ABOUT

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020年1月20日 アンチエイジングに効果的な美容鍼

「美魔女」という言葉が生まれてから、世の中は年齢よりも10歳以上若く見られたい、という欲求が高まっている傾向にあるようです。

実際にそのために数限りない美容法や化粧品、サプリ等が販売されており、試したことがある人の方が多いのではないでしょうか。

 

しかし年齢を重ねることはごく自然なことであり、本当の意味でのアンチエイジングとは何かいまだに定義されていないように感じます。

ダイエットと同じように、年齢相応の美しさとともに歩んでいくのが本来のアンチエイジングであってほしいと考えるのです。

 

【美容鍼で高めるアンチエイジング効果】

メスも注射も使わない、より自然に近い形でアンチエイジングを叶える方法の一つとして、美容鍼の需要は年々高まっています。

美容鍼は施術直後から通常の生活を送ることができ、その効果の持続性が高いことから、取り入れやすい美容法と言えるのではないでしょうか。

 

アンチエイジングを目的とした美容鍼に多い質問は以下のようなものがあります。

①美容鍼はどのぐらいの頻度でするのがベスト?

骨盤矯正や頭蓋骨矯正のように骨を調整するわけではありませんので、間隔を開けると戻ってしまいまた最初からということはありません。

一度の施術でも十分にリフトアップやくすみの解消といった効果を感じられますし、血管にもアプローチしていくので2~3週間の間変化を感じやすいのが特徴です。

もちろん、定期的に通えばその分ターンオーバーに合わせて入れ替わる肌が見違えてトーンアップしていくのも実感していただけます。

②美容鍼って痛くないの?

通常の体に使う鍼よりもさらに細い鍼で施術していきますので、痛みをともなうことはほとんどありません。

まれに、頭蓋骨など施術を行うツボによっては「ずーん」とした鍼の痛みではない感覚をともなうことがありますが、その都度施術者も相談しながら行っていきますのでご安心ください。

鍼の本数や打つ場所も、抵抗のある方は徐々に増やしていけば問題ありませんので、まずはリラックスしながら受けていただくことが大切です。

 

③電気を通すのと通さないのでは効果が違うもの?

美容鍼には鍼を打つだけのものと、そこから電気を通すものがありますが、電気を通すことのメリットは筋肉の深層部にも働きかけることができるという点です。

血管や細胞に小さな傷を付けて再生を促すのが鍼の本来の用途ですが、そこから電気によう刺激を送って周囲の筋肉を効率よく動かし筋トレのような効果を狙えるのが最大のメリットです。

マッサージなどではとどかない肌の奥にアプローチしながらアンチエイジング効果を高めていきます。

 

【接骨院でできるアンチエイジング対策にはどんなものがある?】

皆さんが抱く美容鍼のイメージに加え、それを接骨院で行うメリットはずばり「顔以外にもアプローチできる」という点です。

 

・見た目年齢は肌だけではありません

シミやシワが少ない・肌に弾力がある、これらのことはアンチエイジングを志す上で大事なことではありますが首から上だけで人の印象が決まっているわけではありません。

例えばどんなにお肌が綺麗でも、猫背だと見た目年齢は実年齢よりも上に見えてしまうことはご存知ですか?

他にもO脚や二の腕・太もものたるみなど、その人の印象を決めるのには数々の要素があるのです。

 

そこで見直しておきたいのが、姿勢や骨格、筋肉のつき方ではないでしょうか。

それらを整えてハツラツとした印象の土台に美肌がプラスされてこそ、年齢にふさわしいアンチエイジングの相乗効果を得られるようになります。

 

・痛みや痺れなどは抱えていませんか?

私たちは日々の生活の中で、立つ・座る・寝るといった姿勢を繰りかえしていますが、どうしても知らず知らずのうちに自分の楽な体勢をとってしまいがちです。

体は使われていない場所から劣化しやすく老廃物が溜まりやすい特徴がありますので、寝起きに腰痛がある・特定の運動をすると痺れがあるなどの違和感が発生してもおかしくはありません。

それらを早めに取り去っておかないと、停滞してしまった血流やリンパの流れが疾患に繋がることもありますし、最悪の場合持病として付き合っていくことにもなりかねません。

 

本来の意味でのアンチエイジングは、そういった体全体を通して健康になることも目指すべきだと考えます。

 

【体のトータルケアをしながらアンチエイジングを目指すために】

アンチエイジング=若返ることではなく、「生き生きと健康体でその人に合った美しさを手に入れることである」という考え方がおわかりいただけたのではないでしょうか。

全身の骨格を調整しながら、筋肉が効率よく均等につきやすいバランスの良い体型を手に入れること、その土台の上に整った細胞でターンオーバーを行える美肌作りをしていくこと。

これらをまとめてケアできることが、接骨院でアンチエイジング対策をする最大のメリットとも言えます。

年齢とともに変化するお悩みに対応し、お一人お一人に合わせた施術を行っていきますので、まずはお気軽にご相談くださいね。

詳しく見る

2020年1月12日 美容鍼について

皆さんはアンチエイジングについて考える時、まずどのような方法を想像しますか?

