BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021/06/18美容鍼と化粧水の付け方を見直して、ふっくらもっちり肌を!


名古屋市北区、

上飯田駅より徒歩3分の

やすだ鍼灸接骨院です。

今回はのテーマは、

美容鍼と化粧水の付け方を見直して、

ふっくらもっちり肌を!」です。

 

「お肌がカサついている」

と感じ始めるこの季節、

化粧水の保湿成分は気にしていても、

化粧水の付け方を見直す機会は

なかなか無いのではありませんか?

化粧水をつけている人のイラスト


化粧水には、

肌を水分で満たすことで、キメ細かく

ふっくらと整える効果があります。

しっかりとつければ

肌は柔らかく、なめらかになりますが、

せっかく肌に良い成分が含まれた

化粧水を使っていても、

お肌へのつけ方を間違っていたら

十分な効果は現れないでしょう。


またリフトアップもしたいからと

力任せに肌をグイっと持ち上げたり、

コットンでトントン肌をたたいていたら、

化粧水が染み込む前に

肌を傷つけてしまいます。バツのイラスト

 

今回は、

正しい化粧水のつけ方を学び、

ふっくらもっちりしたお肌を

手にいれられるよう、お肌の調子を

アップしていきましょう!!

 

基本の化粧水の

付け方とは?

 

毎日のスキンケアにと、

なんとなくつけている化粧水ですが、

手でつけていますか?

コットンを使用していますか?

手で化粧水をつける人のイラスト


重要なのは、

ムラなくすみずみまで

染み込ませることです。


パシャパシャっと

何度か重ね付けしていても、

肝心な部分に塗れていなければ

意味がありません。

 細かな部分にもくまなく、

丁寧に押し込むように

つけることが大切なのです。

 

ですから、

実は手でもコットンでも、

化粧水の量をたっぷり使うなら

同じです!

ついつい化粧水が勿体無い

と思ってしまう方や、

コットンの摩擦が気になる場合には、

手でつけましょう。

 

実は化粧水の成分の大半は水ですので、

潤いを保つことだけを考えれば

絶対に使わないといけない

という物ではありません。

ただ、水分には

肌のくすみを抜く効果もありますので、

朝のスキンケアでは使うようにしましょう。


一度にたっぷりと浴びるようにつけても、

肌は水をはじきがちなので、

馴染みにくいのです。

少量ずつ丁寧に押し込むように

重ね付けしていきましょう。

 化粧水をつけている人のイラスト

勢いよくパッテングしてはいけません。バツのイラスト

トラブル肌は特にはだの内部に

微弱な炎症が起きていますから、

パンパンとパッティングすると

悪化に繋がります。

優しくつけましょう。

 

なるべく潤いを保てるよう

保湿成分が入ったものを選びましょう。

保湿成分が多いのではと思わせる

テクスチャーで、とろみのある化粧水を選び、

ほんの少量を肌につけただけで

十分潤っているなと感じている方も

多いかもしれませんが、

実は、肌に膜を張った状態になっていて、

肌の内部は水分不足を

起こしているという例もあります。

 乾燥肌のイラスト


しっかり浸透しているか?

をチェックしましょう。

膜を張ったように感じるならば、

その化粧水は避けましょう。

 

 

化粧水をつける

効果的なテクニックとは?

 

◎手でつける場合

化粧水を規定量とった手のイラスト

1、顔の広い部分から、

馴染ませるようにつけていきます。

 

手のひらに規定量を手にとって、

顔の広い部分、

両頬、

額においてから、

両手のひらでのばしていきましょう。


2、顔の内側から外側へ

向かって伸ばします。

 

口の横から耳へ、

目の下からこめかみへ、

額からこめかみへ

 

3、顔の中心線につける。

 

顔の広い部分へ化粧水はのばしますが、

細かい部分は忘れがちなので

気を付けましょう。

目頭、

目尻、

眉頭のくぼみ、

まぶた、

口元、

法令線、

小鼻の周り、

なども丁寧に作りましょう。

 

4、最後に手のひらで

押さえるようにつける。

 

手が乾いていたら化粧水を追加して、

肌のキメの奥に入れ込むようなイメージで、

手のひらで押し込むようにいましょう。


◎コットンを使ってつける場合

 パッティングのイラスト

基本のつけ方は、

手でつけるのと同じく、

顔の全体に広くつけてから

細かい部分をつけていきますが、

コットンにたっぷりの化粧水をつけて、

軽い力で滑らせるように使いましょう。

最後にタップして

押し込むようにつけて完了です。



してはいけない塗り方は、 

マッサージをするように

力をいれて塗ること、

 

とにかくタップリ塗れば良いからと

多量を何度も重ね付けしていること

 

早く効果が出るように

肌に合わなかったり、

肌が固くなっていると感じても

高価な化粧水をつけていることです。

 

これは化粧水で満たす以前に

肌への負担が大きくなるだけですから、

肌にあわせた化粧水を

優しくつけるようにしていきましょう。

 化粧水のイラスト


正しく化粧水を

つけた肌はどうなるか?

 

先程の方法で正しく化粧水をつけた肌は、

顔を触った際に、もっちりと柔らかくて

吸いつくようになって、

透明感のあるなめらかな肌になります。

肌がつるつるな女性のイラスト


そして、それは化粧ノリも良くなるため、

夕方になっても皮脂でくずれたり、

脂っこくなったりしにくいです。

 

 

夜におすすめの

コットンを使った簡単パック

 

化粧水をコットンへ

ひたひたになるように含ませて、

4枚に割いてください。

3枚は両頬と額に貼り、

残りの1枚を2枚に割いて鼻と顎に貼り、

3分ほど置いてパックをしましょう。

 コットンパックのイラスト


途中で乾く時には、

ミストを吹き掛けて化粧水を追加したり、

化粧水を湿らせた手で

上から押さえて足しましょう。

 

また、

両こめかみ、

鼻の下など、

自分の気になる部分があれば、

別のコットンをつかってパックしましょう。

 

もっちりとした柔らかい肌は

自信に繋がりますよね!

お肌の化粧水の仕方ひとつで

大きな違いをうむことを意識して、

是非お試しください。

 

美容鍼は、

ターンオーバーを促して、

肌の化粧水もしっかりと染み込むような

ベース作りを助けてくれます。

美容鍼の施術を受ける女性の写真

是非こちらもお試しを!

ご興味のある方はいらしてください。

お待ちしております!

 

やすだ鍼灸接骨院では

全身のバランス整体から、筋肉・ツボ・皮膚に

直接アプローチできる美容鍼まで、

幅広い施術を行っております。

気になる方は、ぜひお問合せください。

やすだ鍼灸接骨院 | 黒川・大曽根・矢田の鍼灸院 (shinq-compass.jp)

 

あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る