ABOUT

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2020年5月9日 腰痛の原因はストレスかも?心因性腰痛について

腰痛というと「ぎっくり腰」のように、腰に無理な負担が掛かかることで起こるイメージが強いですが、実はそれだけでなく、心の不調や神経の障害など、腰痛の原因は実は複数あります。今回は腰痛のさまざまな原因と、その中から「心因性腰痛」について紹介します。

 

腰痛の原因の種類

腰痛が起こる原因は、特定して一つだけが原因として挙げられることは少なく、複数の要因が重なって起こる場合の方が多いといわれています。

腰痛の原因は沢山あるのですが、大きく分けると4種類に分けることができます。

・骨や筋肉の障害

ぎっくり腰や椎間板ヘルニアなど、前かがみになるなど特定の動作をしたときに痛む症状

・神経の障害

坐骨神経痛など、皮膚の表面近くがピリピリ痛む症状

・ストレスやうつなどの精神的、心理的要因

心因性腰痛症など、ストレスが大きくなるほど痛みが増す慢性的な腰痛

・内科的疾患

胃潰瘍、肝硬変、子宮筋腫などさまざまな病気により起こる。安静していても痛む

 

腰痛の原因がストレス?

近年、ストレスと痛みの関連は注目されており、腰痛もその一つと言われています。レントゲンやMRI検査など医療機関で検査をしても異常が見られない、ストレスやうつなどの心理的要因が関連している腰痛を「心因性腰痛症」とよびます。つまり、身体の骨や筋肉が原因なのではなく、心の状態から痛みが出てしまっている腰痛のことです。腰痛全体の半数は、この心因性腰痛症と言われています。

 

なぜ精神的ストレスが腰痛の原因になるのか

痛みの信号というのは、神経から脳に伝達されます。人間の脳にはこの痛みをコントロールしようとするはたらきがあります。例えば大きな痛みはある程度抑えたり、些細な痛みは感じないようにブロックをしてくれます。

しかし、ストレスや精神的に不安な状態が長く続くと、この機能が上手くはたらかなくなってしまいます。痛みの信号が脳に伝わっても、神経のバランスを保つ脳内物質の分泌が低下してしまい、痛みを抑制する仕組みがはたらかなくなり、結果、普段感じないような刺激や些細な痛みでも強く感じたり、痛みが慢性化するようになるのです。

 

心因性腰痛症の特徴

腰痛の多くは、姿勢や体勢に依存した痛みが起こりますが、心因性腰痛症は、姿勢や体勢に関係なく痛みます。痛みの度合いや痛む箇所も変化する場合が多いです。

仕事によるストレス・人間関係や家族関係によるストレス等、様々な原因によりストレスが過剰に溜まっていると引き起こしやすいといわれています。

また、猫背や前かがみの姿勢・腰を反らした状態が続くと、腰への負担が掛かります。これにストレスや精神的不安が加わると、痛みを抑えるオピオイドなどの物質の分泌が低下し、腰痛の慢性化・再発しやすくなるなど悪循環にも繋がります。

痛みが一度緩和しても「また腰痛になるのではないか」という不安から腰を過剰にかばうことで腰痛が悪化する場合もあります。これは精神的ストレスだけでなく、腰をかばい過ぎることで身体を動かさなくなり、脊椎や筋肉の柔軟さが低下して腰痛が治りにくくなったり、再発の可能性が高まることもあります。

 

運動による対策

心因性腰痛症の悪循環を防ぐための対策におすすめは運動です。運動は腰痛の予防や再発防止にも有効と言われています。ストレッチやウォーキング、コアマッスル(深部の筋肉)を鍛える運動などがおすすめです。腰の可動範囲や安定性が高められ、腰痛の改善に効果が期待できます。痛みが激しい時は安静が必要ですが、身体を長期間動かさないままでは、筋肉の萎縮が起きて活動性が低下したり、精神的にも気分が落ち込んでしまいます。

以下に、自宅でできるコアマッスルを鍛えるトレーニング例を紹介します。

  • 両手両膝の間隔を肩幅程度に開いて四つんばいになる
  • 右腕を水平に前へ出して5秒間キープし、元の姿勢に戻す。
  • 左足を後ろに上げて、膝を水平に伸ばし5秒間キープし、元の姿勢に戻す

これを左右交互に行いましょう。1日3セット程度が目安です。慣れてきたら、右腕を前に上げて、左足を後ろに伸ばす姿勢を左右交互に行いましょう。ご自身の体調に合わせて、無理のない範囲で行ってください。

 

まとめ

異常が見つからない腰痛については、姿勢の悪さや筋力低下が原因とされていきましたが、実際は原因不明の腰痛が沢山あり、その痛みにはストレスなどの心の不調も深く関わっていることがあります。慢性的な精神的ストレスにより、痛みを抑える脳内物質の分泌が減少して痛みを強く感じてしまいます。またその痛みを我慢すると、さらにストレスが溜まり、痛みもストレスも慢性化するという悪循環にも繋がります。

当院では「お客様の生活の質を向上させる」ことを大切に、痛みや辛さの緩和に向け、様々な方法でアプローチ致します。腰痛が気になる方は、お気軽にご相談ください。

詳しく見る

2020年5月1日 気持ちよく目覚めるための「寝起き腰痛」の改善

「春眠暁を覚えず」と言われるほど気持ちよく眠れる春のはずが、腰の痛みで目が覚めてしまったなんてことはありませんか?目が覚めると同時に腰に痛みを感じて「イタタタタ」と腰をさする・痛みでベッドから起き上がれないなど、「寝起き腰痛」にお悩みの方が少なくありません。起床時の腰痛についてご紹介します。