ハリのアップする化粧品を探して基礎化粧品を変えてみたり、高級エステでフルコースを体験してみたり…症状によっては皮膚科などのクリニックで体の内側から改善できる薬を処方してもらうという方もいらっしゃいますよね。

 

そのどれもが正解で、反対にどれもが万能ではありません。

全ての悩みに対処できるアンチエイジング法があるのが一番楽ですが、実際には色々な方法を組み合わせて自分に合ったアンチエイジングを模索していくことになるでしょう。

 

その方法の一つとして「美容鍼」が長年注目を集めています。

 

【美容鍼のメリットとは?】

芸能人のSNSなどで話題となり、今や美容鍼は一般的にも広く受け入れられていますが、その効果やメリットについて詳しくご紹介します。

 

①皮膚の奥の真皮や皮下組織から弾力を取り戻す

肌は日々生まれ変わっていますが、年齢を重ねるごとにその生まれ変わり=ターンオーバーは遅くなっていきます。

通常の周期は28日ですが、30代で+10日、40代で+20日になるとも言われています。

美肌の土台を形成するには奥から外に出てくる真皮や皮下組織を整えておくことが必要ですが、化粧品で肌の奥まで届かせるにはかなり複雑な構造の成分にしておかなければなりません。

そうなるとかなり高額な化粧品となってしまい、毎日使用するのは現実的ではありません。

そこで、肌の奥に直接刺激を送り、生まれ変わる組織に働きかけるのが美容鍼の発想となります。

鍼で細胞に微細な傷を付けることにより回復機能を高めて、エラスチンやコラーゲンといった肌の弾力を形成する上でなくてはならない成分を肌内部で生成できるように鍛えていくイメージです。

 

②肌表面をこすらないから負担が少ない

サランラップほどの薄さしかない肌表面は、いつもメイクやクレンジング、洗顔で摩擦の負担にさらされています。

その負担に加えてマッサージや圧迫などの施術を行っていくと、ただでさえ薄いデリケートな肌に疲れが残ってしまいます。

その点美容鍼は、髪の毛ほど細い鍼でピンポイントに刺激を送っていくので肌表面をこする摩擦も無く安心です。

また個人差はありますが、鍼を打っている間の痛みはほとんど感じられません。

 

③即効性を感じやすい

血管や細胞に直接働きかけているので、その場で効果を感じやすいのが美容鍼のメリットです。

ある程度持続性もあるので施術してから1~2週間はその効果として、シワやたるみの改善、血色が良くなる、リフトアップなどが感じられるはずです。

最初のうちはどうしてももとの状態に戻りやすい傾向にありますので、間を開けずに施術を続け徐々に間隔を開けていくようにすると、より自力でキープしやすいお肌の状態を手に入れることに繋がります。

 

【美容鍼はどんなお悩みにアプローチできるの?】

美容鍼のメリットを知ったところで、どんなお悩みにアプローチできるものなのか考えておきましょう。

・弾力を失っていると感じた時

目尻のアイラインが引きにくくなってきた、目の下のたるみでクマに見える、化粧品ではほいうれい線を隠し切れない…これらは全てお肌の弾力不足が原因の一つと考えられます。

二の腕や太もものたるみのように、筋トレをしてある程度見える形でハリを維持できればよいのですが、顔の筋肉は普段使っている表情の他に動かすのがとても難しい場所です。

そこで美容鍼の刺激を表情筋に直接送り、衰えがちな筋肉を起こして弾力を取り戻すお手伝いをしていきます。

 

・顔がくすんで見える時

手足の冷えや顔色のくすみは冷えも大敵ですが、毛細血管が末端までしっかりと働けていない可能性があります。

その状態だと、血管に乗って運ばれてくるはずの栄養分も細胞に届きにくくなり、栄養不足からターンオーバーが未熟なまま肌表面に出て来てしまい肌荒れやくすみの原因となっていくのです。

そこで美容鍼で毛細血管を刺激すると、本来の再生能力を取り戻しながら末端に届く血液量もアップすることに繋がるので、血色が良くなるという大変嬉しい効果を期待できます。

 

・年齢肌・乾燥肌が気になる時

肌の持つ保水力は20代前半を境に徐々に低下していき、早い人で20代後半、多くの人が30代には乾燥により肌のお手入れの難しさに直面するようです。

化粧水の前にブースターを使って導入しやすくする、化粧水をたっぷり使う、まめにシートパックを使うなどで表面の潤いを保持するのは限界があります。

理想的なのは、肌細胞の形を整えて保水力そのものをアップしておくことです。

美容鍼で細胞や組織を整えて、基礎化粧品を併用しながら年齢肌・乾燥肌対策を行っていきましょう。

 

【施術を受ける前に…】

美容鍼について不安のある方も、カウンセリングで疑問に一つひとつお答えしていきますので、まずはどんなお悩みがあるのか一度ご相談くださいね。

全身の骨格のバランスなども調整しながら、接骨院で総合的にアンチエイジングを目指してみてはいかがでしょうか。

詳しく見る