ABOUT

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020年10月12日 腰痛に悩んでいませんか?原因とセルフケア対策

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は、腰痛に悩んでいませんか?

原因とセルフケア対策について

ストレスからおこる腰痛~腰痛とストレスと脳の関係~【川口陽海の腰痛 ...

 

日本人を悩ませている病気・ケガのうち、

「腰痛」

が男性ではもっとも多く、

女性では「肩こり」に次いで「腰痛」が、

多くの方の悩みとなっていますが、

どこでどんな施術を受ければ改善するのかわからず、

困っている人も多いかと思います。

 

腰痛といっても、

生活習慣などが原因の慢性の腰痛の方や、

猫背など姿勢が悪いせいでおこっている腰痛、

ケガや内臓の病気が影響しているなど、様々です。

 

ケガや病気が原因の場合は、

まず医師の診断を受診することが先決ですが、

それ以外の慢性的な腰の痛みであれば、

接骨院で施術を受けることは、効果的なのはご存知でしたか?

 

そこで、今回は、腰痛の原因や施術とはどんなものか?

お悩みを少しでも軽くできるよう、

セルフマッサージなどもご紹介していきたいと思います!

実は"聞こうとしてない"だけだった!「仕事がわからない ...

 

腰痛の原因や施術は?

 

・腰痛の原因は何でしょうか?

長時間のデスクワークまたは、立ち仕事など、同じ姿勢を続けている、

重いものをよく持ち上げたり、腰に負担がかかる仕事をしている、

猫背など姿勢が悪い等、そのせいで筋肉が硬くなってしまい、

骨盤や背骨にも歪みが出てしまうのが原因です。

デスクワークの人は必見!腰痛になりにくい座り方とは? | サーブ ...

 

慢性症状が骨格の歪みによるものだった場合、

その原因は長年の生活習慣や、体の悪いクセにあります。

 

例えば、デスクワークで長時間パソコンを見ている人は、

頭が前に出ていて、骨格のバランスが乱れていたり、

いつも重い荷物を持つお仕事をしている人や、

椅子に座るときに片方の足ばかり上にして脚を組む人なども同様です。

 

つらい腰痛を治すには、それぞれの原因に合った施術が必要です。

整体の施術では、体の中心である骨盤や背骨の筋肉をほぐし、

歪みを正すことで、体のさまざまな不調を改善するものですから、

まさに腰痛改善に施術はピッタリなのです。

 

「接骨院の施術は痛いのでは?」

と怖がる人も多いですが、基本的には痛くない、

心地よいものです、腰痛の人の中には、

腰椎や骨盤の歪みが原因になっている人が多くいます。

 

その場合は最初に、体の歪みの状態や、

どこに痛みが出ているかなどをチェックしていきます、

それから施術に入ります。

 

筋肉をほぐしながら、骨格の歪みを手で整えていきます、

圧迫したり、脚を曲げ伸ばししたり、股関節を回したりします。

歪みを矯正した後に、その状態をキープできるよう、

インナーマッスルに働きかけて筋力をつける手技もあります。

たった30分の寝るだけインナーマッスルトレーニング「JOYトレ」

 

「整体は痛いのでは?」と怖がる人も多いですが、

基本的には痛くない、心地よい施術と感じられると思います。

 

歪みを1回の施術である程度改善できたり、整えたとしても、

長年の日常生活でまた同じことをしていては、

歪みが戻ってしまいますので、それを解消するには、

施術と並行して生活習慣も改善する必要があります。

 

 

セルフケアをご紹介します

長時間同じ姿勢で座っていることなどにより、

お尻が痛くなることはありませんか?

 

効果的なマッサージの方法について理解をして、

生活の中にとりいれて、

痛みやこりを自分でも解消出来るようにしていきましょう。

 

マッサージの効果をより高めるコツは?

・半身浴がベストですが、足湯など、

カイロや湿布を用いたりして、

下半身を温めておくだけでもオススメです、

血行が促進されて効果が高まります。

 

特に腰回りは体の中でも冷えやすい箇所なので、

冷房の効いた室内では、下着や衣類でしっかり防寒しましょう。

 

・十分な水分補給をしましょう。

老廃物が汗などと共に排出されやすくなるためです、

常温の水でも構いませんが、白湯がオススメです。

こまめな補給が大切?気を付けたい水分補給のポイント | カンタン健康 ...

