BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021/05/05たるんだ二重あごをスッキリとしたフェイスラインに美容鍼で!!

名古屋市北区、

上飯田駅より徒歩3分の

やすだ鍼灸接骨院です。

今回はたるんだ二重あごを

スッキリとしたフェイスラインへは美容鍼です

 

鏡に映った顔を見て、

フェイスラインが気になった経験はありませんか?

 

前はもっとスッキリしていたのに、

顎にお肉が・・・。

フェイスラインのたるみは太って見えたり、

老け見えしてしまう原因となります。

 

そもそも二重あごができてしまう原因とは?

 

ここでは、多くの女性を悩ませる

フェイスラインのたるみについて

お話ししていきたいと思います。

 

 

二重あごの原因とは

① 舌の筋肉の衰え

うつむくと顎の下のお肉がもたつき、

横から見ると完全に二重顎に・・・。

 

若いころはなかったし、太ったわけでもないのに・・・

そんなケースは、舌の筋肉の衰えが

原因となっている可能性があります。

 

あご下には舌を動かすための

「舌骨筋群(ぜっこつきんぐん)」

という筋肉の集まりがあります。

 

この筋肉は加齢とともに衰えてしまうと

言われており、年を取ると共に血液やリンパの流れが

滞ってしまい浮腫みが起こり、

もったりとした二重あごに繋がってしまうとされています。

実は日本語の発音では、

この舌の筋肉があまり使われない為、

意識して動かさないと劣化しやすいと言われています。

 

 

② ストレスによる「食いしばり」

あごのたるみの原因として

まず挙げられるのが、加齢などによる表情筋の衰えです。

 

そしてもう一つがストレスによる

「食いしばり」です。

 

食いしばる時間が長いと、

口を開ける時に使う開口筋群の出番が

相対的に減ってしまい、劣化しやすくなってしまいます。

そして、この開口筋群は

あごの下のちょうど肌のたるみの

起きやすい部分にあります。

 

さらに、食いしばりは

筋肉の緊張状態を作り出し、

血液やリンパの流れを阻害し、

表情筋の衰えにも繋がると言われています。

 

③ 悪い姿勢で長時間をスマホを見る「スマホ首」

近年よく耳にするようになった「スマホ首」。

スマホ首とは、スマホを見る事で姿勢が崩れ、

首や肩がガチガチに硬くなってしまう事を言います。

 

スマホを見ている時は、

多くの場合首が前に出て、猫背になってしまいがちです。

 

更に、肘をついたり脚をくんだりと

悪い姿勢をとってしまう人が多いです。

 

しかも、頭のお重さは

平均で5㎏もあると言われており、

姿勢が崩れている時には約3倍もの重みを

感じているとされています。

肩・首への負担だけでなく、

スマホ首は二重アゴの要因にもなるので注意しましょう!

 

また、スマホの使用中は多くの人が無表情なため、

顔の筋肉は衰えてしまいがちです。

こうした様々な要素も、フェイスラインのた

るみに繋がると言われています。

 

?

普段のスマホ姿勢をチェックしよう!

 

◇NGな姿勢

全体的に前かがみになり、

首に大きな負担がかかっている。

スマホを見る時、顔はうつむき、

首が前に出て猫背になっている人は要注意です!

首の筋肉は緊張状態になっており、

血流が悪くなり神経にも影響してしまう可能性があります。

◆OK姿勢

骨盤が立ち、ラクながら理想的な姿勢に。

姿勢を良くしようと思っていても、

維持するのはなかなか難しいものですよね。

 

そんな時は、お尻の下1/3くらいに

タオルを挟むことで、

骨盤が立ち自然と背筋が伸びるようになります。

さらに脇の下にグーにした手を挟むことで

スマホを持つ手がグッと上にきますよ!

 

スマホによる二重アゴを改善するには

画面が目線の高さに来るようにすることが大切です!

脇の下にグーにした手を挟むと、

支えがあって辛くないのでぜひ試してみて下さいね!

 

 

①顔のゆがみ

顔のゆがみは、

フェイスラインのたるみやエラ張り

・頬のたるみ・口角の下がり

・二重アゴなどの様々な症状につながる要因となります。

 

顔のゆがみを改善する事で、

若々しい印象となり美しいフェイスラインを

取り戻す効果が期待できます。

 

②過度なむくみ

あご周りのもたつきは脂肪ではなく、

過度なむくみである可能性があります。

 

あごの関節はゆがみの影響を受けやすく、

リンパの流れが滞りやすいので注意が必要です。

 

ここをしっかりと動かすことで、

キュッと引き締まる効果が期待できます。

 

 

二重あごを防ぐための生活習慣

 

・姿勢を整える

自律神経は背骨の中を通っているため、

たるみと姿勢は無関係にみえますが関連性があります。

 

姿勢を整える事で体の負担が減り、

肌の代謝がよくなる効果が期待できますよ!

 

背骨の良い状態をキープするには、

正しい姿勢習慣が欠かせません。

座り姿勢や毎日の姿勢に気を付けて

腹筋を鍛えるなどのエクササイズを行うことも

美しい姿勢を維持するのに役立ちます。

 

・食事の際はよく噛んで食べる

日常の様々な場弁で、

表情筋がよく動くように意識することが大切です!

 

食事の際に噛む回数をいつもの倍くらいに増やす事で

フェイスラインUPの効果が期待できます。

 

食べる行為は、実は顔回りの筋肉にとって

非常に複雑な動きの組み合わせになっているんですよ。

 

そのため、たくさん噛むことを心掛ける事で、

さまざまな角度から口周りの

筋肉が鍛えられたるみ解消効果が期待できます!

また、食事中にスマホを操作する人もいますが、

このような食べ方だと大して噛まずに飲み込んでしまい、

あごの筋肉は使われない事も。

食事に集中して、

しっかりと噛むように意識してみて下さいね!

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る