ABOUT

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020年9月25日 産後の骨盤矯正で体型が元に戻る?ゆがみ放置でおこる6つのリスク

名古屋市北区、上飯田駅より

徒歩3分のやすだ鍼灸接骨院です。

今回は産後の骨盤矯正で体型が元に戻る?

ゆがみ放置でおこる6つのリスク

産後骨盤矯正 | 姿勢・産後骨盤矯正・パーソナルトレーニングなら、東 ...

妊娠中、増えてしまった体重が、

出産後にいつの間にか痩せて元通りになるのでは?

と言った甘い期待を抱いていたのに、

それとは逆に下半身にぜい肉が付き始めて痩せるどころか

太ってきたかな?というお悩みを抱えていませんか?

 

 

または、出産を経験した経産婦さんが感じる産後の体調不良ですが、

皆さんは今現在も、辛い痛みを抱えていませんか?

産後の体調不良の原因は? 改善方法について | 小規模認可保育園 ...

退院後の慣れない育児に戸惑い、寝むれない事も重なり、

初めての経験の連続に、心身ともに疲れてしまいますよね、

ついこの間までは、椅子に座ったり、ソファーで寛いだりと、

自分の思うまま過ごせた時間が、出産した途端に赤ちゃんに合わせる生活になり、

中腰の状態で行うおむつ替えや、沐浴など、赤ちゃんの寝かしつけ等、

腰に負担が掛かる出来事が連続して起こるので、

知らず知らずのうちに腰に負担が掛かってしまい、

骨盤が歪んでいってしまうのです。

 

 

「産後の骨盤矯正」って聞いたことはあるけれど、

必要な施術なの?実際はどんな事をするのだろうという疑問にお応えして、

いま現在も抱えられている体の不調やお悩みを緩和できるよう、

お話していきたいと思います。

産後骨盤矯正】は受ける必要ありません | 【産後骨盤矯正】 稲毛海岸 ...

 

産後のトラブルの原因は?

妊娠中に増えてしまった体重や、いつの間にかついてしまったぜい肉は、

産後に自然と元通りになるというように、都合よくいかないのが現実です。

 

その原因の一つに“黄体ホルモン(プロゲステン)”が関係しています、

妊娠すると黄体ホルモンの分泌量が自然と増加して、

出産までの期間は安全な妊娠状態を維持できるように、

脂肪をつきやすくさせたり、基礎体温をあげる、

子宮膜を維持させる、乳腺の発達を促すといった、

出産までを手助けしてくれるホルモンなのですが、

妊娠三ヶ月頃から、“リラキシン”という卵胞ホルモンの一種が分泌されます。

 

そのホルモンは、どんどん成長していく退治を骨盤内で育てるためや、

赤ちゃんが分別時に骨盤を通りやすくする為に、

骨盤に柔軟性をもたせるために働き、筋肉を緩め、骨盤を少しずつ開かせていくのです。

夏の快適マタニティライフ妊娠中だからこそ気をつけたい、熱中症予防の ...

昔は女性も農作業を手伝っていたり、家事も重労働であったので、

今より足腰が丈夫で、産後は“リラキシン”の分泌も減っていき、

通常であれば、自然に骨盤が閉じていったのですが、

今は多くの方がデスクワークをしていて、家電生活になり家事の負担も減ったので、

女性の足腰は昔より弱く、

妊娠前から骨盤の関節が緩みすぎている方がとても多くいて、

妊娠中に分泌されるホルモン作用でさらに骨盤が緩んだり開き過ぎてしまうのです。

 

その結果、出産後にホルモンが徐々に減って行ったとしても、

骨盤周りの筋肉が弱かったり、

開きすぎた状態から自然に妊娠前の骨盤に戻る事ができず、

骨盤が開いたままズレたり歪んだ状態で固まってしまい、

出産前の体型に戻らないということになり、

それが腰痛や、恥骨痛、股関節痛などの痛みが現れたり、

内蔵も下がりやすくなり

下腹がぽっこり出てしまうような体型につながってしまうのです。

 

産後いつくらいから、骨盤矯正をすべき?