・リンパさすり流れを促して、

血行を良くしておくと、血流が流れやすくなります。

 

さする際には、あまり強くこすらずにしましょう、

一箇所に付き10回程度、やさしくさすれば十分効果があります。

 

さすり方は、

①まずは左側の鎖骨から流します、次に右側を

②耳下腺を左右とも上から下へ流す

③鎖骨下にある胸腺も脇の下へ流す

④胸の下の助骨部を上から下へ左右同時に流す

⑤鼠径部も上から下へ左右同時にさすって流します。 

 

マッサージの前にリンパをさすることを習慣づけると、

マッサージをする度にリンパの流れも促進されて相乗効果が期待できます。

 

セルフマッサージの仕方は?

気をつけないといけないのは、痛みやしびれがある時は、

マッサージを避けましょう、強い力は必要ありません。

 

大腰筋(だいようきん)を緩ませる必要があると、

緊張して凝り固まった筋肉が縮んで背骨が下に引っ張られ、

腰に大きな圧力がかかってしまうのです。

大腰筋トレーニングの基本は壁を使ったもも上げ | StartHome

 

太ももの筋肉をほぐすことで、

腰の筋肉も緩ませやすくなりますので、両方を意識してマッサージしていきます。

 

まず、「大腰筋」をほぐします。(右側から左側の順で行います)

 

①椅子などに座った状態で、右手を使い、

腹筋のすぐ右側にあるくぼみ(大腰筋)を探します。

こぶしを作り、くぼみに当てたまま、

体の外側から内側に向かってグッと力を入れ大腰筋

にこぶしを押し込みましょう。

 

②今度は左手で太ももを掴んで少しずつ位置をずらしながら、

押すと少し痛みを感じる筋肉が固くなる部分をさがしてください。

 

③左手で太ももの硬い筋肉を掴んで左右に揺らして、

右手4本指で筋肉を優しくほぐしましょう。

 

大臀筋(だいでんきん)も緩めることが腰痛の緩和につながります、

腰の筋肉だけ緩めてもすぐに緊張状態に戻ってしまうため、一緒に緩めることが重要です。

大殿筋 - 徒手療法の臨床論

 

次に、「大臀筋」をほぐします。(右側から左側の順で行います)

 

①腰の凝り固まっている筋肉をほぐす。

左手を背中側にまわして、右側の腰を触り、

こりを感じる場所を探して左手はその位置に置いてください。

 

②右手で握りこぶしを作って、右のお尻の筋肉を触り、

ゴリゴリと硬くなっている筋肉を探してください。

 

③右手の握りこぶしで、

上下左右に揺らしたりグリグリとほぐしたりしながら、

飛騨レイテで腰の筋肉を優しく揺らして緩ませます。

 

スキマ時間を見つけて、是非、マッサージをしてみてください。

 

根本的に腰痛を改善するためには、、一定期間通院しながら、

同時に生活習慣や体の悪いクセなども直していくことが大切です。

 

腰痛の痛みはつらいものですよね、セルフマッサージや施術を受けて、

痛みのないスッキリした毎日を送れるよう願っています!

お気軽に当院までご相談くださいませ。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

TOP page

詳しく見る

2020年8月13日 椎間板ヘルニアの治療方法、手術の前に出来ること

名古屋市北区

上飯田駅より徒歩3分にあるやすだ鍼灸接骨院です。

今回は椎間板ヘルニアの治療方法

手術の前に出来ることについてです。

 

椎間板ヘルニアとは

老化にともなう「椎間板」の変化!!: 椎間板ヘルニアによる腰痛から ...

背骨と椎骨の間でクッションの役割を果たしている軟骨(椎間板)が変性し

組織の一部が突出した状態(ヘルニア)になっていることを言います。

Vol.6 背骨の病気 1. 椎間板ヘルニア(続編5~6) | 特定非営利活動法人 ...

椎間板が突き出て、脊髄中枢神経や抹消神経を圧迫している状態です。

ヘルニアの状態にある椎間板が脊椎の神経を圧迫するので、痺れが起こります。

腰の痛みとともに痺れもともないます。

 

 

椎間板ヘルニアとはどんな病気?

