ABOUT

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021年5月30日 美容鍼と内面から、うるおう肌作りを!

名古屋市北区、

上飯田駅より徒歩3分の

やすだ鍼灸接骨院です。

今回のテーマは、

「美容鍼と内面から、うるおう肌作りを!」です。

 

乾燥が気になるこの季節、

みなさんは、どんな美肌ケアをしていますか?

鏡を見ると目元や口元の乾燥が気になったり、

手荒れや手の甲のカサツキだけでなく、

髪もパサついてしまったりと、

こまめに保湿をしていても、

体のどこかが乾燥をしてしまいます。

 

乾燥は美容の大敵です!

食事面を見直して、

栄養を取り入れた肌に、

美容鍼を施術することは、

何もしていない肌に施術するよりも

高い効果を得られるでしょう。

 

今回は、内面からお肌をサポート、

栄養をしっかり取り込み、

消化や代謝アップをはかり、

乾燥からお肌を守れるように、

うるおい肌を作るための食事や、

オススメの暮らし方などご紹介していきます。

是非ご覧ください。

 

潤う体に必要な栄養とは?

 

私たちの体は、

日々口にする食べ物によって

変わっていきます。

必要な栄養素を知ることで、

献立に取り入れたり、

アレンジしていけると良いですね。

 

たんぱく質(赤みの肉、むね肉・ささみ肉、

       魚、卵、大豆製品、乳製品など

 

からだのあらゆる細胞を作る大事な成分で、

皮膚や粘膜、髪、美肌をキープするためにも、

とても大切な栄養素になります。

 

例えば、過剰にダイエットをして

タンパク質不足になってしまった場合、

痩せたけれど肌に潤いが無くなって、

よくない結果になることも‥

高タンパク質で低カロリーな大豆製品を

摂ることがオススメです。

 

脂質(オリーブオイル、ナッツ、

    アボカド、サーモンなど

 

ホルモンの原料になったり

細胞を守る役割があります。

不足すれば肌荒れや体調不良を

引き起こすこともあります。

 

炭水化物(米、パンなどの穀物やイモ類など)

 

体内で水分を蓄える働きがあり、

不足すると肌のハリやツヤを

失いやすくなってしまいます。

 

ビタミン、ミネラル(緑黄色野菜に多く含む)

 

お肌の力をアップするために必要な存在で、

たんぱく質、脂質、炭水化物が

体内で働きやすいように

サポートする役割をします。

 

特にビタミンAは、

粘膜や皮膚を健康に保つのに必要で、

ビタミンCは、

メラニンの生成を抑えてくれるので

美肌感がアップします。

 

これらの成分が不足すると、

流れが滞ってしまいますから、

積極的に取り入れましょう。

 

汗をあまりかいてない時でも、

肌から水分は蒸発していて、

体内の代謝で一日に約2、5リットルの

水分を使用いているとされています。

体の各所へ栄養素を運ぶ役割もある大事な水、

こまめに水分補給していきましょう。

 

食物繊維(野菜、キノコ類、海草類に多く含む)

食べた栄養を体の中に取り込むことは、

殆どが腸で行われるので、

腸を良い状態にする食物繊維は

欠かせないのです。

 

どれも直ぐにでも

身近なスーパーで買える食材で、

手軽なものばかりです。

意識して食材を選ぶことで

体やお肌にも段々と効果が現れるでしょう。

 

 

お肌のコンディションを

意識してチェックしてみてください。

 

 

潤うからだ作り、生活の見直しポイントとは?

 

リモートワークや必要以外に

買い物に外出しない生活が続いて、

家で過ごす時間が以前より

増えていると思います。

この機会に暮らしかたを見直して、

上手に過ごして、

潤いアップを目指しましょう。

 

・寝る前の5分間を見直す!

寝る前の5分間、

あなたは何をしていることが多いですか?

SNSをチェックして過ごしたり、

溜まっているメールやラインに返信をしたり、

思い思いに過ごしていると思いますが、

今日からは美肌のために使いませんか?

