ABOUT

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021年3月29日 主なシミ4種類と解消・予防法と美容鍼

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、主なシミ4種類と

解消・予防法と美容鍼について

 

「昔日焼けしたところが

    シミになってしまった」

「ケガの跡がシミになった」

「前まで気にならなかったが、

  最近シミが増えた気がする」

 

お悩みの方も多いシミ。

 

シミは、顔や身体など

紫外線を多く受けた箇所にできやすく、

メラニンの増加によって斑点ができる状態です。

紫外線の他に、

老化も原因の一つと言われています。

今回は、シミについて解説いたします。

 

 

■シミはなぜ出来るのか

 

シミの原因は、ご存知のとおり

「紫外線」です。

紫外線が肌にあたると、

肌は自身を守るためメラニン色素を出します。

子供の頃はターンオーバーが早いため、

メラニン色素は沈着することなく剥がれシミになりません。

 

しかし、歳を重ねるにつれて

このターンオーバーが乱れると、

メラニン色素が沈着しやすくなり、

これがシミとなるのです。

 

■ターンオーバーとは

 

肌は、表面の深層で生成されて、

徐々に表面の肌へ成長します。

 

一番外側の角質層へ到達すると

角化し剥がれるというサイクルで、

新しく生まれ変わります。

 

この肌の代謝をターンオーバーと言います。

 

ターンオーバーが乱れると、

シミだけでなく、肌荒れや吹き出物、

ニキビなどの肌トラブルの原因にもなります。

 

ターンオーバーのサイクルは、

20歳で約28日といわれており、

30歳では約50日、

60歳では約100日かかります。

 

偏った食生活や睡眠不足など、

生活リズムの乱れは、

このサイクルを更に遅くしてしまう要因となります。

 

■紫外線予防は夏場だけでいい?

 

シミの原因である紫外線。

予防は太陽が照りつく夏場だけではなく、

一年中予防することをお勧めします。

 

特に、注意したいのが

3月頃から5月。

この期間は冬の乾燥で肌が弱っているところに

急に強い紫外線が当たるため、

肌がダメージを受けやすいです。

 

紫外線量は

実は5月頃からピークを迎えています。

 

また、秋や冬も紫外線が

なくなっているわけではありません。

 

つまり1年を通して肌に降り注いでいます。

紫外線予防は年中行い

シミの原因を予防しましょう。

毎日の紫外線予防の積み重ねが

数年後の肌に差がつきます。

 

 

■シミの種類

 

シミには種類があることを知っていますか。

代表的な種類をいくつか紹介します。

 

・老人性色素斑(日光黒子)

加齢や紫外線によってできるシミです。

シミの多くはこの種類です。

目じりや頬骨の辺りにできやすく、

境界線がハッキリしています。

進行するといぼのひとつである

脂漏性角化症になるケースもあります。

 

・炎症後色素沈着

ニキビや火傷などの炎症から

肌を守るために分泌された過剰な

メラニン色素が沈着することで生じるシミです。

 

・肝斑

ホルモンの乱れ原因で

メラニン色素を過剰産生して起こるものです。

 

30歳代以降に見られるケースが多いです。

頬骨の部分に左右対称に広がって出来るのが特徴です。

出産後に出来て、閉経後に薄くなる場合もあります。

 

・雀卵斑(そばかす)

遺伝によって生じることが多く、

他に、紫外線の影響で出る場合もあります。

鼻の周辺に小さな斑点として現れる症状が特徴で、

一般的には大人になるにつれて薄くなっていきます。

 

シミと美容鍼

 

美容鍼では

「肌のターンオーバーの促進」

「顔の血流を良くしてシミを目立たなくする」

「これから先シミが出来にくいように予防する」

などのシミ軽減の効果が期待できます。

 

大体3~4回目の施術後から効果が実感できるでしょう。

美容鍼は、他にも

「血行が良くなる」

「肌のキメが細かくなって化粧ノリが良くなる」

「リフトアップする」

など、お肌に嬉しい効果が期待できます。

 

 

■シミの予防法

 

自分でできるシミ予防でまず大切なことは、

日焼け止めや帽子、日傘、サングラスなどを活用し、

日々の生活で紫外線による日焼け対策を行うことです。

 

