BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021/12/18産後に骨盤矯正を おこなうメリットとは?


名古屋市北区、
上飯田駅より徒歩3分の
やすだ鍼灸接骨院です。
今回のテーマは、
「産後に骨盤矯正を
おこなうメリットとは?」です。

妊娠・出産を経て、
ママの体は
大きなダメージを受けます。
そのため、産後は
身体的・精神的にも
不調が現れることが多く、
この時期にママの体を
しっかりケアすることが
重要となります。
産後うつのイラスト

産後のトラブルとして
多く見られるのが、
腰痛や尿漏れ・倦怠感・
体形が戻りにくい
という悩みですが、
このような悩みは
「骨盤矯正」により
改善が期待できます。
整体師・マッサージ師のイラスト(男性)

【産後の骨盤矯正がおススメな人】

・出産前の体型になかなか戻らない
・妊娠前に履いていたズボンが入らない
・産後に腰痛がひどくなった
・尿漏れや便秘が気になる
・骨盤が不安定な気がする
・恥骨周囲に痛みがある
・出産後の下半身太りが気になる
・妊娠中に増加した体重が戻らない

一つでも当てはまる
という方は、
産後骨盤矯正
不調をなくせるかもしれません。

産後は忙しい毎日ですが、
自分の理想の体型
充実した毎日を
過ごしていきたいですね。
赤ちゃんを抱っこしているお母さんのイラスト


産後の骨盤は
どんな状態?

妊娠をすると、子宮内で
赤ちゃんが成長するとともに
出産に向けて骨盤
少しずつ開いていきます。
これは赤ちゃんを
無事に出産することが
出来るように起こる自然現象で、
リラキシンというホルモンが
分泌されることで
骨盤が緩みやすくなります。


そして、
出産により開いた骨盤は、
インナーマッスルなどにより
徐々に元の位置に
戻ろうとしていきます。

しかし、
この期間に育児などで
骨盤に負担がかかってしまうと
骨盤にズレが生じてしまったり、
骨盤が妊娠前の状態に戻らない
という状況になってしまうことが
あるのです。
赤ちゃんとお母さんのイラスト


産後の骨盤矯正とは?

産後は、赤ちゃんを抱くなどの
育児が加わるため、
腰痛肩こりを引き起こしたり
骨盤が歪みやすい傾向にあります。
骨格のゆがみのイラスト

産後に骨盤が歪んだ状態
生活を続けてしまうと、
筋肉のバランスが崩れてしまい
身体のさまざまな不調
繋がってしまう可能性があるので
注意が必要です。注意マークのイラスト

また、骨盤の歪み
血行を悪くすると言われており、
自律神経ホルモンの乱れ
引き起こす恐れもあります。
冷えを感じる女性のイラスト

さらに、
内臓機能にも影響し、
産後に体型が戻りにくい
原因になるとされています。
お腹の脂肪を気にする人イラスト


このような不調を
改善する効果が
期待できるのが
「骨盤矯正」です。

骨盤矯正では、
妊娠・出産・育児などにより
歪んでしまった骨盤を整え、
徐々に閉じるように
調整していく施術です。
骨盤のイラストキラキラなイラスト


産後に骨盤矯正を
受けるメリットとは?

産後に関わらず、
日常生活の中で
悪い姿勢
運動不足などにより、
骨盤や体幹を引き締めるための
骨盤底筋群が緩んでいる人も
少なくありません。
骨盤底筋群のイラスト

骨盤底筋群が緩むことで
腰痛頻尿・むくみ・
痩せにくいなどの不調が
起こりやすいと言われています。
腰痛の女性のイラスト

産後の骨盤矯正
出産による
骨盤の歪みだけでなく、
これまでの歪みも矯正し
体質改善効果も期待できる
チャンスです。
元気な女性のイラスト


◇腰痛や肩こりの改善

骨盤が歪んでしまうと、
これまで上手に
分散されていた負荷が
バランスを崩してしまいます。
また、慣れない子育てや
赤ちゃんの抱っこなどにより
腰や肩へ負担が大きくかかり、
腰痛肩こりを引き起こしてしまう
ケースが多くが見られます。
肩こりの女性のイラスト

骨盤矯正をおこなうことで、
筋肉バランスをきちんと整え、
腰痛や肩への負荷の軽減が
期待できます。


◇尿漏れや便秘の改善

産後に起こるトラブルとして
多く見られる尿漏れは、
日常の小さな動作で
起こってしまうため、
多くのママが悩まされる症状です。
便秘のイラスト

このような症状は、
骨盤の底にある骨盤底筋が緩み
支えていた内臓が下がり、
内臓が膀胱や腸を
圧迫することで起こると
考えられています。
これにより、尿漏れ便秘
引き起こしやすくなると
言われています。


◇産後の体型戻し

産後に
骨盤が開いたままの状態の場合、
体重は減っていっても
下半身の体型が戻らないという人が
多くみられます。
スカートが入らない女性のイラスト

また、骨盤が開いている状態
体重が落ちにくいとも
言われているため、
産後の骨盤の状態は
体型戻しに大きく関係している
と言えます。

このような状態は、
骨盤がゆがむことで
内臓が圧迫されたり、
下垂状態になっていることが
原因と考えられており、
骨盤矯正をすることで
内臓を元の位置に戻し、
妊娠前の体型に戻しやすくなる
効果が期待できます。
体型の変化のイラスト「ビフォーアフター」


産後の骨盤矯正は
いつから始めれば良い?

産後の骨盤矯正を行うのに
良いとされている時期は
「産後2か月~6か月」の間です。
出産の際に
最大まで緩んだ骨盤は、
3~4か月をかけて
6か月くらいまでには
左右交互に少しずつ
元の状態に戻っていきます。

骨盤が
元の状態に戻るまでの期間は、
骨盤をつないでいる靭帯が緩いため、
骨盤はグラグラとした
状態となります。
不安定な骨盤のイラスト

この期間は
無理な運動は厳禁ですが、
骨盤が固まっていない時期
適切な方法
骨盤正しい位置
戻してあげることが
重要となります。
骨盤のイラスト接骨院のイラスト

「産後すぐに行った方が
効果的なのでは?」
と思うかもしれませんが、
産後1か月くらいのママの体は
傷つき疲弊しており
目には見えなくても身体の中は
大きく変化しています。
産後1か月
身体に普段をかけないように、
しっかり休養することも
大切なんですよ。
赤ちゃんと家族のイラスト

まとめ

いかがでしたか?
産後に骨盤矯正をおこなうことで、
産後のトラブルの防止や
体型を戻す効果が期待できます。
OKのサインのイラストキラキラなイラスト

産後の身体に不安がある方や
不調が見られる方、
産後の体型戻しに悩んでいる方は、
ぜひ当院にご相談ください。
産後のデリケートな身体に
負担をかけないように、
しっかりとケアしていきましょう!

カウンセリングの写真

やすだ鍼灸接骨院では
全身のバランス整体から、
筋肉・ツボ・皮膚に
直接アプローチできる美容鍼まで、
幅広い施術を行っております。
気になる方は、ぜひお問合せください。

⇧やすだ鍼灸接骨院のホームページはコチラから

インスタグラムでは健康や美容の情報を投稿しています。
リールでのストレッチもぜひ見ながら
やってみて下さい⇒ここをタップ

あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る