 

良質な睡眠をとるために、

コップ一杯の白湯を飲むことをオススメします。

朝の一口目に白湯を飲むと良い

と聞いたことがあったり、

実践されている方も多いと思いますが、

寝る前に飲むことも効果的です。

体を内側から温めて

寝付きやすく促してくれます。

寝ている間に古い細胞と新しい細胞の

入れ替えをしているので、

睡眠不足になってしまうと

スムーズにこの入れ替えができないのです。

翌朝スッキリと起き上がれるように

睡眠をしっかりとれるよう心がけましょう。

 

 

また、保湿効果の高いナイトクリームを

塗ってお肌の潤いを朝まで保つこと、

寝ている間に乾きやすい唇のリップケアも

良いでしょう。

 

・適度な運動をする!

 

スポーツジムに通ったり、

激しいスポーツを取り入れることではなく、

普段の暮らしのなかで、

歩くことを意識したり、

ストレッチを取り入れてみましょう。

体内の地の巡りがよくなると、

体の隅々まで栄養が行き渡ります。

 

・メンタルを整えよう!

 

心の健康は体の健康に

大きな影響を与えます。

不安を抱えていたり

イライラしているという気持ちは

体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

自分なりのリラックス方法を

見つけてみましょう。

本を読む、アロマスティックなど

好きな香りを嗅ぐことで癒されるなど、

簡単にできる方法をもっておくと良いですね。

 

美容鍼の効果とは

 

食事を見直して、毎日、口にするものを

意識していくと

体も徐々に変化していきます。

バランスのいい栄養を摂ったあとには、

美容鍼で栄養素の巡り良くして

活かしましょう!

 

健康的な肌をより素敵に見せるために、

顔にあるツボや筋肉に

直接アプローチできる美容鍼

効果が期待できます。

年齢とともに重力に負けて

筋肉がたれてしまった

お顔のたるみも改善へ導きます。

食事や暮らしを見直して、

内面から整えて、

うるおい肌を作ってきましょう。

そして是非、外面からは

美容鍼で施術をして

美肌作りをしてみませんか?

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

 

詳しく見る

2021年3月23日 美容鍼の目元への効果は?エイジングケアって?!

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

 

今回は、美容鍼の目元への効果は?

エイジングケアって?!

 

 

鏡をみて、今日の肌の調子は良いかな?

とチェックする時に、目元で判断してはいませんか?

 

マスクを日常に付けるような生活が始まってから、

特に目元のシワやたるみなどが気になるようになった方も多く

目元への注目が高まっているかと思います。

 

そんな気になる目元のケアについて、

何を使えば良いのか分からないというお悩みに応えるべく、

美容鍼の効果などと一緒にご紹介していきたいと思います。

 

■目元のお悩みに繋がる原因とは?

 

最近はテレワークの方が増え

コロナ禍での生活様式の変化に伴い、

家で過ごす時間帯が増えたため、

長時間テレビやスマホを見たり、

パソコンやパッドを使用する時間が増えています。

就寝する間際までスマホを見ている方も多いと思いますが、

その様に目を休めることなく酷使してしまうと、

眼精疲労を抱えてしまいます。

 

眼精疲労は血行不良につながってしまい、

疲れ目のため、目を細めることによって

目元のシワをも作ってしまうのです。

 

目を使う作業を長く行う場合には、

1時間に1度、PCから目を離し遠くを見るなどして、

目を休めて、リラックスするよう意識しましょう。

 

■美容鍼で期待できる効果は?