 

椎間板ヘルニアになるのは、20代~40代が多く、

男性は女性の2倍の確率で発症すると言われています。

また、腰痛の人のうちのたった5%程度で、日本の人口の約1%程度と言われています。

椎間板は、椎体と椎体の間にあり、ゼラチン状の髄核と

その周囲の繊維輪とからなっています。

 

つまり、椎間板ヘルニアとは、髄核の水分量が年齢とともに減って、

繊維輪を押して髄核が外へ突出し、神経を圧迫してしまうという病気です。

 

椎間板は10歳を過ぎた頃から老化が始まります。

加齢に伴う椎間板の老化で生じます。

また椎間板縦方向の圧力には強いですが

曲がったりひねったりという方向には比較的弱く

腰を曲げて重い物を持ち上げたり身体を強くひねるといった動作が

引き金となることや、激しいスポーツを行いそのことが引き金となり

発症することも少なくありません。

 

その他にも、悪い姿勢を続けることや

喫煙・遺伝(同一家系内に発症しやすい)が原因になることもあります。

 

脊椎のどの部分でヘルニアが起こっているかによって

頸椎椎間板ヘルニア

胸椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

などと病名がついています。

痛みやしびれなどの症状の現れ方は、ヘルニアの発生部分や状況によって様々です。

 

頸椎椎間板ヘルニアの場合は

頚や肩、腕から手にかけて、痛みやしびれの症状が出ます。

また、箸が使いにくくなったり

ボタンがかけづらくなったりする症状が現れる方もいます。

また、足のもつれや歩行障害が出ることもあります。

頸椎椎間板ヘルニアとは(原因・症状・診断検査・治療法など) - 医療 ...

胸椎椎間板ヘルニアの場合は

痛みは少ないですが、足のしびれや脱力感、歩行障害が出るのが特徴的です。

ヘルニアになっていても本人が気づいていないケースも多いです。

胸椎椎間板ヘルニア | 首・腰のヘルニア、痛みの原因・治療情報をお届け!

腰椎椎間板ヘルニアの場合は

腰やお尻・下肢(坐骨神経)に痛みや痺れ

また筋力低下、歩行困難などの症状がみられることがあります。

前かがみになることや、椅子に座ると痛みや痺れが強くなることが多いです。

また神経が神経の圧迫が進むと

尿が出にくい、便秘がちになってしまうといった症状が出ることもあります。

07. ヘルニアは、切らずに治る―腰椎椎間板ヘルニアの話― │ チーム脳外 ...

 

椎間板ヘルニアって、手術が必要なの?

椎間板ヘルニアというと、すぐに手術を思い浮かべる人が多いですが

実際のところ、手術が必要な椎間板ヘルニアというのはそんなに多くはありません。

椎間板ヘルニアは、椎間板が変形して突出し

神経を圧迫する病態をさしますので、画像診断で診断が容易にできますが

それが即症状に結び付くとも限らず、無症状のまま長い間過ごす人も中にはいます。

 

そして、長い間にヘルニアの突出が自然消滅したり

縮小したりするケースもあることが近年わかってきました。

 

ですから、椎間板ヘルニアで、手術が必要になるのは

実はそんなに多くないのです。全体の1割から3割程度なのです。

 

保存療法とは

椎間板ヘルニアを手術療法ではなく治す療法を、保存療法といいます。

椎間板ヘルニアは、自然治癒することもあるため

まずは、保存療法から治療が進められます。

 

代表的な保存療法の治療には

骨盤ベルトをかけて牽引する牽引療法や

消炎鎮痛剤を使用して痛みに対処する治療がありますが

患部の筋肉の緊張をやわらげるための温熱療法というものもあります。

 

筋肉の緊張を緩和させることから

つらい痛みをやわらげる

腰痛のほとんどは、日常生活における何気ない姿勢や動作により

引き起こされることが多いため

腰への負担を日ごろから減るように工夫をすることや

てあて在宅マッサージ|医療保険適用|訪問リハビリマッサージ

 

体重の増加に気を付けることで、腰痛の発作を減らすこともとても大切です。

 