産後すぐにという声もありますが、

産後の母体は出産から続く疲労の連続で、とても疲れていますし

想像以上に疲れが溜まってしまっているので、

まずは身体をゆっくり休める事が先決です。

 

当院では、普通分娩なら産後1ヶ月~、

帝王切開であれば産後2ヶ月~

はじめるようにしています。

 

産後半年から1年くらいはホルモンの影響で骨盤は緩んでいて動きやすいので、

産後直ぐに骨盤矯正を始めなくても大丈夫ですので、

無理をしないよう、施術士に相談しながら始めてみてください。

 

ただし、産後半年くらいまでは猶予がありますが、

それを過ぎると、骨盤の状態が正常でないまま固まってしまいます。

 

仮にその状態が定着してしまった結果、

骨盤が歪んだまま、内蔵が下がったままの状態になり、

生活していくなかで、体の動作がにぶくなり、

姿勢や歩き方も悪くなってしまい、体調不良を感じる様々な症状が現れるので、

産後骨盤矯正をすることは、女性にとって重要だといえます。

 

骨盤のゆがみから生じる症状は?

 

・腰痛、恥骨痛、関節痛

・出産前よりも体力が無くて、疲れやすい

・代謝が悪くなって、便秘になりやすくなった

・身体の冷えや、むくみを感じる

・お尻が垂れた、下腹がぽっこり出てしまい、スタイルが悪くなった

・体重が思ったように落ちない、痩せにくい

 

ここに書いただけでも、日常にいかに支障がでるかわかりますよね、

これらのトラブルは、

骨盤が歪んだまま固まってしまい元に戻らない場合に起こりうる症状ですが、

産後の骨盤矯正をすることによって、

骨盤が正しい位置に戻れば改善が期待できることなのです。

 

産後の骨盤矯正は、

妊娠前のスタイルをよくするチャンス?

 

骨盤矯正を受けない場合は、いったいどうなってしまうのだろう?

と不安に感じられてしまったかと思いますが、

産後は骨盤が緩んでいる状態なので、施術を受けることで、

妊娠前よりも歪みを整えやすくなり、

骨盤の位置を正しく戻す絶好のチャンスとも言えるのです!

 

産後にしっかりと骨盤矯正をして、

素敵なスタイルを手に入れてみませんか?

また、産後骨盤矯正で歪みを整えるだけでなく、

お腹・お尻といった下半身の筋力を強化し、

身体の大事な土台をしっかりと定着させ、

ゆがみが戻りにくい身体にしていく事が大切です。

 

産後のママ達には是非、産後骨盤矯正を受けて、

快適に過ごしていただきたいです!お気軽にご相談ください。

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、

筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

 

TOP page

詳しく見る

2020年3月21日 出産後の女性に多いトラブル「産後頻尿」

「トイレに行ったばかりなのに、もう尿意を感じる」

「トイレに行ってきても、まだ尿が残っている感じがする」

「赤ちゃんグッズの詰まった重いバッグを持ち上げた拍子に尿モレしてしまった」

出産後、こうした問題を誰にも相談できずに1人で悩んでいらっしゃる方が少なくありません。頻尿や尿漏れといった問題は、妊娠・出産後の女性に起きやすいトラブルの1つで恥ずかしい症状ではありません。「産後頻尿」についてご紹介しましょう。

 

【出産後に多い頻尿・尿モレの原因】

 

出産によって女性が負った体のダメージが産後の頻尿・尿モレの原因とされます。

ダメージが深刻であれば症状の改善にも時間がかかります。

 

✓骨盤底筋のゆるみ・筋力の衰え

骨盤の1番底から子宮・膀胱・直腸などを支えている筋肉はまとめて「骨盤底筋」と呼ばれています。骨盤底筋には、尿が出ないように尿道などを引き締める働きがあります。

妊娠した女性の体には出産時にお母さんのお腹から赤ちゃんがスムーズに出てこられるように産道周辺の関節や靭帯をゆるみやすくする女性ホルモン「リラキシン」が分泌されます。この「リラキシン」が骨盤底筋にも作用し、臓器と骨盤底筋を繋ぐ靭帯もゆるめてしまうことから、尿道を引き締める力が弱まって産後の頻尿や尿モレが引き起こされるのです。「リラキシン」の影響は産後半年ほどでなくなると言われますが、妊娠中に安静にし過ぎてしまった場合などは骨盤底筋の筋力そのものが弱くなって、産後の頻尿・尿モレが長く続いたというケースもあります。