 

シワやたるみなの原因は、

重力によって徐々に下へ下へと皮膚が引っ張れられることや、

表情筋の筋力が年齢とともに低下してしまうなど要因は様々あります。

 

また、顔の筋肉は単体で存在しているわけではなく、

薄い筋膜ですべて繋がっていますが、

美容鍼を顔全体に施すことは、

リフトアップした皮膚の状態でツボを

鍼というピンで留めていくような、

そんな風にイメージして頂けると分かりやすいかと思います。

皮膚がリフトアップした状態を保ち、

深部組織にあるツボやリンパを鍼で直接刺激することにより、

血流を促し、表情筋を活性化させていくのです。

 

それがシワ・たるみの改善に繋がり、

鍼の刺激による血行促進も期待できますので、

肌のトーンがアップし、顔色がよくなったり、

老廃物の解消も促されるので、

コリや目の疲れにも効果的なのです。

 

また、肌そのものが持っている本来の力を取り戻すことで、

滞っていた血流が促されるので、

顔から繋がる部分の頭痛や肩凝りなど

別のお悩みの改善にも繋がるという相乗効果も期待できます。

 

 

■自宅でできる目元ケアは?

 

顔の中でも目元の皮膚は特に薄く、

疲れや年齢が出やすいのが目元です。

 

30代を超えてからのケアには、

保湿クリームを塗ることと合わせて、

週に1〜2度のスペシャルケアとして、

目元パックを貼ることをおすすめします。

集中的に保湿を行うことで、乾燥にる小じわやくま、

たるみなどの改善に繋がります。

貼るだけの手軽なパックで若々しい目元を保ちましょう!

 

お悩み肌別に、効果的な成分を見ていきましょう。

 

◎乾燥が気になる

目元が乾燥していたり、小じわが気になる、

目元が暗く感じ、くすんでいるという場合は、

保湿効果が高い

“ヒアルロン酸”、“セラミド”、“アミノ酸”

などの成分が配合された目元パックを使うと良いでしょう。

 

目元は特に皮膚が薄いデリケートな部分ですが、

潤い不足になりがちなので、

まずは保湿を第一に優先していきましょう。

 

 

◎ハリが無いことが気になる

肌に張りをもたらす

“コラーゲン”や“”エラスチン”は、

加齢にともない減少していき、

肌の弾力を低下させてしまうのです。

 

ハリが不足しているのではと感じてる方は、

“ビタミンC誘導体“、“コエンザイムQ10”、“レチノール”

などの成分が配合されている

パックを使うことでケアできるでしょう。

◎目の下にクマができている

睡眠不足や疲れが主な原因で出来てしまった青色のクマには、

血行促進することが効果的です。

 

血行促進に効果的な成分は

“ニンジンエキス”、“ビタミンE”、“レチノール”

などがあり、オススメです。

また、最近人気のホットアイマスクも良いでしょう、

目を温めることで血行を促進してくれますので、

クマを目立ちにくくしてくれます。

 

パックによっては、紫外線によるダメージを防ぐもの、

美白効果を高めるものなど、

様々な美容効果のある美容液をたっぷりと

含んだパックがありますので、

その都度、気になる悩みに合わせて選ばれると良いでしょう。

 

 

■簡単なトレーニングで血行促進を!

 

顔は細かい筋肉が沢山ありますが、

他の筋肉同様に使わなければ衰えていく一方です、

筋肉をしっかりと意識して動かし、若々しくいたいものですね!

 

★まぶたのトレーニング

下側のまぶたに力を入れながら、

眼輪筋の下側を鍛えるエクササイズになります。

 

1、目を開けた状態で、

  上側のまぶたが動かないように指で軽く押さえてください。

2、下側のまぶたに力をいれて、

  上へ持ち上げるようにして、そのまま5秒キープします。

3、ゆっくりと、もとに戻してください。

 

これを片目ずつ、5回行うと良いでしょう。

 

★8の字トレーニング

その名の通り、顔を正面に向けて目を見開いて、

眼球を8の字を描くように動かして、眼輪筋全体を鍛えましょう。

 

ゆっくりと5回行ったら、逆回りで5回行いましょう。

 

■まとめ

 

今回は日々の生活に取り入れ易いような、

簡単にすぐにできる目元ケアをご紹介しましたがいかがでしょうか?

 

マスク生活で、目立つ部位となった目元、

諦めずにケアをしていきましょう、

それには美容鍼は速効性もあり最適な施術と言えるでしょう。

 

まだ試されてない方、是非1度お試しください、

た鍼が痛いのでは?

