ABOUT

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021年2月18日 加齢による目の下のたるみと美容鍼

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、加齢による目の下のたるみと美容鍼について

 

 

体やお顔の状態は日々変化をしており、

約90日かけて古い細胞と新しい細胞が入れ替わる

=新陳代謝が行われていると言われていますが、

それは年齢を重ねるごとに

時間が少しずつかかるようになり

新しい細胞のみずみずしさも失われていきます。

 

年齢を感じさせないアンチエイジング効果のある化粧品が

研究・開発される中で、

外からのケアとともに取り入れたいのが

土台を整えるという部分です。

体やお顔の土台となっているのは筋肉と脂肪であり、

その上を薄くてデリケートな皮膚が覆っています。

 

皮膚の状態を整えるとともに、

この筋肉と脂肪の面にも着目する必要があり、

それは体だけではなくお顔にも同じことが言えるのです。

 

特に加齢にともなって気になる方が増えるのは、

お顔のたるみや、たるみによる目の下のくぼみではないでしょうか。

 

 

目の下はどうしてくぼむのか

 

口角の周りがたるむと

「ほうれい線」になるように、

目の下がたるむと「クマ」や「くぼみ」になります。

 

これはシワの一つであり、

皆さんを悩ませる「老けて見える」原因ですよね。

 

どうしてこのように加齢とともに目の下がくぼむのかというと、

もともと頭蓋骨の中でも

目の部分は空洞であることに加え、

眼球を支える眼輪筋も体の他の筋肉のように

筋力が低下するからです。

 

筋力が低下した状態でどんなに良い化粧品を使っても

土台が整っていないと

目の下のくぼみを根本的に解決することにはならないのです。

 

 

筋力の低下によって起きる他のトラブル

 

・老眼

瞳の水晶体を薄くしたり厚くしたりすることで

焦点を調節しているのも筋肉ですが、

その筋肉が劣化して筋力不足になると

視力を調整する機能が弱くなり老眼が進むようになります。

 

年齢的な問題もありますが、

老眼になる方は年々増加傾向にあり、

これはスマートホンやパソコンの普及により

焦点を一定の距離に合わせている時間が

長いことが原因と考えられます。

視力を調整する筋力を柔軟に保つためには、

長時間同じ焦点で目を酷使しないように気を付けることが大切です。

 

スマートホンやパソコン以外にも、

長時間ゲームをプレイしたりテレビを見続けたりするのも、

水晶体を伸縮させる筋力が低下するので控えたいところです。

 

 

・ドライアイ

コンタクトを着用していると

目が赤くなりやすい方はわかりやすい

ドライアイの症状ですが、

朝起きて目が赤い方も就寝中に

目を閉じる筋力が低下しているため乾燥していると考えられます。

 

目を開閉する筋力が低下すると、

まぶたもたるみますし、

まぶたを閉じ続けていられなくなるため

就寝中にもまぶたが少し開いてしまっているのが原因です。

 

これは目薬で涙に近い成分を補うことで改善されますが、

まぶたを閉じるトレーニングを

マメに続けた方がより根本的な解決に近づけられるでしょう。

 

・おでこにシワができやすくなる

ドライアイや老眼とも非常に関係が深いのですが、

まぶたを開閉す筋力が低下すると

自然に眉毛から上の筋肉を使って

まぶたを持ち上げようとするため、

おでこに深いシワが刻まれるようになります。

 

自分が眉毛から上を使っていないか確認をするのに最適なのは、

手のひらを額に当てて瞬きをする時に、

どこが動くかセルフチェックをすることです。

 

額がほとんど動かなければ

瞼の筋力が維持できているという意味ですし、

額が動くようであれば眉毛から

上の筋力に頼ってまぶたを開閉していることを意味しています。

 

 

年齢とともに筋力が低下するのは自然なことです

 

体の筋力が落ちれば代謝も落ちて太りやすくなしますし、

筋肉も付きにくくなって張りがなくなるのも自然なことです。

 

これは体にもお顔にも当然起こることですが、

自分でその老化スピードを緩やかにするためには

定期的にトレーニングをするのが効果的でしょう。

 

体の筋トレと同じ要領で顔にも筋トレがあります。

 

顔ヨガと呼ばれるものもその一つですし、

コルギのように外から刺激を与えて筋肉を動かす方法もあります。

 

どの方法が自分に合っているか、

効果を感じやすいか、金額的に無理はしていないか、

などの様々な観点から長続きするアンチエイジング対策をしていきたいですね。

 

その中の一つに、顔や頭、

首の毛細血管に直接働きかける

「美容鍼」という方法が位置付けられています。

 

毛細血管の再生能力に

着目して美容鍼その効果とは

 

人間にはもともと自然治癒力が備わっています。

美容鍼の考え方の根底にあるのは、

この自然治癒力を応用して自力で回復しながら

アンチエイジング効果を高めるという考え方です。

 

毛細血管や筋肉の細胞に痛みのない目に見えない程度の傷をつけると、

その傷を回復させるために傷の周囲の新陳代謝が活発になるため、

より強度の高い細胞や皮膚へと生まれ変わることを想定しています。

 

美容鍼は即効性もありますが、

定期的に新陳代謝を促していくことでより

細胞が活性化されることに繋がります。

 

また土台を刺激しながら洗顔や基礎化粧を見直して、

内側と外側からアプローチすると、

より効果を持続させやすいお肌の状態を整えられるでしょう。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

 

👆この図をクリック

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

詳しく見る