また、ストレッチや椎間板ヘルニアのまわりの筋肉を柔らかくし

筋肉の緊張をとってあげることや、腰を温めることで

つらい痛みや痺れが解消することがあります。

 

日本整形外科学会の診療ガイドラインにも

『緊急例をのぞき、保存療法を3カ月試みた後に

症状の改善がなく患者さんの強い要望があった時』にはじめて

手術を勧めていますので

3カ月位は保存療法やこの療法で筋肉のケアをしてみても良いでしょう。

 

ただ、時には緊急を要するケースや他の病変が隠れている

こともありますので、自己判断せず

まずは医療機関で診断をしてもらうことが重要です。

 

やすだ鍼灸接骨院でも

椎間板ヘルニアついての相談も行っております。

気になる方は、一度お問合せください。

詳しく見る

2020年7月28日 坐骨神経痛と座り方

「ずっと座っていることが辛い」「腰の辺りから足までしびれや痛みがある」「足に力が入りにくい」「立ち上がる時に痛い」「かがむと痛い」このような症状がある人は、坐骨神経痛かもしれません。この坐骨神経痛は日々の座り方とも関わりがあるのです。今回は、坐骨神経痛について、その特徴と、予防に繋がる正しい座り方について紹介します。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から、足先にかけて痛みやしびれを伴う症状です。坐骨神経とは人間の神経の中で最も長い神経で、1メートル程あるといわれています。腰椎の骨の間から外に出てきて、太ももの裏からふくらはぎの外側、足まで伸びています。そのため、腰などで坐骨神経に圧迫を受けると、そこから先の部分に痛みやしびれが生じ、ひどくなると日常生活に支障が出る場合もあるため、症状の軽い時でもケアをすることをおすすめします。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は、病名ではなく症状の名称です。他に原因があるために起こります。なので根本を治療しなければ痛みはおさまらないと言われています。腰椎椎間板ヘルニアや腰椎分離症などによって引き起こされるものや、筋肉の緊張が強くなり圧迫を受けて引き起こされるものがあります。姿勢や生活習慣の癖などによって坐骨神経が圧迫、刺激されて症状を起こすこともあります。また、過去にヘルニアなどになった人が、数年後に坐骨神経痛になるというケースも多く見受けられます。これは、ヘルニアになったことで腰などの筋肉の緊張がつよくなり、圧迫が引き起こっている為です。

坐骨神経痛になりやすい人

坐骨神経痛は、年配の方に多いイメージがありますが、実は若い世代にも良く見られる症状です。例えば、下記の職業の方はなりやすい傾向にあります。

・デスクワーク

座ったまま同じ姿勢で長時間仕事をするデスクワークの人は、同じ場所に力が集中するため、身体への負担は大きくかかります。また、デスクワークの時に、足を組んだり、肘をついたりなどの癖や、机と椅子の高さが合わないなどの作業環境の問題が影響することもあります。

・車の長距離運転

車の運転で、アクセルペダルやブレーキペダルを操作する際、お尻の左側に体重をかけ、左の腰で長時間身体を支えることが、身体の歪みをつくり、坐骨神経痛を起こします。また、ひじ掛けに乗せた状態の姿勢も身体の歪みをつくり痛みの原因となることもあります。そのほか、エンジンの振動が骨盤に影響して坐骨神経痛を起こすケースもあります。

・妊婦・子育て中

妊娠によりお腹が大きくなると、腰骨の彎曲が崩れて周辺神経を刺激し坐骨神経痛を起こすことがあります。また、産後は、長時間の無理な体勢や抱っこなどで腰に負担をかけます。

・介護の仕事

ベットサイドでの作業が多い介護の仕事は、中腰で身体をねじったり、大きく動かす動作や、一定の繰り返しの動作が腰に負担をかけます。また、腰痛によりコルセットをすることで、腰椎の可動域がなくなることも、坐骨神経痛を起こす原因につながります。紹介した仕事は一部です。他にも同じような動作を日々行う人は坐骨神経痛になりやすい傾向です。