など心配なことがあればお気軽にご相談してください。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

 

詳しく見る

2021年3月11日 洗顔効果のあるシートパックの特徴と美容鍼

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、洗顔効果のあるシートパックの特徴と美容鍼

 

洗顔とスキンケアが1枚のシートパックで完了する、

そんな究極の時短アイテムが

ここ数年で様々な年代に定着してきたように思います。

 

皆さんは使用したことはありますか?

一見、60秒で朝のスキンケアが完了するなら

毎日でも使いたい!

と思うほど便利に見えますが、

実際は肌のタイプに合う人と合わない人が存在しますので、

少しだけ慎重に取り入れた方が良さそうです。

 

もちろん、肌荒れもせず化粧ノリも良くなる肌質の人も

たくさんいらっしゃいますので、

自分の肌質が洗顔もできるシートパックで

順調かどうか試してみる価値はあるでしょう。

 

では洗顔効果のあるシートパックの特徴と、

気を付けたいポイントについて考えてみましょう。

 

 

■洗顔効果のあるシートパックの特徴

 

もともとの起源は、

洗顔シートや

体を拭く汗拭きシートから派生しています。

 

この洗浄成分に加えて、

保湿成分や美容液成分を配合することで、

洗浄と保湿が同時に行えるように

なったのが最大の特徴です。

 

朝用、夜用、男性用、女性用など分かれているのは、

必要となる洗浄力と保湿成分のバランスが

朝晩や男女で違いがあるためであり、

その点を考えると朝用だから…

男性用だから…と選ぶより、

洗浄力の使用感や使用後の保湿効果などを参考に、

自分の肌質とより相性のよい

シートパックを選ぶことが大切です。

 

 

■シートパック選び、どんなことに気をつける?

 

・洗浄力が高すぎないかどうか

パックをするだけで洗顔もできる

 = ある程度洗浄力もあるという意味です。

 

お肌が敏感な方はその洗浄成分の一部に

アルコール由来のものが含まれていると、

必要な成分まで奪われてしまい乾燥の原因となります。

 

そのような場合は、保湿まで1枚で完了すると

うたっていても重ねて

普段の保湿をしておくことをおすすめします。

 

また汗をかきやすい夏場はさっぱりして調子が良くても、

冬場には向かないこともありますので、

洗顔シートパックの後

ベースメイクが乾燥するようであれば、

冬場の使用は控えた方が良い

肌質の方もいらっしゃいますね。

 

実際はよく泡立てた洗顔料で

やさしく洗う方が

肌への負担は少ないと言われています。

 

・保湿は十分にできているかどうか

洗顔効果のあるシートパックの中には、

化粧下地効果まで備えており、

そのままベースメイクに進めるものもありますが、

年齢肌や敏感肌には少し保湿が足りないのが現実です。

 

特に皮脂の出やすい小鼻周りで

ちょうど良い洗浄&保湿力であれば、

なおさら毛穴の開きやすい頬や額には

保湿が十分でないことが挙げられます。

 

このように考えると、

洗顔シートパックは成分を顔のパーツごとに

選ぶことはできませんから、

混合肌の方も

一度にケアできるアイテムではないということがわかります。

 

活用する場面としては、

メイクをしていない日の就寝前や

寝起きにふき取り化粧水を使う感覚で使用する。

 

あるいは、ノーメイクの出先で急遽

メイクが必要になったときに、

肌表面の汚れを取り除く用途で使用する、

といったケースで活用できるでしょう。

 

・肌の汚れ残りが毛穴トラブルになっていないか

洗浄力が強すぎてもトラブルになりますが、

個々の肌質によっては

洗浄力が足りずに毛穴に汚れが詰まったままとなり、

吹き出物などの肌トラブルになることがあります。

 

特に肌表面の雑菌が残ったまま

マスクをして1日中過ごすと、

さらに菌が繁殖して

肌荒れが悪化することにもなり兼ねません。

 

