BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021/06/24美容鍼で春の強い紫外線を防ぐ力をアップしよう!

 

名古屋市北区、

上飯田駅より徒歩3分の

やすだ鍼灸接骨院です。

今回のテーマは、

美容鍼で春の強い紫外線を

防ぐ力をアップしよう!」です。

 

春は紫外線が

本格的に強くなることに加え、

花粉による肌への影響や、

乾燥も強まるため、

紫外線予防をすることと

お肌をしっかり保湿させて

守ることが大事になってきます。

日焼けのイラスト「日焼け対策グッズ」化粧水をつけている人のイラスト

 

紫外線対策をしていても

日に焼けてしまったり、

雑誌やSNSなどで多くの情報がある中から、

どれを試すべきか迷ってはいませんか?

 

今回はそんな紫外線対策を見直すべく、

日焼け止めの選び方など

自分にあった予防方法が見つかるよう、

ご紹介していきたいと思います。

どうぞご覧ください。

 

肌に合わない

日焼け止めは何か?

 

日焼け止めクリームを

紫外線対策として使うことが

当たり前になってきていますが、

自分の肌に合わないものを

使用し続けていると、

肌に余計な負担がかかり、

トラブルを引き起こすことになって

逆効果です。

 

現在、

肌トラブルはありますか?

 

例えば、

ニキビ顔の女性のイラスト

肌がガサついている、

吹き出物ができた、

赤みのあるブツブツが出てしまった、

かゆみがある、

乾燥している、

かぶれた、

塗った際にしみてしまう、

等です。

 

これらの症状が出ていたら、

使用中の日焼け止めクリームが

肌に合っていないと言えるでしょう。

 

日焼けをしたくないからと、

症状が出ていても“SPF50”の

強い日焼け止めクリームを

肌に塗り続けていたら、

ガサガサになってしまった

いう例もあります。

 

肌トラブルの症状が1つでも出たならば、

肌に合っていないと認識しましょう。

SPF・PAの度数を見て選ぶのではなく、

自分の肌の調子を見て、

選ぶことが大事です。

 

肌が乾燥した時には、

特に保湿力のある、しっとりタイプの

日焼け止めクリームを選んだり、

化粧水やクリームで十分に保湿をしてから

日焼け止めクリームを塗ったり、

外出先でスプレー状の化粧水や

美容液でこまめに保湿をすることで

トラブルを予防できるのでオススメです。

困る表情のイラスト1(女性)OKのサインのイラスト

 

日焼け止めに

表記されている

SPFPA

選び方とは?

 

SPFは、

紫外線B派と呼ばれるUVBを防ぎ、

主に赤くなる日焼けや

皮膚がんの予防に役立ちます。

 

数値は1〜50とされ、

50以上のものはすべて

「SPF50+」と表記されています。

数値が大きい方がUVBに対する

防御効果が高いことを表しています。

 

PAは、

四月から八月にかけて強くなる

紫外線A派のUVAを防ぎ、

長期的なお肌の健康光線過敏の

予防に役立ちます。

 

効果を「+」の数で表し、

「PA+」〜「PA++++」

の4段階に分類されています。

「+」が多い方がUVAに対する

防御効果が高いことを表しています。

 

特に紫外線の9割を占めるA波

肌に蓄積し、ダメージを与え、

肌の老化やシミ・シワ

引き起こすとされていて、

B波は割合は少なくとも、

短時間に浴びただけでも

肌への影響が強く、

炎症が残ってしまう事もありますから、

紫外線はできる限り防ぐことが

肌を守ることになります。

 UVA・UVB波のイラスト

環境省により、生活シーンに合わせた

SPF・PA値の選び方が

下記のように提案されています。

 SPF・PAの選び方のイラスト


 

シーンにより、SPF・PA値を使い分けて

日焼け止めを選ぶことが、

お肌に負担がかからず、おすすめです。

 

日焼け止めの

種類や特徴について

 

以前からクリームやローションなどの

液体タイプの日焼け止めはありましたが、

最近ではサプリメントなどの

飲むタイプの日焼け止めがあるのは

ご存じでしょうか?

 

ここでは、

日焼け止めの様々なタイプ特徴

ご紹介していきます。

 

ミルク、クリームタイプ ミルク日焼け止めのイラスト

 

定番の形ですね。

敏感肌にオススメな紫外線吸収剤が

含有されていないものや、キッズ用、

汗皮脂に強いウォータープルーフなど

多くの種類が出ていて、テクスチャーも

しっとりした保湿タイプや、

サラサラした肌触りなど幅広くあるので、

ご自身の好みに合わせて選べるでしょう。

 

スプレータイプ スプレーのイラスト

 

メイクの上からも使えるので、

女性が使いやすいと

人気の高いスプレータイプですが、

日焼け止め効果は

あまり期待できない可能性があります。

 

というのも定番のミルキータイプの

日焼け止めに比べると水分量が多いため

日焼け止めの成分が少ない

と言われていますので、

例えば日焼け止めクリームを塗って

メイクをした上にプラスして

使うことがオススメです。

 

ジェルタイプ ジェル日焼け止めのイラスト

 

塗ったあとがさらっとした質感で

ベタベタ感が少なく、サラッと塗りやすい

ジェルタイプの日焼け止め。

 

使いやすいというメリットがある反面、

アルコールや添加物が入っていること、

ミルキータイプより日焼け止め効果が

低い可能性があるといわれています。

 

パウダータイプ  プレストパウダーのイラスト

 

さらっとしたつけ心地の

パウダータイプの日焼け止め。

肌色のものと無色のものがあります。

 

特に活躍するのが、

紫外線の多い時期のお化粧直しです。

フェイスパウダーのように

使用すると良いでしょう。

 

ウォータープルーフタイプ

 

ウォータープルーフは、

「耐水性」という意味で、

汗・水に強いのが特徴です。

 

などで落ちないから安心だと思って

日常的に使用されている方も

多いかもしれませんが、

クレンジングや洗顔で

落としきれていない場合が大半です。

 

しっかり落としていないと

毛穴につまり、

黒ずみができたり、

肌トラブルに繋がるため

気を付けなくてはなりません。

肌トラブルが出た場合には、

使用をストップして様子をみましょう。

鼻の毛穴を気にする人のイラスト(女性)

 

日焼け止めは、使用場所に応じて

使い分けることがオススメです。

冷房が効いている室内は乾燥しやすく

肌がかさつきがちなので

保湿力の高いタイプを使い、

外出時はサラサラしたものを

使用してはいかがでしょうか。

日焼けのイラスト「日焼け止めを塗る女性」

 

 

まとめ

 

現代では当たり前となりつつある

紫外線対策ですが、

思ったより効果が無いからと

日焼け防止対策をとらずにいると、

シミシワなど

お肌の老化の原因になってしまいます。

シミ・ソバカスを気にする人のイラスト(女性)

今から自分の肌質にあった

日焼け予防をとり、若々しいお肌を

保っていってはいかがでしょうか?

 

それには美肌力をあげる美容鍼が最適です!

美容鍼の施術を受ける女性の写真

 

毎日のお肌の保湿ケアに加えて、

美容鍼を施術することで

自然治癒力がアップし、

ターンオーバーが活性化されるので、

紫外線からダメージを受けたとしても、

早く回復させてくれるのです!

 

お仕事のお帰りやおでかけ前になど、

気兼ねなくお立ち寄り頂ければと思います。

お待ちしています。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る