坐骨神経痛を予防する正しい座り方

坐骨神経痛を予防するには、椅子の選び方や座り方を注意することが大切です。 

・椅子の選び方

①高さがあっているか(高すぎない・低すぎない)。②沈み込むソファーより硬めの椅子を選ぶ。

・悪化しないための座り方のポイント

①膝は90度で曲げる。②骨盤を立てる。③背もたれによりかからない。④足の裏は地面につける。

・運転中の姿勢

先程紹介した通り、車の運転中はペダル操作により姿勢が偏りやすい為、姿勢にも注意が必要です。椅子の位置や、背もたれの角度を見直し、両手でハンドルを持ちましょう。また、長距離運転の人も、1時間に1度を目安に休憩を心がけましょう。また、円座を使って、尾骨の部分の圧迫やエンジンの振動による骨盤への負担を減らすこともおすすめです。

坐骨神経痛の対処法

坐骨神経痛の対処法としては、出来るだけ坐骨神経に負担をかけないように意識することが重要です。例えば、①長時間同じ姿勢を取らない。②重い物を出来るだけ持たない。③腰回りの筋力をつける。④激しい運動を避けるなどです。また、温浴やホットパックを使って患部を温めるという点も症状の緩和に効果的です。ただし、疾患の原因には個人差があるため適切な対処法は異なります。そのため、痛みや違和感を感じたら、早めに専門機関へ相談して、適切な施術をすることが改善への近道ともいえます。坐骨神経痛の予防には、椅子選び方や座る姿勢などを意識することも大切です。痛みやしびれも辛いですが、場合によっては、歩行困難や座っていられなくなるなど日常生活に影響を及ぼす可能性もあります。当院では、少しでも早くお身体が楽になるようにお一人お一人にあったサポートをいたします。坐骨神経痛でお辛い方は、ぜひお気軽にご相談ください。

詳しく見る

2020年1月16日 坐骨神経痛になってしまう原因

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている「坐骨神経」が様々な原因によって圧迫・刺激されてあらわれる、痛みや痺れなどの症状の事を言います。

坐骨神経痛の多くが、腰痛に続いて発症し、次にお尻・太ももの後ろ・すね・足先などに痛みがあらわれる事が多いと言われています。

坐骨神経は、坐骨を通りお尻の筋肉である「梨状筋(りじょうきん)」を抜け足へと向かう末梢神経のひとつです。

末梢神経は脳と脊髄から中枢神経と身体の各部を結び、体を自由に動かしたり温度を感じたりする重要な伝導路となっています。

主に3つの神経から構成されており、運動神経・知覚神経・自律神経により成り立っています。

 

【坐骨神経痛とは】

・運動神経

脳から指令を送り、身体の各部位を動かす神経

・知覚神経

痛みや温度などの感覚を、皮膚・筋肉・関節を介して中枢に伝える神経

・自律神経

意志とは無関係に、内蔵・血管・腺などの機能を調整する神経

 

上記の3つの神経で末梢神経は構成されており、私たちの下肢が自由に動かせ、バランスよく歩けるのは末梢神経のひとつである「坐骨神経」がしっかり働いてくれているおかげなのです。

神経というと細く長いものをイメージする人が多いかと思いますが、坐骨神経は末梢神経の中でも一番太く、サイズはボールペンぐらいで長さも1mと最も長いものです。

この坐骨神経は「総腓骨神経(そうひこつしんけい)」と「脛腓骨神経(けいひこつしんけい)」に分かれており、腰椎から足の指まで伸びています。

その為、何らかの原因によってこの坐骨神経に問題が生じてしまうと、坐骨神経の通り道であるお尻から下肢にかけて痛みが引き起こされてしまいます。

 

【坐骨神経痛の症状】

坐骨神経痛の痛みは見た目では分からない為、自覚症状のある本人にしか分かりません。

人によってその痛みの表現も様々となっており、「ピリピリ」「ビリビリ」「チクチク」「ジンジン」とった痺れや、「ズキズキ」した痛みと表現される事が多いです。

坐骨神経痛の特徴として、痛みの現れる場所が坐骨神経が通っているお尻から下肢にかけて起こります。

片肢に症状が出る事が多いですが、中には両肢にあらわれる事もあります。

 