万が一肌荒れの症状が出ている場合は、

洗顔効果のあるシートパックが直接の原因ではないとしても、

一時的に使用を見合わせて

通常の洗顔とシンプルな保湿に戻し、

しばらく様子を見た方が安心ですね。

 

また毛穴トラブルが絶えない箇所の傾向を特定しておくと、

今後のケアのヒントになり大変有効です。

 

 

■ 肌をこすらないメリット、

 きちんと洗顔できないデメリット

 

シートパックで洗顔を済ませるメリットは、

肌に摩擦を加えないため負担が少ないという一面であり、

逆にきめ細かい泡で丁寧な洗顔は

求められないのがデメリットになります。

 

皮脂の分泌量が多い中高生であれば

シートパックの一定の洗浄成分で

すっきりするかもしれませんが、

30代以降の毛穴が整いにくい年齢肌世代には、

強い洗浄力と控えめな保湿力が

裏目に出る可能性は大いにあります。

 

その点を考慮して、毎日のメインの使用は避け、

たまのお手軽ケアとして

利用するという活用方法が

一番相性として良いのかもしれませんね。

 

 

■毛穴トラブルが落ち着かない時は

 

普段の洗顔と保湿をしていても毛穴の開き、

たるみ、吹き出物といったトラブルが起きる場合は、

まずメイクそのものを中断して

肌にできるかぎり負担をかけない生活心がけましょう。

 

それでもおさまらない時は、

炎症を起こしている根本から塗り薬や飲み薬を

処方しなければ完治しないケースもありますし、

毛穴の形が整わなくなることで

洗顔や保湿がうまくいかず

毛穴トラブルになっているケースもあります。

 

いずれにしてもセルフケアで限界を感じる時は、

専門の医療機関や

アンチエイジングに特化したケアを

プラスアルファすることで

解決を目指してみてはいかがでしょうか。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

 

詳しく見る

2021年2月12日 冬の乾燥肌3つのNG行動と美容鍼

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、冬の乾燥肌3つのNG行動と美容鍼

 

あっという間に寒くなり、いよいよ冬本番です。

冬になると肌の乾燥で毎年お悩みの方も

多いのではないでしょうか?

 

例えば「お風呂上りに肌がつっぱる」

「化粧ノリが悪い」

「顔の肌の皮がめくれる」など

心当たりのある方はいませんか?

 

今回は、このような冬の肌トラブル

「乾燥」の原因と対策についてご紹介します。

 

乾燥肌とは

 

乾燥肌とは、その名の通り、

肌に水分や油分が不足し

乾燥している状態のことを言います。

 

乾皮症ともいわれ、

皮脂分泌量の低下やバリア機能を担っている

細胞監視室などが減少することで、

角質の水分が蒸発してしまう状態です。

 

粉をふいたようにカサカサになり、かゆみも伴います。

細胞と細胞の間に隙間がない健康な肌と違い、

細胞と細胞の間に隙間ができているのが乾燥肌の特徴で、

これが肌荒れとして表われるのです。

 

 

乾燥肌と冬の季節の関係性

 

冬の寒さは、肌にとって大敵です。

乾燥や代謝機能の低下を招き、肌荒れやシワ、

くすみ等といった肌トラブルの原因にも影響しやすくなります。

 

乾燥肌になると、なぜかゆい?菅沼薫流、最強乾燥対策 | ハルメク美と健康

肌乾燥の原因① 外的要因

冷たい風や、空気が乾燥しやすい冬は、

肌の水分を蒸発させやすく、

乾燥肌を引き起こしやすい季節です。

また、暖房の効いた室内も、

湿度が低くなり乾燥肌の原因にもなります。

 

空気中の湿度が50%以下になると、

角質層の水分は、15%から10%以下に減少するといわれています。

こうなると、肌のツッパリや、かさつきを感じるようになります。

つまり「空気の乾燥=お肌の乾燥」と言えるのです。

 

 

肌乾燥の原因② 内的要因

加齢による、肌の保湿機能の低下も肌乾燥の原因の一つです。

睡眠不足や、ストレス、紫外線によって、

肌のバリア機能が低下し乾燥が引き起こる場合もあります。

 

また、季節の変わり目は自律神経が不安定になりや酢炒め、

肌のターンオーバーが乱れて肌トラブルが起こることもあります。

 

 

やってしまいがち!気を付けたいNG行動

 

・熱いお湯で洗顔をする

40℃以上の熱いお湯洗顔をしていませんか?

