BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021/06/03産後の骨盤のゆがみで悩まれていませんか?


名古屋市北区、

上飯田駅より徒歩3分の

やすだ鍼灸接骨院です。

今回は、産後の骨盤のゆがみで悩まれていませんか?

 

ストレッチはいつからOK?

 アキレス腱ストレッチのイラスト(女性)


産後は

急に赤ちゃん中心の生活に入るため、

自分のことをケアする時間が

無いに等しいので、

もとの体型になかなか戻らないな?

いつ戻るだろうか?

ダイエットはいつくらいから

始めればいいかな?

と悩みがあっても、

自分のことは後回しにしてしまいますよね。

 

ですが、

産後の骨盤そのままにしておくと、

ぽっこりお腹腰痛などの

トラブルの原因になったり、

体型が戻りにくくなってしまう

こともあるので、要注意です。注意マークのイラスト

 

今回は、そんな気になる

産後の骨盤ケア」について、

ご紹介していきたいと思います。

 骨盤のイラスト

今、

骨盤の歪みが気になっている方や、

これから出産される方も

骨盤ケアについて知識をいれて、

準備されてはいかがでしょうか?

是非、参考になさってください。

 

産後の骨盤の歪みの原因

 

骨盤はなにも産後に開くわけではなくて、

実際には、妊娠中から出産にむけて、

徐々に骨盤が開き始め、

出産時に最大まで開きます

骨盤が開くイラスト

妊娠中から出産後まで、

リラキシンというホルモンが分泌され、

骨盤が緩みやすいように作用します。

そんな妊娠中にホルモンバランスが

大きく変化することも関係しています。

リラキシンのイラスト


妊娠中に骨盤が開くことで、

骨盤周辺の筋肉が緩んだり

必要以上に伸びたりします。

 

またお腹が大きくなるにつれて、

体のバランスを取ろうと

反り腰になって、

左右のずれも生じやすくなったり、

間接に負荷がかかることで

痛みも伴うことがあります。

妊婦の膨らんだお腹のイラスト

 

また出産を経て開いた骨盤は、

インナーマッスルなどの力をかりて、

産後3~4か月後にはもとに戻る

言われていますが、

反り腰筋肉の緩みがあると、

産後に完全に元通りになるのは

難しいのです。

 

産後、関節が緩くなっている状態で、

赤ちゃんを抱いたり、

授乳やおむつ換えなど

育児がスタートして、

腰へ負担がかかる姿勢を取ることで、

骨盤に歪みをもたらして、

妊娠前の状態に戻りにくく

なってしまいます。

育児で疲れるお母さんのイラスト


骨盤の歪みによる

体調不良などは?

 

さまざまな悪影響を及ぼす

骨盤の歪みですが、

生理痛の悪化、

腰痛、

肩凝り、

便秘や下痢などの腹痛、

不眠

などの体調不良の他に、

体型への悪影響としては、

お尻の横幅が大きくなり

太ももが太くなることや、

反り腰の影響で下腹が出てしまったり、

様々な影響を及ぼします。

 骨盤のゆがみによる影響(イラスト)


骨盤の歪みは、

血行不良にもなるため、

自律神経やホルモンの乱れ

引き起こす要因にもなります。

骨盤の歪みを矯正することで、

出産に伴う体型を戻すことだけでなく

内面的な不調も改善していきたいですね。

 

産後の骨盤矯正や運動、

ダイエットはいつから?

 

産後の体調など個人差もありますが、

平均的には産後1ヶ月~2ヶ月以降

(帝王切開の方はだいたい産後3ヶ月

 くらいから)にスタートさせて、

半年までに骨盤矯正など

施術を受けることが理想的です。

接骨院のイラスト整体師・マッサージ師のイラスト(男性)


産後半年ほどで骨盤が

その位置に定着するともいわれるので、

半年を目安にしましょう。

 

また、なるべく早い方がいいだろうと、

産後直ぐに始めたいと考えている方も

多いかも知れませんが、

産後の体は思っている以上に

デリケートな状態で弱っており、

回復するのに1ヶ月はかかると

言われています。

 

無理をしては逆効果です。

また産後1ヶ月は、

赤ちゃんのお世話で四六時中

ゆっくり休んだり寝る時間が

ほとんど無いほど大変な時期にあたるので、

まずは隙間時間があれば体を休めること、

無理をしないことを

心がける必要があります。

 夜のカフェのイラスト


なお、産後の体調の回復は、

個人差があります。

心配な方は

産後一ヶ月後の検診などで、

医師に相談するなどしてから、

運動やダイエットを

スタートさせてはいかがでしょうか。


自己流の骨盤ケアを行うよりも、

カウンセリングや体調を見ながら

施術してもらえるプロの手技

委ねることもオススメします。

 施術の写真

 

骨盤矯正ベルトは

産後に必要か?

 

骨盤矯正ベルトは、

産後の骨盤を締める

効果が期待できるだけでなく、

歩きやすくサポートする

役割をしてくれたり、

腰痛を軽くするなどの効果も

期待できますので、

取り入れるとよいでしょう。

 

ただし、長時間着けることで、

血行不良や冷えなどを引き起こす

可能性もあるため、気を付けましょう。

 

また、

骨盤をベルトで支え続けることで、

支える役割を担う筋肉が鍛えられず

緩んだままになることもありますので、

あくまでサポート役として考えて

使用しなくてはなりません。

 

なお、骨盤矯正ベルトをつける位置を

誤っていては効果が出ません。

正しい位置に装着しましょう。

 

まとめ

 

体調が落ち着いたら、

骨盤のケアをしてみませんか?

 

産後のママの悩み、

骨盤の開きやゆがみ

矯正するよう施術することは

自己流で戻していくより短時間で

改善が期待できるでしょう。

カウンセリングの写真


骨盤ベルトやガードルを

サポート役として使い、

接骨院プロの手技で施術を受けて、

骨盤をもとの位置に戻すことを

目指しましょう。

 

正しいバランスのとれた骨盤

姿勢を取り戻すことで、

体型をもとに戻すだけでなく、

体調不良などの改善も目指せます。


健康的な体で見た目だけでなく

心もスッキリと軽くしたいものですね。

元気な女性のイラスト


やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

カウンセリングの写真

【公式】やすだ鍼灸接骨院・オフィシャルホームページ (yasuda-shinkyu.com)

あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る