BLOG

ブログ

YASUDA SHINKYU
SEKKOTSUIN

2021/10/06美肌のためにも、 美容鍼をして ぐっすり寝ませんか?


名古屋市北区、
上飯田駅より徒歩3分の
やすだ鍼灸接骨院です。
今回のテーマは、
「美肌のためにも、
美容鍼をして
ぐっすり寝ませんか?」です。

毎日、ぐっすり寝ることが
できていますか?

時間に追われる生活の中、
ぐっすり寝れたと感じるよりも、
何だか毎日が寝不足だと
感じられている方が
大半ではないでしょうか?
眠そうな女性のイラスト

美肌は夜作られる
という言葉がある様に、
インナーケアのひとつとして、
たっぷりと寝ることが
美肌へ繋がるのです。
ベッドで寝ている女性のイラスト

人間は睡眠中に代謝を促したり、
心と体をリセットしますが、
その睡眠時間が短ければ
リセットするには不十分です。

では、
ぐっすり寝る為には
何をしたら良いのか?
また、寝ることで、
どのような美肌効果があるのか?
美容鍼を施術した肌はどうなるのか?
など、睡眠の効果について
ご紹介していきたいと思います。

今夜から始められそうな事から、
少しずつ試していきませんか?
是非、ご覧ください。


ぐっすり睡眠をとると、
どんな効果があるのか?

人間の体には
100種類以上のホルモンがありますが、
その中でも、
美肌に大きく関わる
ホルモンのひとつに
「成長ホルモン」があります。
成長ホルモンのイラスト

子供の成長に関わりがあるのでは?!
大人ではもう分泌されていないのでは?!
と思いがちな成長ホルモンですが、
疲労回復細胞の修復といった
働きを担っているのです。
元気な女性のイラスト

また、成長ホルモンは、
お肌の細胞分裂や再生を促す
作用もあります。
お肌がつるつるの女性のイラスト

そして眠りについてから
2~3時間のうちに
分泌されることからも、
睡眠は美肌を保つことに
とても重要だと言えます。

例えば、
30代の成人では
7時間の睡眠が必要とされていますが、
多忙な日々では、中々今以上に
睡眠時間を増やすのは
難しいかもしれません。
忙しい女性ビジネスマンのイラスト

睡眠の質をあげて、
美肌を目指すのもひとつの手です。


睡眠時間を取るため
“寝る前”にできることとは?

睡眠の質を上げるよう、
下記のポイントをチェックし、
睡眠環境を整えて行きましょう!

・夜の家事を減らす
夜にゆっくり過ごす人のイラスト

夜にする家事を減らすことで、
睡眠時間を伸ばせるかも知れません。

例えば
「洗濯物は朝洗う、
取り込んだら畳まずに掛ける」
「食洗機を活用する」
など、手間を減らし、
最低限の家事をして
負担を減らしましょう。

・その日のモヤモヤした事や
思いついたことをノートに書く
日記帳のイラスト

人は思案したり、
感情の浮き沈みがあったり、
現れては消える思いや、
モヤモヤした感情を
次の日に持ち越さないように、
セルフモニタリングノートを作り、
書いてみるのはいかがでしょうか?

思いを言語にして
記録する、書くことで、
脳も活性化されることや、
冷静に判断したり、
自分の感情を見極めたり、
適切な方法で
リセット出来る様になるでしょう。
頭をクリアにしてから寝ることで、
睡眠の質がアップします。

・就寝の3時間前からは、
カフェイン含有飲料を飲まない
水・ミネラルウォーターのペットボトルのイラスト牛乳のキャラクター(パック)

カフェインは、
入眠の妨げになるだけでなく、
睡眠を浅くしてしまう事があります。

なるべく控えて、
ノンカフェインの白湯や水、
ホットミルク、ハーブティーなどで、
体を温めたり、
アロマなど香りでリラックスすると
より良いでしょう。

ただし、眠りを誘うと思われがちな
アルコール飲料はですが、
睡眠中で覚醒しやすくなる事もあるので、
睡眠の質を上げることにはなりません。
ビール・お酒禁止マーク

タバコも同じく、
含有成分のニコチンにも
覚醒作用があります。
就寝前には喫煙しないようにしましょう。
いろいろな禁煙マークのイラスト(紙タバコ)