 

【「寝起き腰痛」の原因とは?】

 

「寝起き腰痛」にはいくつかの原因が考えられます。

 

✓寝相

人は横になると、体重の40%の重さが腰にかかると言われています。体重50キロであれば腰に20キロものおもりを付けて寝ていることになるのです。この重さが腰の血管を圧迫し腰の血流が滞るために腰に発痛物質が発生して痛みが生じるようになります。横向きの姿勢では、体の右側面・左側面のどちらか一方がその体重を支えることになり、骨盤の歪みとなって腰痛を引き起こします。またうつ伏せに寝ていると腰が「反り腰」状態になり、背骨の周辺から腰のあたりにある脊椎神経など重要な神経を圧迫して腰痛が発生します。うつぶせ寝は一時的には楽に感じる姿勢ですが、特に注意が必要です。

 

✓寝具

「腰痛のない人は」一晩で15~20回の寝返りをするのに対して「腰痛のある人」は3~5回しかしないという調査があります。「寝返り」は睡眠中に同じ姿勢が長時間続くことを防ぎ、体の歪みを修正するため腰痛予防にとても重要です。体が沈み込むような柔らかい布団は寝返りしづらく腰に負担がかかります。同様に頭が沈むほど柔らかい枕は身動きがとりにくくなり、寝返りを妨げます。

✓睡眠時の冷え

睡眠中の朝4時から6時にかけては人間の体温が最も下がりやすくなる時間で、体温の低下に伴い血液や体液の循環も悪くなります。血行不良で手足が冷えると体の筋肉も硬くなり、起床時の腰痛を引き起こします。

 

内臓疲労

睡眠不足やストレスなどが重なると内臓にも疲労が蓄積されていきます。エネルギー代謝に関わる肝臓や腎臓などが疲れると、腰や背中などが反射的に硬くなる内臓神経反射が起き腰痛を引き起こすことがあります。暴飲暴食、脂っこい食事が続くと胃腸への負担が大きくなり内臓神経反射が起きて腰痛の原因となることもあります。

 

【「寝起き腰痛」で起き上がれない時の対処法】

 

健康な人でも寝起きの体は筋肉が硬くなっているため、体は動かしにくい状態にあります。
腰が痛い場合はいつも以上に時間をかけて、ゆっくり筋肉を目覚めさせることが必要です。

 

①ゆっくりと仰向けになる

②仰向けのまま、ゆっくり無理をしないように全身で大きく伸びをする

③寝たままの状態で足首をしっかり伸ばす。伸ばしたら手前に倒すようにしっかり曲げる

④膝を曲げて、曲げた膝を左右にゆっくり倒す

 

ゆっくりと体を目覚めさせ、腰の痛みが和らいできてから起き上がるようにしましょう。勢いをつけて起き上がると腰痛を悪化させてしまう恐れがあります。起床後も痛みがひどい場合は、専門機関への相談をおすすめします。

【「寝起き腰痛」予防のために】

 

寝起き腰痛を予防するために、就寝前の注意点がいくつかあります。日頃の腰痛ケアに加えて「寝起き腰痛」ケアを意識しましょう。

 

◎寝姿勢と寝具の改善

うつぶせで寝ている場合は、横向きもしくは仰向けにするだけで朝の腰痛が軽減されます。

寝方は人それぞれの癖ですが、横向きでは眠りにくいという場合は横向き用の枕を使用したり、曲げた両足の間にクッションを挟んだりすると体が安定し、余分な力が必要なくなって眠りにつきやすくなるとされます。寝返りを妨げないためには適度な硬さのある枕や布団を選ぶことも大切ですが、硬過ぎる布団では逆に腰が反った状態になります。自分の腰の状態にあった硬さを見つけるようにしましょう。

 

◎血行改善

体の冷えからくる寝起きの腰痛を防ぐためには、保温性・吸湿性が高く暖かいパジャマを選ぶ、寝室の温度を管理するなど、体を冷やさない工夫が必要です。寝る前に軽いストレッチで筋肉をほぐすと血流や体液の流れがよくなり冷え予防になるほか、筋肉の緊張がほぐれて血液中の疲労物質や痛みのもととなる発痛物質が流れやすくなり、腰痛の予防にもつながります。血行促進のために、時間のある時にはゆっくりと湯船に浸かることも腰痛予防に効果的です。

 

◎夕食の時間や夜食に注意

夕食や夜食など1日の最後にとる食事から睡眠までの時間が短いと、睡眠中に消化活動が行われることになって、胃や腸など内臓にかかる負担が大きくなります。消化にかかる負担が内臓神経反射を招いて背中や腰などがこわばり寝起きの腰痛を引き起こすことがあります。睡眠3時間前には全ての食事を終えておくことに加えて、脂っこいものや、甘いものの摂り過ぎにも配慮が必要です。

 

やすだ鍼灸接骨院では施術前にしっかりとカウンセリングを行ったうえで、「寝起き腰痛」の悩みを和らげる最適な施術を行っていきます。身体の不調を取り除き、毎日を快適に過ごす事が出来るようお手伝いさせていただきます。

詳しく見る