で割りばしなどの真っすぐなものをくわえてみましょう。

自然に加えた時に、割りばしは平行になっていますか?

どちらかに傾いてしまっている人は、

顔が歪んでいる可能性があります。

 

■顔の歪みの原因になるNG習慣

 

①片側のみで食べ物を噛んでいる

食事の時の口の動きはどうなっていますか?

物を噛む際に右か左のどちらかばかりを

使ってしまっていませんか?

 

片側ばかりを使い続けることで、

使っているほうの筋肉ばかりが

発達してしまい顔の歪みの原因となってしまいます。

 

また、噛む方の筋肉が発達してしまうと、

同時に使わない方の筋肉はどんどんと衰えてしまうため、

歯茎が下がってしまったり、

シワやたるみなどに繋がる可能性もあるので、

食事の際は両側を均等に使うように心がけましょう。

 

②立ち方や歩き方のバランスが悪い

立っている時の姿勢は、しっかりとバランスがとれていますか?

どちらか片方の足に体重がかかってしまっていると、

靴のすり減りが左右違ってくるので一度確認してみて下さいね。

体のどこか1か所でもバランスが崩れてしまっていると、

全体が歪んでくると言われていますが、これは顔も例外ではありません。

一見関係ないと思いがちな

「立ち方」「歩き方」「座り方」

も顔の歪みに大きな影響を及ぼします。

 

片方の膝を曲げて立つ癖があったり、

座っている時によく足を組むという人は、

筋肉や脂肪のつき方に偏りが生まれてしまうため、

顔や体のバランスが崩れやすくなってしまうので注意しましょう。

 

③バッグを持つ手に偏りがある

リュックサックなどは左右の方に均等に重みが加わりますが、

トートバッグやショルダーバッグなどはそうはいきません。

 

バッグを持つ手はどちらかの手ばかり使っていませんか?

 

中身が軽いバックであっても、

次第にバックを持っているほうの

手や肩が下がってしまう場合があり、

体の歪みに繋がってしまいます。

 

④頬杖をつく癖

授業中や仕事中、無意識に「頬杖」をついていませんか?

頬杖はどちらかの顎に長時間圧力が加わるため、

筋肉や脂肪の付き方が変わったり、

顎の骨を歪めてしまう原因にもなります。

 

骨が歪んでしまうと、

自力ではなかなか対処できなくなってしまうので気を付けましょう。

 

意外な事に人間は「顎」が1番重いパーツと言われており、

ついつい顎を支えるために頬杖をついてしまいがちです。

 

日常生活の中で「頬杖」を避けるために、

リラックスできるクッションなどの

アイテムを探してみるのも良いのではないでしょうか。

⑤うつ伏せで寝る

人間は本来、

仰向けで寝るのが1番良い姿勢と言われていますが、

うつ伏せが寝やすい!という人も増えてきています。

 

しかし、うつ伏せは顔が圧迫されたり

首に負担がかかりやすい姿勢なのでなるべく避けましょう。

 

うつ伏せで寝る事で、

血の流れが圧迫されて浮腫みの原因となってしまう事も

あるため、

寝る時はなるべく仰向けや横向きの姿勢を心掛けましょう。

 

⑥ストレスが多い

毎日の仕事や家事などで知らないうちに

ストレスをため込んでしまっていることも・・・。

 

そんな時に、無意識のうちに歯を食いしばっていることがあります。

 

歯をギュッと食いしばってしまうと、

歯への負担以外にも顎や首の筋肉にも影響を及ぼしてしまいます。

 

顔の歪みに繋がるだけでなく物を噛みにくくなったり、

活舌に影響が出る可能性があるので注意が必要です。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る