BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021/04/16顔のタイプと鍛える表情筋と美容鍼の効果


名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回のテーマは、

「顔のタイプと鍛える表情筋と

美容鍼の効果」です。

 

 

年齢を重ねるとともに、

顔のたるみや筋肉のこわばりを

感じる事が増えてきますよね。

 

もちろん肌ケアや

リフトアップマッサージなどもかかせませんが、

たるみやこわばりには表情を作るときに使う

「表情筋」が大きく関係していることを

ご存知でしょうか?


表情筋はおでこからあごまで、

顔全体に30種類以上もある

重要な筋肉なんです!

 そのため、

表情筋を鍛える事で肌のたるみやこわばりを

改善する効果が期待できます。

 

ここでは、若々しい表情を作るのに欠かせない

「表情筋」

についてお話していきたいと思います。

 

 

表情筋とは?

 

表情筋とは、

目・鼻・口・眉など様々な箇所を

動かす筋肉のことを言います。

 

名前の通り、

笑い顔や怒った顔など、

感情を表す表情を作り出す他にも、

物を食べたり飲んだり、

目を開閉したりしゃべったりと、

日常生活には欠かせない

動きにも使われている重要な筋肉です。

 

他の身体の筋肉は骨と骨をつなぐのに対して、

表情筋は皮膚と筋肉の端が

直接つながっている珍しい筋肉なんですよ。

 

鍛えるべき表情筋は

顔のタイプによって違う!?

 

顔の形はひとそれぞれ異なるため、

タイプによって

シワやたるみができやすい箇所が違ってきます。

 

自分の顔がどのタイプに当てはまるのか知っておけば、

より効果的にトレーニングができますよ!

 

 

・丸顔


綺麗に円を描いたような丸顔のタイプは、

頬の部分に脂肪がつきやすくなるため、

頬の表情筋が衰えるにつれて

その脂肪が垂れ下がってしまい、

ブルドックのようにあごの下あたりに

シワがでてきてしまう可能性があります。

 

また、二重顎にもなりやすいため、

頬と顎を重点的に

トレーニングするのがおススメです。

 

 

・たまご型


面長なたまご型をしたタイプは、

特に目元にシワやたるみが出やすい傾向にあります。

目の周りの表情筋を整える事で、

若々しい印象を与える事ができます。

 

 

・四角型


少しエラが張ったような形の四角型タイプは、

口元に負担がかかりやすいため、

口元の表情筋を意識してトレーニングするのがおススメです。

 

 

・逆三角形型


あごが尖っていてシャープな印象を与える逆三角形タイプは、

歳を重ねるにつれて顎のたるみや口角が下がりがちです。

頬の辺りの表情筋や口角UPに使う筋肉を

トレーニングするのが良いでしょう。

 

表情筋が衰える原因

 

表情筋が衰える原因は、

表情の癖や加齢・筋力の低下

姿勢の悪さが挙げられます。

 

中でも1番の問題とされているのが、

日本人は普段の生活で

表情筋全体の約30%しか使っていないという事です。

 

海外の人に比べて

日本人はリアクションも小さく無表情でいる時間が長い、


もしくは一部の表情筋しか使えていないため、

表情筋が衰えやすいと言われています。

 

顔の筋肉も体と同じように、

年齢を重ねたり普段から

使っていないと筋力はどんどん低下し、

筋肉を支える事ができなくなってしまい、

たるみが発生します。

 

また、猫背や巻き肩などの姿勢の乱れも

表情筋が衰える原因のひとつと言えます。

 

近年では、日常的にマスクを

装着する生活で無表情になりがちだったり、

SNSなどの普及で

直接コミュニケーションをとる機会が減少したりと、

現代人は気づかないうちに

表情筋が衰えてしまいがちなので注意が必要です。

 

 

綺麗な笑顔に!

スマイル筋エクササイズ

 

スマイル筋エクササイズ①


まずは、

くいしばりによって口角を下げてしまう

咬筋をほぐしてリセットしていきます。

 

1.頬骨の下にある、口を開閉した時に動く筋肉が咬筋です。

このくぼんだ部分を反対の手の親指でとらえ、

人差し指と中指はエラ骨の後ろを挟んで掴みます。


2.顔は正面を向いた状態で、

咬筋をしっかり挟んで抑えながら「あぐあぐ」と口を開閉し

て6セット繰り返します。(声は出さなくてもOKですよ)

これを5ミリ程度ずつ手を下にずらしていき、

計3か所やったら反対側も同様の行いましょう。

特に下側は硬くなりやすいので多めに行うと効果が期待できますよ。

 

スマイルエクササイズ②


緊張しがちな4つの筋肉を

ゆるめていくことで表情が作りやすくなります。

 

1.頬骨の下に療法の親指の腹を置き、

残りの指は側頭部に添えて位置を固定させます。

両手で頭を挟むようなポジションになります。

 

2.頬骨から5㎝ほど下を親指の腹でぐっと引き上げて、

斜め上に圧をかけながら同様

に口を大きく「あぐあぐ」と開閉させます。

これを6セット行い、

 

後ろの指は固定させたまま少しずつ親指を耳に向かってずらしていき、

計4か所を同様に行いましょう。

 

スマイル筋エクササイズ③


頬全体の凝った筋肉にアプローチしていきます。

 

1.小鼻の脇(両側)に人差し指の第一関節をつけ、

骨を押し当てるように2㎝ほど左右に

5回スライドさせます。

目頭に向かって下から上へ4箇所ずつあがっていき、

同様ほぐします。

皮膚をこするのではなく、

骨をほぐすイメージで行いましょう。

 

2.頬骨に沿いながら、

少し外側に指の位置をずらし同様に5回スライドさせ、

上に向かって4箇所ずらしほぐしていきます。

目尻の方まで縦に計4列に分けて

まんべんなくほぐしましょう。

(計16か所)

 

スマイル筋エクササイズ④


しっかりとほぐした後は、

綺麗な笑顔を作るために

筋肉を伸縮させるトレーニングが効果的です!

 

顔の中央の筋肉が年齢とともに衰え、

顔が横にひろがってしまうので、

トレーニングを行う事で中央の筋肉が

発達して若々しくみえる効果が期待できます。

 

1.人差し指と中指で小鼻の横の筋肉をとらえ、

しっかりと押さえたら「え」の口の動きで

前歯をしっかり見せます。

 

2.次に、「お」の口の動きで

鼻の下をしっかりと伸ばし「え・お・え・お」と

口を大きく動かします。

押さえた筋肉の伸び縮みを感じながら、

10セット繰り返しましょう。

筋肉を押さえながら行う事で、

筋肉の奥のリンパが流れて筋肉に弾力が戻ってきます。

スマイル筋エクササイズ③と同様に系16か所行いましょう。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

症状について、気になる方はコチラの詳細をご覧ください。

カウンセリングの写真

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る