熱いお湯は、余分な皮脂も流してしまい、

水分の蒸発を促す原因を招きます。

ぬるま湯で優しく洗いましょう。

 

・肌への刺激が強い洗顔で洗う

洗浄力の強い洗顔料や、

スクラブなどの刺激が強い洗顔料でゴシゴシ洗うと、

汚れと共に必要な皮脂までも洗い流してしまい、

角質を傷つける原因になります。

試用レポート: パナソニック 洗顔美容器 濃密泡エステ EH-SC63-P ...

肌に優しい洗顔料で、

なでるように優しく洗うことをおすすめします。

 

・カフェインの取り過ぎ

コーヒーなどに含まれるカフェインには、

利尿作用があるため、水分補給をしているつもりでも、

排出してしまうことで身体の水分は不足しやすいです。

 

肌の乾燥は、外側のケアと同時に、

身体の内側の水分量をたっぷり保つことがポイントです。

 

コーヒー、紅茶などカフェインを含む飲み物を飲む場合は、

あわせてお水や白湯なども飲むとよいでしょう。

 

 

冬の乾燥肌の予防法

 

・暖房の使い方

先程ご紹介したとおり、空気が乾燥すると、

皮膚の水分は奪われて、肌の乾燥につながります。

 

暖房を使う機会が多い冬は、加湿器を使ったり、

部屋に濡れた洗濯物を干すなどの工夫をして、

部屋の湿度を上げる意識を持ちましょう。

 

また、電気毛布を使う方は、

つけっぱなしで寝てしまうと、身体の水分が失われるため、

寝る前まで温めて置き、寝る時は消すのがおすすめです。

 

 

・食生活について

基本はやはり、毎日3食規則正しくきちんと食べることです。

肌の潤いに必要な、ビタミン、ミネラル、

タンパク質などのバランスが良くなり、肌の調子も整います。

 

肌に欠かせないタンパク質は、

肉、魚、卵、牛乳、大豆等が代表的な食品です。

 

また、肌のターンオーバーを活発にするには、

ビタミンや葉酸を多く取ることも必要です。

レバー、海藻、緑の強い野菜などを

なるべく冷やさない調理方法で食べましょう。

適度に香辛料を使った辛い食べものを摂り

新陳代謝を高めることも、

肌のターンオーバーを活発にする手助けになります。

 

バランスの良い食事を摂るために、すぐにできるちょっとした工夫 ...

・洗顔

乾燥肌対策には、洗顔の仕方と保湿がポイントです。

洗顔する時は、洗顔料をよく泡立てて、

ぬるま湯でやさしく洗います。

 

乾燥を進めてしまう熱いお湯はNGです。

洗顔後は、すぐに化粧水でしっかり水分補給をしましょう。

その後に、乳液や美容液で水分が逃げないように保護します。

乳液や美容液の重ね塗りなども

保湿力がアップするのでおすすめです。

 

 

乾燥肌でお悩みの方、

乾燥対策はしているつもりだけど

セルフケアではなかなか改善が見られない方は、

ぜひ一度、やすだ鍼灸接骨院へお気軽にご相談ください。

 

アンチエイジング美容鍼という、

人気の美容の為の鍼治療も行っております。

お一人お一人のお悩みに合ったアドバイスをさせていただきます。

 

まだまだ続く寒い冬。知らずしらずのうちに、

乾燥肌の原因を作っていることもあるかもしれません。

水分はもちろんのこと、

湿度についても気にすることが大切です。

 

毎日の食生活や生活習慣、スキンケアを見直して、

冬の季節も潤いもっちり肌を目指しましょう。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

 

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

詳しく見る