もし日焼けした時は、

火傷と同じ状態になっているので、

冷たいタオルなどで肌を冷やしましょう。

また、日焼けした後は、体内で活性酸素が作られ、

これがシミの原因にも繋がるので、

抗酸化作用のある食べ物やサプリメントで補いましょう。

 

また、メイクはその日のうちにきちんと落としましょう。

メイクをしたまま寝たり、古い開封済化粧品は、

酸化によってシミが出来る原因にもなるので

注意が必要です。

 

洗顔後は、

丁寧に保湿ケアをして肌の潤いを守りましょう。

 

生活習慣を改善し、

1日の生活リズムを整えることもポイントです。

 

特に大切にしたいのが睡眠。

質の良い睡眠は肌のターンオーバーを促進します。

寝る2時間前位に入浴を済ませて、

寝る1時間前には、

強い光や刺激を浴びないようにするのが理想です。

 

良い睡眠は肌のためだけでなく、

ストレス解消にも繋がります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

シミは作らないように日々の対策が大切です。

もうシミが出来ている部分は、

増やさないように、そして現状から改善するように、

日々のセルフケアも押さえておきたいものです。

 

やすだ鍼灸接骨院では、

美容鍼を安心の完全予約制で行っております。

自分でケアしきれない部分や、

気になることがある方はお気軽にお問合せください。

 

 

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

 

詳しく見る

2021年2月23日 シミの改善と美容鍼

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、シミの改善と美容鍼について

 

 

世の中には数えきれないほどのシミを薄くする美容液、

美白化粧品や医薬部外品が溢れており、

皆さんの中には色々試した経験のある方も

多いのではないでしょうか。

 

ところが実際に

使って効果のあった人の口コミを見て使用してみたものの、

思った効果が得られなかった…

と購入を後悔しては

また新しいものを試す…

その繰り返しをしてはいませんか?

 

日本の薬事法で配合を認められている成分には限りがあり、

皮膚科で処方してもらう美白用医薬品の方が

当然成分としては強くなっています。

 

しかし何を使っても効果が感じられない結果になる場合に

見直すべきポイントは、

化粧品や医薬品そのものだけではなく、

その成分を吸収できる土台が整っているかどうか?です。

 

古い角質層が適切な周期でターンオーバーできない肌では、

どんなに美白効果のある成分でも

十分な効果を発揮できないということを覚えておきましょう。

 

ターンオーバーを整える方法

 

古い角質層を剥がして新しい皮膚を再生させる。

その新しい皮膚の細胞が瑞々しく形が整っていると

化粧品の効果も高まり、見た目にも

きめ細かくトラブルの少ない肌となる。

 

これが一番理想的な肌の状態です。

 

では、どのように新しい肌へと導いていけば良いのでしょうか。

 

①酵素洗顔

小さな容器やボトルに粉状の酵素の粒が入っており、

それを水で溶いて洗顔することで

顔の表面の角質層や角栓を酵素が溶かして吸着してくれます。

 

泡で洗顔をするよりも

肌にダイレクトに刺激を与えるため、

毎日の使用は控えるように記載されているものがほとんどです。

また、もともと皮膚が弱い目の周りには

刺激が強すぎるので気をつけましょう。

 

酵素洗顔には皮脂分解系とタンパク質分解系があり、

用途に合わせて選べるようになっています。

 

 

②ウォーターピーリング

 

美容皮膚科やフェイシャルエステのメニューでも

一般的になってきた「ピーリング」。

 

平たい金属の機械を細かく振動させ、

水分で滑らせながら角質層を剥がしていく施術です。

 

主にエステを行う前の導入として行われており、

その後の施術中の美容成分が

浸透しやすくなるように意図されています。

 

洗顔では落としきれていない深い汚れまで落ちるのが

ピーリングの最大のメリットです。

 

最近では自宅でできる超音波美顔器も販売されていて、

手軽にホームケアできるのが嬉しいですよね。

 

③ケミカルピーリング

「酸」を含んだ薬剤を肌に塗布して、

それをふき取りながら角質層を剥がして

新しい皮膚の再生を促していく美容方法です。

 