・就寝の2時間前には入浴をする
お風呂のイラスト

睡眠と体温は関係が深いのです。

体の深部体温(中心の温度)が
下がる際に、眠気が訪れます。
子供が眠くなった時に、
手足が温かくなるのは、
深部体温を下げようと
働いているからなのです。

就寝時にその状態に
持っていくためには、
38度~40度程度のお湯に
ゆっくりとつかり、
深部体温を上げましょう。
そうすると、
お風呂上がりのほてりが引いてきた
2時間後くらいに、
深部体温も下がりだすので、
入眠時刻に最適なタイミングが訪れます。

・ブルーライトを避ける
布団の中でスマホを使う人のイラスト(女性)バツのイラスト

寝る前のスマホは
厳禁だというのは知っていても、
寝る寸前まで見てしまっているのが
現実ではないでしょうか?

スマホから離れるのが難しいですよね。
ブルーライトの影響は実は大きく、
ブルーライトを見ると
脳が昼間だと勘違いしてしまいます。

勘違いした脳は、
睡眠を促すメラトニンの分泌を
抑制するので、
不眠になる可能性が高まります。

できるだけ就寝前には
スマホを見るのを我慢しましょう!

また、なるべく浴びないように、
ブルーライトカット効果のある
フィルムを貼ったり、
ナイトモードに切り替えるなど、
工夫しましょう。

・寝る時には、
ゆったりした服を選ぶ
 パジャマのイラスト(女の子用)

リラックスして寝れるように、
締め付けの無いパジャマなどを選び、
肌に一番触れる下着についても、
心地の良いものを選ぶように
してみてください。

・快適な環境にする
節電のイラスト「エアコンの温度調節」

当たり前に思うかも知れませんが、
自分に合った固さや高さの枕、
寝具を選び、
快適な温度や湿度に調整して、
寝るための環境を整える事は、
ぐっすり眠る為には
欠かせないことなのです。

照明や香りなど、
自分の好みに合わせて、
寝室の環境を整えましょう。
アロマテラピーのイラスト「癒される女性」


平日と休日の過ごし方のコツ

平日の朝は、
どう過ごされていますか?

例えば、平日の朝は
時間がタイトなので、
仕事や子供達を送り出すまでに、
ルーティーンを決めておくと、
頭をフル回転させなくとも、
淡々とこなす事で朝が整うでしょう。
シフトを決める店長のイラスト(女性)

夕方も同じです。
ある程度の生活の流れを決めて保ち、
ぐっすり寝ることを
習慣に出来ると良いでしょう。

また、生活のリズムを崩さない様に、
可能ならば休日も
同じ様な時間帯に起きれると良いです。

同じ時間に毎日起きる女性のイラスト

起きる楽しみを作るのもオススメです。
前日に気になっていたパン屋さんで、
朝食用のパンを購入するなど、
工夫すれば休日も早起きしようと
スイッチが入るかもしれません!
カフェのモーニングセットのイラスト

その後は、
時間に終われない休日だからこそ、
起きる時間だけ合わせたらOKにして、
気の向くままに息を抜いて
過ごすのも良いのではないでしょうか?

美容鍼など、
お肌のメンテナンスタイムに
充てるのもお勧めです。
美容鍼の施術を受ける女性の写真

自分に費やす美肌の時間は、
心も充実させてくれるはずですし、
何より美容鍼の施術は
一回でも受ければ、
直ぐに効果を実感できるという、
美肌効果に加え、
心も弾んで気分も上がるかもしれません!

血行を改善し、
顔色もアップしますから、
月曜からまた頑張ろうという
活力に繋げられるのではないでしょうか?


まとめ

ぐっすり眠れた朝は、
気持ち良く目覚め、
その日を元気にスタートできますから、
心にもゆとりが生まれ、
効率良く動けたり、
充実した一日を過ごせるでしょう。
朝カーテンを開ける女性のイラスト

日中に体をしっかり働かせると、
夜には程よい疲れが出て、
リラックスすることができ、
自然な入眠へ導かれ、
良質な睡眠をとることに繋がります。

美肌効果をより高めたい方、
睡眠ともに、美容鍼の施術を
スタートさせてみてはいかがですか?

やすだ鍼灸接骨院では
全身のバランス整体から、
筋肉・ツボ・皮膚に
直接アプローチできる美容鍼まで、
幅広い施術を行っております。
気になる方は、ぜひお問合せください。


あなたにおすすめの記事

記事一覧へ戻る