 

✓出産による骨盤底筋のダメージ

出産間近になると、赤ちゃんや羊水などを含んだ子宮の重さは5kgを超えています。リラキシンの影響でゆるみやすくなっている骨盤底筋はこの重みを支え続けることで筋肉の繊維がさらに伸びやすくなり、出産直前にはお腹に力を入れただけでも尿モレが起きてしまうケースもあります。

出産直後は妊娠中に受けた骨盤底筋のダメージが回復しておらず、また分娩によってさらに骨盤底筋が伸びてしまうために尿道を引き締める力がさらに弱くなって頻尿や尿モレが引き起こされるケースが多くあります。3500g以上の大きな赤ちゃんの出産の場合や出産が長時間にわたった難産の場合、経産婦さんなどは骨盤底筋や靭帯が負う損傷が大きくなると言われています。

 

【産後頻尿の経過と受診の目安】

 

①トイレの回数が1日に8回以上 

②睡眠中にトイレに行きたくなって何度も目が覚める

の状態が「頻尿」の目安とされます。

水分を多くとってトイレに行く回数が増えることがあるでしょう。その場合はトイレに行くたびに通常と同じ排尿量がありますが、頻尿の状態では膀胱に正常時と同じ尿の量をためておくことができないため、尿意があっても排尿量が少なくなることが特徴的です。

 

産後の頻尿・尿モレは妊娠・出産の経過によって誰にでも起こることなので、それほど心配する必要はありません。体に負ったダメージと同じように筋肉や靭帯のダメージも次第に回復し、ほとんどの方は出産後3~4カ月で自然に治まってきます。

上記のような頻尿の状態にあってトイレに行ってもスッキリとしない、排尿するたびに痛みがあるとなどいう場合は、膀胱炎や子宮脱など「頻尿」に病気が隠れているケースもあるので、すぐに専門の医療機関を受診する必要があります。

 

【産後頻尿・尿モレの改善に向けて】

 

産後頻尿を長引かせないために体を十分に休めながら「骨盤底筋」の回復を心がけることが大切です。

 

・体を休める

立ったり座ったりという動作、荷物を持って動き回ることが続くと、出産で傷ついた骨盤底筋にさらなる負担がかかり、頻尿・尿モレをはじめ後々の様々なトラブルや体調不良の原因となります。産後1か月は家族に助けてもらいながらできるだけ横になり、十分に体を休めましょう。

 

・水分を十分に摂る

産後頻尿を悩んで水分をとらないようにする方もいますが、水分を我慢すると

①水分不足から母乳が出にくくなる

②水分不足で尿が作られず、尿によって排出される細菌が膀胱内に溜まり膀胱炎になる

③血液中の水分不足から脳梗塞などの可能性が高まる

④便秘が悪化し腸内に溜まった便が膀胱を圧迫・刺激して頻尿がより深刻になる

⑤体の水分不足から肌が荒れる

など、産後頻尿以上に恐ろしい症状が出る場合があります。赤ちゃんのためにも十分な水分をこまめにとることが重要です。

 

・日常生活の中で骨盤底筋を鍛える

出産時に筋肉や靭帯が傷を負った影響から、高齢になって筋肉が衰えてきた時に尿モレがひどくなるケースがあります。産後1か月を過ぎたら無理のない範囲で骨盤底筋を鍛えることは将来の自分のためにも大切です。「通勤途中や食器を洗いながらなど、肛門を意識して5秒間力強くギュッとすぼめ、10秒間力を抜いてゆるめるという動きを10回繰り返す」「歩くときは早歩きをする」など、日々の暮らしの中でも骨盤底筋を鍛える動きを意識しましょう。

詳しく見る