ウォーターピーリングと区別するために

「ケミカル」と名前がついています。

 

酸と聞くと非常に強い刺激があるようなイメージですが、

使用時間をきちんと守れば

肌表面の余計なものをはじめ色素沈着、

毛穴詰まりなどにも

効果があるため吹き出物の改善にも役立ちます。

 

この他にもトレチノインを用いたターンオーバーの促進、

ピーリング効果の高いふき取りパッドなど、様々な手法があります。

 

これらの方法で不要な角質層を取り除いた後の方が、

美白美容成分も高い浸透力を発揮します。

 

そして美白美容成分を浸透させて

新しい皮膚が表面に出てくるまで、

この剥がすと浸透させるとを繰り返して

シミやソバカスを薄くしていくのが美白への道のりとなります。

 

 

準備中の肌から美しく健康になるために

 

いずれの方法にしても気を付けなければならないのが

表面を剥がした後の肌の保護です。

 

古い角質層を取り除くと、

明らかに肌のトーンも明るくなり

手触りもツルツルになるのですが、

その反面本来はまだ外に出る準備ができていない

未熟な皮膚が表面に晒されるという意味でもあります。

 

角質層を取り除いた後の保湿および紫外線対策は

いつも以上に入念に行い、

できればすぐにメイクをしないようにしましょう。

 

また、いくら美白効果が高くシミやソバカスが薄くなるといっても、

必要なベースは健康的な細胞そのものです。

 

バランスの良い食生活、快適な睡眠、適度な運動、

ダメージにならない程度の紫外線、血流が滞らない骨格、

これらの様々な要素が重なり合って

美肌の土台が整うということを忘れてはいけません。

 

 

美肌の土台と美容鍼

 

やすだ鍼灸接骨院では、美

容鍼によるアンチエイジング効果の高い施術を行っております。

 

鍼を打つ感覚も無いほど細い鍼で

お顔の筋肉や血管・細胞に微細な傷をつけ、

自然治癒力により回復する時に

より強い細胞へと再生されるメカニズムに着目した

施術内容になっています。

シワ、たるみへのリフトアップ効果や

化粧品の浸透力アップはもちろん、

ターンオーバーにより新しく表面に出てくる肌までも

健康であるように考えられたものです。

 

また鍼から微弱な電流を流しながら

自分ではなかなかトレーニングできない表情筋にも

アプローチできるため、

体の筋力トレーニングと同様に

自ら代謝する力を養うことにも繋がります。

 

外側からのケアでは効果を感じられない、

内側からアンチエイジング対策をしたい、

肌トラブルを本気で見直したい、

などどんな内容でも構いません。お気軽にご相談くださいね。

 

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

詳しく見る

2021年2月10日 シワ7段階と改善クリームの効果と美容鍼

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、シワ7段階と

改善クリームの効果と美容鍼について

 

シワには表情を変えた時にできる浅い小ジワから、

無表情の状態でも表出する深いシワまで、

それぞれ段階があります。

 

深いシワになればなるほど改善は困難になりますが、

いろいろな方法でその進行スピードを

緩やかにすることが不可能ではない時代になってきました。

表情筋を鍛える方法とは?毎日の継続で効果がこんなに…?!しわにも効く?

特に最近ではシワ改善クリームや

美容液の開発が顕著で、

お値段は控えめとは言えないながらも

その効果で基礎化粧品の中では群を抜いて売れ行きや

注目度が高いのが伺えます。

 

シミと並んでシワは見た目年齢を大きく左右する要素です。

そこで今回は、知っておきたいシワの段階と、

シワ改善クリームがどのように効果を発揮しているのか?