〈坐骨神経痛の主な症状〉

・お尻から下肢にかけて痛む

・長い時間立っている事が辛い

・腰を反らすと下肢に痛みや痺れを感じる事がある

・お尻の痛みが強く、座り続ける事が困難

・歩くと下肢に痛みが出る為歩けなくなるが、休むとまた歩く事が可能となる

・体をかがめると痛みが強くなる

 

上記のような症状が1つでも当てはまる場合は、坐骨神経痛の疑いがあるので注意が必要です。

 

【坐骨神経痛が起こる原因】

坐骨神経痛を引き起こしてしまう原因は様々ですが、主な理由として「腰椎疾患」があげられます。

・腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

腰部脊柱管狭窄症は50歳以上の中高年に多いと言われていますが、もともと脊柱管が狭い人は30~40代で症状が現れる可能性がある為注意が必要です。

加齢によって脊柱管が狭くなり腰部脊柱管狭窄症を発症し、神経根や馬尾を圧迫してしまい坐骨神経痛が引き起こされると考えられています。

痛みの特徴としては、体を後ろに反らせた際に脊柱管が更に狭くなり神経などを圧迫してしまう為、高いところのものをとる動作や腰をひねる動作・背筋を伸ばす動作をした際に痛みが出たり、痛みが強くなるケースが多く見られます。

逆に、前かがみになる事で脊柱管が広がるので、自転車の運転や靴下を履くなどの動作は比較的痛みを感じることなく行う事が出来ます。

 

・腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

腰椎椎間板ヘルニアの症状が発症する年代は20代が最も多いと言われており、続いて30~40代、次に10代の若い人に多いと言われています。

腰椎椎間板ヘルニアによって椎間板がつぶれて飛び出してしまい、腰椎の神経を圧迫してしまい坐骨神経痛が起こるとされています。

痛みの特徴としては、前かがみになると痛みを感じやすく、あぐらや横座り、中腰で行う動作・猫背の姿勢などの腰への負担が大きい動作は椎間板が飛び出しやすくなり強い痛みを感じやすくなります。

 

・筋肉の衰え

腰椎疾患だけでなく、筋肉の衰えも坐骨神経痛の原因となる事があります。

筋肉量は20代をピークに減少していきますが、中でも最も衰えが早いと言われているのが下肢の筋肉です。

下肢の筋肉は、上肢や体幹よりも早く大きく減少していくと言われており、坐骨神経の原因として、お尻の筋肉の衰えが原因になっていると考えられています。

お尻の筋肉は、坐骨神経を保護する、坐骨神経に栄養を供給する血管を守る、坐骨神経を冷えから守り血流を維持するといった役割を担っており、お尻の筋肉をつける事で坐骨神経痛をある改善する効果が期待出来ます。

 

【改善方法】

坐骨神経痛を改善するには、日常生活の中で意識的に神経を圧迫する姿勢を防ぐことが大切となります。

腰部脊柱狭窄症の人は、腰を反らせる動作に強い痛みを感じるため少し前かがみの姿勢を意識し、腰椎椎間板ヘルニアの人は前かがみの姿勢は椎間板に強い圧力がかかってしまう為、前かがみにならないような工夫が必要でしょう。

自分自身で生活スタイルを改善していく事が重要となりますが、痛みの軽減・改善には専門機関への相談が安心です。

 

やすだ接骨院では、十分なカウンセリングを行うため安心して施術を受けていただく事が出来ます。

些細な事でもかまいませんので、不安な点はなんでもご相談ください。

日々の生活をより快適に過ごしていただく事が出来るよう尽力します!

腰やお尻の痛みなどの坐骨神経痛でお悩みの方はこちらの詳細をご覧ください。

 

詳しく見る

2020年1月11日 交通事故後の痛み

事故は突然起こるものです。

事故直後は気が動転してしまう人がほとんどでしょう。

その為、突然の事故で気が動転しているときには痛みを感じなかったのに、帰宅して落ち着いてから痛みが出るという事が多くみられます。

交通事故などによって強い衝撃を受けると、人間はアドレナリンが多く分泌され興奮状態に陥る為、痛みを感じにくくなると言われています。

 

【交通事故後に多くみられる症状】

・むちうち

むちうちは診断名としては、頚椎捻挫や外傷性頚部症候群とよばれるものです。

背中や首が後から痛んでくるような場合は、むちうちの疑いがあります。

むちうち損傷とは、交通事故による衝撃で、首の部分の骨である頚椎(けいつい)がむちのようにしなる動きをすることによって、首の部分の筋肉・椎間板・血管・神経などに起こる損傷です。

基本的な症状は、首の痛みや肩こり・首の可動域制限・吐き気・めまいなどが多くみられます。

むちうちは人によっては、事故後1週間程たってから自覚症状があらわれるケースもある為、事後直後は痛みを感じなかったとしても安心はできません。

むちうちは交通事故直後に発症するのではなく、事故から数日~数週間後に発症するケースが多い為、事故が原因とは思わずに他の原因があると勘違いしてしまう事もあるので注意が必要です。

 

・椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、椎間板が元々あるべき脊椎間から飛び出し、それにより痛みなどの症状があらわれてしまうものです。

脊椎は首から腰にかけて存在しているため、その間であればどこでもヘルニアの症状が起こる可能性があると言われています。

また、加齢によって椎間板の柔軟性が失われてしまう為、自然にヘルニア状態になっていて普段は無症状だったものが、交通事故をきっかけに自覚症状が発生するといったケースもみられます。

一般的には、首の痛みや腰痛・下半身の痛みやしびれを伴う事が多く、「腰や足が激しく痛い」「電気が走るように腰や足が痺れる」といった症状がみられる場合、椎間板ヘルニアが疑われます。

椎間板ヘルニアでは、激しい痛みや腫れを伴い、日常生活に支障をきたしてしまうケースも多いため注意が必要です。

 

・頭痛

交通事故後に頭痛や吐き気・めまい・麻痺・しびれなどの症状が現れた場合は、脳内の異常が疑われるので注意が必要です。

脳内出血の場合、すぐに脳内で出血があったとしても、溜まった血液が脳を圧迫して症状が出るまで多少の時間がかかる事があります。

よって、後から上記のような症状が出た場合は専門機関を受診しましょう。

他にも、慢性硬膜下血腫などでも後から痛みが出てくるケースがあるので注意が必要です。

慢性硬膜下血腫は、頭の硬膜と脳の間のスペースである硬膜下に、時間をかけてじわじわと出血して血液が溜まってしまうものです。

脳内出血と同様に、後からふらつきや頭痛・意識障害などが現れます。

中には、頭を打ってから数か月遅れで症状が出現するケースもある為、ただの頭痛だからと放置しておくと取り返しのつかない事になってしまう恐れがあります。

事故後、しばらく経っていたとしても、おかしいと思う症状が出現した場合は専門機関を受診しましょう。

 

【後から痛みが出たらまずは病院へ】

交通事故後、しばらく経ってから痛みが出現した場合、まずは専門機関を受診すると安心です。

自宅で安静にしていれば治ると思い込んでしまうと、外見からは分からないケガをしていたり、症状が悪化してしまう可能性があります。

専門機関を受診し、医師による診察・レントゲンやMRIなどの検査を受けておきましょう。

その後、交通事故の痛みを解消する為に接骨院などを選択される方が多くみられます。

一般的に交通事故の場合は自賠責保険により治療費が出ることが多く、診断料などを負担することはないとされていますので、事前に確認しておくと安心です。

 

【まとめ】

交通事故直後はアドレナリンが多く分泌されるため、痛みを感じないという人が多くみられます。

気持ちが落ち着いたら痛みが出現したり、中には数日~数週間後に痛みが発症するケースがあるので、事故後は身体の異変に注意しましょう。

交通事故では、むちうち・椎間板ヘルニアを発症する事が多く、重症の場合は生活に支障をきたしてしまうケースもあるので注意が必要です。

交通事故後に痛みが出現した場合は、専門機関でレントゲンやMRIなどの検査を受けたのち、痛みを改善していくために接骨院などを利用すると安心です。

 

やすだ接骨院では、施術前にしっかりとカウンセリングをしてから、安心して施術を受けていただきます。

些細な事でも、心配な事があれば何でもご相談ください。

身体の痛みを改善し、不安を取り除き、より快適な生活を送る事が出来るよう尽力します。

交通事故後の症状でお悩みの方、身体の不調を改善したい方はこちらの詳細をご覧ください。

 

詳しく見る