について考えていきたいと思います。

 

 

シワの深さと種類について

お知らせ|坂出市の整体・骨盤矯正なら【体サポートたけだ】

シワの深さは、保湿すれば目立たなくなるものから

美容医療が必要とされるものまで、

グレードが7つに分けられます。

 

シワのできやすさやできにくさは大変個人差があり、

年齢による影響よりも、

もともとの骨格や表情筋の動かし方による

影響力の方が圧倒的に大きいです。

 

シワ グレード1

至近距離でじっくり見ないとわからない程度の浅いシワ。

水分不足や油分不足により、

大人だけでなく子供でも季節によってはできることもあります。

 

シワ グレード2

目尻や眉間などに見られる、目立たないわずかなシワ。

表皮の保湿を続けていけば、特別な化粧品を使わなくても

まだ改善される余地があるとされています。

 

シワ グレード3

表情を動かさない状態で他人から見ても明らかにわかる浅いシワ。

代謝の落ちる30代以降に目立つようになり、

このあたりから見た目年齢を左右するシワの仲間に入ってきます。

 

シワ グレード4

グレード3までと大きく違う、表皮を越えて真皮にも刻まれつつある深いシワ。

シワ改善クリームの有効成分が働きかけるメインターゲットはこの段階です。

 

シワ グレード5

シワだけでなくたるみも伴うやや深い目立つシワ。

シワ改善クリームがアプローチできる最終段階とされています。

 

シワ グレード6

真皮の凹凸が戻らないほど深く刻まれたシワ。

保湿やシワ改善クリームだけでの改善は難しく、

美容医療の手を加えて内側から張りを出すのが得策でしょう。

 

シワ グレード7

お顔のほとんどの範囲を覆う、目立って深いシワ。

美容医療による修復をしても完全に目立たなくするのは困難なほど、

皮下組織に到達するギリギリの深さまで刻まれています。

 

 

保湿で食い止められるとされるのがグレード3まで、

シワ改善医薬部外品クリームで食止められるとされているのがグレード5までです。

そこまで進行する前にケアを早めにスタートすること、

またシワは紫外線ダメージの影響もかなり受けやすいため

日頃から日焼け対策をすること、

メイクを落とす時の負荷を考えてクレンジングを選ぶこと、

シワの改善はそういったことも

複合的に考えておかなければいけません。

季節の変わり目に負けない!「揺らぎ肌」のためのコスメ&基本の ...

 

シワ改善クリームは何を改善しているのか?

 

シワ改善に関する化粧品のガイドラインは、

2017年に大きく変わりました。

それまでは「乾燥による小じわを目立たなくする」という

表現までしか認可されていなかったのが、

本当にシワを改善する効果があると認められた

医薬部外品が販売スタートした年でもあります。

 

現在、厚生労働省でシワ改善クリームに使用が認められている

有効成分はナイアシンアミド、ニールワン、レチノールの

3種類となっています。

 

これらの成分は肌の表皮の奥にある

真皮でコラーゲン繊維と繊維を繋ぐ役割をする

「エラスチン」に働きかけるのが主な効果です。

 

それぞれ、エラスチンを壊す酵素をブロックして

シワの改善を促す、コラーゲンとエラスチンの密度を高める、

ヒアルロン酸の生成を促すといった働きをしています。

 

配合されている有効成分は各社により特色がありますが、

どれも12週間で一定の効果を現しシワグレードが

1段階は下がると実験により立証されているものだけが

シワ改善クリームとしての販売を許可されています。

 

シワ改善クリームには一定の効果があるとはいえ、

一度にたくさん使えば良いというものではありません。

 

 

継続するのに無理のない金額のものを長く続ける

乾燥予防にハンドクリームを塗っている様子のフリー画像|おしゃれな ...

 化粧品に頼らないシワの改善と美容鍼

やすだ鍼灸接骨院では、

美しく年齢を重ねるために

アンチエイジングに寄り添った美容鍼を行っています。

化粧品ではアプローチできない顔の筋肉へダイレクトに

刺激を送ることができるので、

続けていくほどに表情筋の柔軟性が増して

お顔全体のリフトアップへとつながります。

 

また鍼を打った後にできる微細な傷が修復される時、

新しい細胞が盛んに生まれようとするため

新陳代謝を促す効果も期待できます。

 

肌の外側からシワに効果のある成分を

浸透させることも大事ですが、

本当に目指したいのは、

肌そのものの力を高めてシワを根本的に長期的に改善していくことです。

 

トレーニングをして体型や体質を変えるように、

お顔のアンチエイジングを意識して

化粧品に頼らないお肌が持つ本来のしなやかさを取り戻しましょう。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

詳しく見る